RSS | ATOM | SEARCH
2007/08/13,14 Summer Sonic at 幕張メッセ
 幕張メッセとマリンスタジアムなどを使っての複数ステージで繰り広げられる恒例の夏フェス。個人的には、ライブ集中期間だった4週間のラストとなるイベントです。

 特にどうしても見たいというものは無く、事前にこれ見るというのもほとんど決めもせず、行き当たりばったりで、行きました。
 見たのは、
 初日:BONDE DO ROLE→JIMISEN(最後2曲ほど)→ザ50回転ズ→DON JOHNSON BIG BAND→DINOSAUR Jr.(後半4曲ほど)→MODEST MOUSE→BLACK EYED PEAS
 二日目:TILLY AND THE WALL→MSTRKRFT→ENTER SHIKARI→HINDER(最初の1曲)→BRIGHT EYES→GRAPEVINE→今沢カゲロウ→KASABIAN(前半半分ほど)→PET SHOP BOYS
 
 と、GRAPEVINE以外は全て初めて見る(どころか名前すら知らなかったのも多々)アーチストばかり。全てのステージを回るべく動いてみました。とにかく良かったのは、MODEST MOUSE。主な担当がギター×2、ベース、キーボード、ドラム、パーカッションの6人組。ギターが歌うボーカルは、のどから息を思いっきり吐き出すような独特の歌い方。曲により、トランペットを用いたり、ツインドラムになったり、トリプルギターになったり(それぞれ違うリフを重ねていて、かつ厚みがあって良い)と、いろいろやりましたが、どの曲もおもしろかったですね。進むに連れてどんどん引き込まれました。
 
 今回から出来た新しいエリアのSeaside Villageが雰囲気良かったですね。起伏のゆるやかな丘にテントが張られていて(自由に入って休んで良いスペースもあり)、その下に小さなステージ(River Side Gardenがこちらに移動してきた)がある、「ミニチュア朝霧JAM」という感じ。ステージの奥の景色は東京湾が見えるという、幕張にこんなスペースあったんだな、千葉出身ながら知らんかったと思わされました。自分がここに寄ったのは、2日目最後の出演になる今沢カゲロウだったのですが、その前から来ていたら、お気に入りのスペースとして入り浸っていたかもしれません。その今沢カゲロウは、ベース奏者なのですが、一人のみでの演奏です。いろんな音(ギターのみならずフルートっぽい音も出したりしてた気がします)をベースから出して、それを次々にサンプリングして音を重ねる手法で聞かせます。ものすごいテクニックで引き倒したかと思えば、有名な曲のフレーズ(かえるのうたとキングクリムゾンの曲を交えたり、クイーンなど有名曲のメドレーなど)を織り交ぜるなど、さらに合間に「昆虫漫談」と称したマニアックな昆虫話をしたりと、楽しませます。ちょっとだけ覗くつもりが、最後まで居てしまいました。人数が少ない中でまったり見れてそれはそれで良かったのですが、フジロックでの苗場食堂やアバロンあたりでやったら、かなりの人が集まって大うけしてたのではないでしょうか。年間200本近くライブをやられているそうで、また見る機会があるかもしれません。
 
 と、ここに書いたアーチスト以外にも会場では、お笑いやパフォーマンスをやられている方もいて(お笑いステージの司会をしていた堂真理子がかわいかった)、ミュージシャンを含めて、芸を持つ方はいいな、すごいなーと、無芸な自分は改めて思わされた二日間でした。
author:de nudge, category:festival(Summer Sonic), 00:00
comments(0), -