RSS | ATOM | SEARCH
2017/11/25 sora tob sakana at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 横浜にあるホログラフィックと呼ばれる映像設備がある劇場でのライブ。そこでお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの公演を見ました。昼過ぎから1時間30分ほどの公演でした。6月にも同所でsora tob sakanaの公演見ていますが、その時よりもありとあらゆる面でパワーアップした感ある素晴らしいライブでした。チケットも売り切れで会場満タン。前回の公演の評判が良かったからでしょうか。基本、東京でしかライブしていない彼女達が、今月は名古屋と大阪、横浜を回る出張定期公演を行っていてこの日はその最終公演という位置づけだそう。
 
 いつものインスト曲「海に纏わる言葉」をバックにメンバーが登場、、しないであれ?ってなります。次の初めて聞くインスト曲でメンバー登場。後のMCで解説があり、新しいSEに替えていくとのこと。スクリーンには巨大なくじらなど海にいるような映像が流れます。ステージの前方にも映像が流れ、メンバーの前後をはさむように立体的に見えるのが、この会場ならでは。最初が「クラウチングスタート」で早くもウルウルと。前回は一番前の席で見て、今回は真ん中辺りから。映像とそこにいるメンバー全体を楽しむなら、ある程度距離ある視点からの方が良いなと思いました。ステージ脇までスクリーンがあるので、そこも含めて楽しめます。
 
 前回は2,3つほど映像無しの曲がありましたが、今回は全曲映像付き。これまでの使ってきた映像以外のものも使われてきて、かなり準備されたもののように感じました。「Moon Swimming Weekender」は、7月のWWW Xで行われた3周年記念ライブの追加公演のラストにやった時の突き抜けた感覚を味わって、そこからお気に入りの曲となりました。ここでのパフォーマンスと映像もぐっときます。和紙の模様みたいな点と線がメンバーの前方の映像に流れ、踊る姿とシンクロしていきます。未音源曲の「秘密」は、跳ねるようなステップをここかしこに盛り込んだダンスが楽しい曲で、ポップ性あるメロディとの相性も良い感じ。2コーラス目のサビでは山崎愛の長めのソロボーカルがあるのですが、ここすごく良かったです。
 
 「tokyo sinewane」はうす暗い中、白い星のような点、線と文字が浮かび上がってくる映像がお馴染みですが、前方に出てくる映像とメンバーの動きとのシンクロ具合が一番すごかったです。山崎が右手を挙げた瞬間に白い点がポンと出てきて、まるで山崎の手から出ているような感じでしたし、両サイドに位置してソロを歌う風間玲マライカと神風花に白い縦線が筒状で囲ったりと。「帰り道のワンダー」はポップなイラストがそこかしこに散らばります。大半はいつだったかの定期公演で使っていた、メンバー自身が書いたイラストで組み立てていたでしょうか。
 
 エレクトロニカなアレンジのミドルテンポのポップ曲「魔法の言葉」を聞くのひさびさ。ユニゾン無しにソロボーカルをつなぐことによって構成する曲で、こういった聞かせ方をするのもsora tob sakanaの魅力の一面。2コーラス目最初の方の「髪を撫でていくと季節が変わった」と「通り過ぎてく毎日で」のパートを寺口夏花が連続で歌っている部分が好きで、通常は歌パート分けそうなのに、寺口に続けて歌わせているのが良い感じ。また、ラストサビ部分でセカンドラインなリズム(ではないのかな?2拍と3拍が連続するやつ)が入り、そこをお客さんが手拍子していくのも楽しい。
 
 4人の声は本当に良く、ユニゾンやソロを繋げていくことでノスタルジーありまくりな音空間で満たされていくのがたまりません。「夜間飛行」の長いインスト部分手前で、風間と神が高め、追いかけるように山崎と寺口が低音で、一言ずつソロを歌う部分があるのですが、そこの連続部分も4人の声質が存分に生かされているなーと。ラストの「ribbon」はサビ部分で4人のユニゾンが情緒極まる聞こえ方をさせて、映像とも相まってポロポロと涙が。。歌聞くだけで泣くってのも年食ったなーと。MCで覚えていることを続きで。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(Others), 08:50
comments(0), -
2017/11/23 UBC-jam vol.31.5〜auditorium ver.〜 at 早稲田大学大隈記念講堂

 早稲田大学の音楽サークル主催イベント。7年ぶり3回目に参加します。以前は大学祭の一環で早稲田大学記念公堂というスタンディングの場所で行われていたのが、今回は大学祭時期でなく椅子席の大隈記念講堂で行われるようです。由緒ある建物で中に一般人が入れるのは貴重(でもないのかな?)なのではないでしょうか。毎度そうなのですが豪華なアーチストが無料でライブ見れるという、太っ腹なイベントです。スポンサー(Maxellなど)付けてやっているのですが、そういったノウハウもサークル内で受け継がれているよう。出演はPredawn、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、カーネーションの3組。感想を。
 
 
 Predawn
 今年見る機会が多い女性シンガソングライターのPredawn。アコースティックギターを手に30分ほどの弾き語り。UKロックな肌触りある「Universal Mind」から日本語詞の「霞草」につなぐ珍しいかな、という流れでスタート。いつものたどたどしい口調で大学に関する思い出話をはさみつつ歌います。東京のはずれに住んでいた高校時代に早稲田大に行きたがっていたクラスメート多かった。自分は北の方に行きたくて長野の信州大学に進学した。寮生活で冬がありえなく寒かった。ヒーターの使用が1日3時間までという謎ルールがあって厳しかった、など。その話の後、そんな学生時代に作ったという曲を歌います。「木漏れ日…」で始まる歌詞から「空高く…」という歌詞が入る、最近ライブでよく聞く曲は新曲なのかな、と思って聞いていたのですが、ずっと前からある曲なんですね。歴史ある建物で演奏できるのは光栄、楽屋もすごくて天井が高い、バイオハザードのダンジョンにいるみたいで、楽屋にある机などの引き出しなどを開けたくなったと。お馴染み「Suddenly」から秋にふさわしい「Autumn Moon」で締めでした。
 
 
 向井秀徳アコースティック&エレクトリック
 Zazen Boysのボーカルソロユニット。Zazen Boysはちょくちょく見ていますが、こちらのソロは12年ぶり。まだ無戒秀徳と名乗っていた頃に見て以来です。今回はエレクトリックギターのみ使った40分ほどの弾き語り。1曲目はギターの音をサンプリング、ループさせて音を重ねる中歌います。音の構築感がかっこよく、リズムのこだわりを見せる向井らしい弾き語りだなーと。2曲目以降はほとんどサンプリング、ループは使っていなかったでしょうか。Zazen Boysの曲のみならず、Number Girl時代の曲も披露します。久々に聞くので熱くなっちゃいました。「鉄風鋭くなって」「Zegen Vs Undercover」「TATTOOあり」と。怪しげなギターフレーズで音を構築して、オリジナルとは少々歌い方変えていますが、当時の思い出がありありと。久々にNumber Girlの音源引っ張り出して聞こうかなと思わされました。
 
 弾き語りで聞くと改めて感じるのが、向井の声はいろんなモードで聞かせていてそれぞれが魅力的だなと。がなったりソウルフルに歌ったり良い声聞かせます。意外なカバーまであり、童謡の「赤とんぼ」を。最初に「赤とんぼ」のメロディをアルペジオなギターソロで弾き倒してから歌に入っていきます。向井のお父さんは早稲田大学出身ということを話してから、Zazen Boysの「はあとぶれいく」を歌って終了でした。
 
 
 カーネーション
 トリは唯一のバンドセットで2年ぶり2回目に見るカーネーション。ボーカル/ギター、ベースの男性2組で、この日はサポートにギター、ドラム、キーボードが入る5人編成。アンコール含め50分ほどのライブ。この会場に合った大人な風情のロックバンドで、カッティングギターやハモンドっぽい響きをさせるロングトーンのキーボードなどを効果的に組み込んだアレンジの中、渋い声で歌います。大人の艶、色気ある世界といいたくなる楽曲で、本編ラスト2曲ではインストもたっぷり聞かせ、そこの吹っ切れたロックモードもいい感じ。記憶と辿ると、早稲田大学でライブやるのは30年ぶりとか。その時はピチカート・ファイヴとGRANDFATHERS(ベースの大田譲が在籍していた)と一緒にやった、と。そういえばYo La Tengoが初めて来日公演やったのもこの時だったはず、と。
 
 

author:de nudge, category:live(Othersホール), 08:32
comments(0), -
2017/11/20 Juice=Juice at 日本武道館

 お馴染みハロープロジェクト所属の7人組アイドルグループJuice=Juiceのライブ。1年ぶりの武道館です。会場は大勢のお客で埋まっていて始まる前からワクワク感あります。東スタンドという、センターステージを真横に見る2階の後方席からコンサートを見ました。
 
 オープニングアクトとしてつばきファクトリーが登場してワンハーフで「就活センセーション」「初恋サンライズ」の2曲を歌います。「就活センセーション」は就職活動を歌ったユニークな曲でサビで45度の角度でおじぎする振り付けがおもしろい。お客さんも含めてやっている絵が上方から見ていてシュールでした。
 
 そして「ジュース」コールが飛び交う中Juice=Juiceのライブ開始。会場が暗くなってメンバーがメインステージに現れるかと思いきや、センターステージに登場します。そこで「Wonderful World」の英語バージョンを歌います。このスタートは意外でした。去年武道館でやった時はラストにやった曲。その時と同じくセンターステージでのパフォーマンスで、衣装まで同じ。去年からの続きを演出しているのが心憎い。ここから繰り広げられたアンコールまで怒涛の2時間半のライブは、感激要素多々ある素晴らしい時間でした。続きで感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(日本武道館), 07:47
comments(0), -
2017/11/19 横浜FC at ジェフユナイテッド千葉

【結果】
 1-2でジェフ千葉の勝ちでした。
 
【感想】
 2日連続のJリーグの試合。この日はJ2リーグ最終戦。ジェフユナイテッド千葉の本拠地、フクダ電子アリーナでのJ2リーグの試合です。応援している千葉はこの試合前で8位。J1昇格へのプレイオフ参戦には6位以内に入る必要があります。千葉は以下のどちらかの条件で6位に食い込めるチャンスがありました。
 
 ・この試合に勝つ AND 7位の松本が引き分け以下 AND 5位の徳島と6位の東京Vの試合で勝敗が着く
 ・この試合に3点差以上で勝つ AND 7位の松本が引き分け以下 AND 5位の徳島と6位の東京Vの試合で東京Vが負ける
 
 という厳しい条件。ただ千葉は9月まではプレイオフ出場が絶望的な状況だったのに、10月入ってから怒涛の6連勝でイケイケの状態。奇跡が起こる期待を抱かせていて、自分も現地で見なくてはとチケット取りました。同様の人がたくさんいたようで、チケット売り切れで会場満杯な中、試合始まります。席はメインスタンドのアウェー側寄り。日産スタジアムより客席とフィールドの距離が近いので、迫力を存分に感じれます。感想を続きで。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:Jリーグ, 00:44
comments(0), -
2017/11/18 セレッソ大阪 at 横浜F・マリノス

【結果】
 4-1でセレッソ大阪の勝ちでした。
 
【感想】
 この週末はJリーグ観戦ウィーク。この日はJ1の試合。日産スタジアムです。チケットぴあでよくコンサートチケット買っているとポイントが溜まって、コンサートや美術館鑑賞などの特典に使えるのですが、見たいもの無かったりタイミング合わなかったりでほとんど無駄にしてきました。この試合が抽選で出ていたので申し込んで当選。記者席から見る新鮮な体験でした。小雨が降っている中の昼間の試合。
 
 セレッソはダブルボランチを置く4-4-2。センターバックにいる木本と、途中出場したMF秋山は去年見たJ3の試合(セレッソ大阪U-23)に出ていた選手。特にその試合での木本の動きは印象に残っているので、J1レギュラー張っているのを見るの感慨深いです。中盤から前線にかけて有名選手が並ぶスター軍団ってな印象。
 
 横浜F・マリノスは同じくダブルボランチ置く4-5-1。ボランチの一人は以前セレッソに所属していた扇原。2人の攻撃MFがワイドに大きく張るのが特色のチームで、硬い守備とサイド攻撃が売りなのですが、この日はその2つの売りが崩壊していく様を見ました。
 
 前半はマリノスの意図通りに進みます。細かいパスをつなごうとするセレッソの攻撃を分断。1対1で圧倒してボール奪いまくり。特にDF中澤はものすごく、強さだけでなくボールがどこに来るかの予測能力がすごい。ボール奪ったら、両サイドに広がるバブンスキーと遠藤につなげて、サイド奥深く攻めてのセンタリング、中央に戻してのミドルで攻め立てます。10分過ぎにサイドバックとの連携からバブンスキーがボール持って中央に切れ込みミドルシュートを斜め45度の角度からたたき込んで先制します。
 
 セレッソはテクニシャン揃うMFとFW陣のかみ合わせが悪く、前までボールを運べません。ボランチのソウザがやたらめったら動きまくりで目立つのと、サイドに流れてボールをもらうFW杉本の動きが印象に残るくらい。MF清武とFW柿谷がぶつかったりして、連携不足を感じました。ただ徐々に慣れてきたのか、細かいパスがつながるようになってシュートまで持っていけるようになります。ただマリノスGK飯倉のポジショニングと反応が良くゴールを奪えません。
 
 前半の途中からセレッソペースになりますが、その状態であればきっちり守り切れるマリノスが0-1で勝ってしまいそうな雰囲気がありました。しかし後半はセレッソがもう一歩別の仕掛けをしてきます。サイド攻撃得意とするマリノスに対して一切縦の突破を許さないようにしてきました。
 
 サイドバックはとにかく縦の突破をされないように攻撃MFに張り付き、清武と水沼の攻撃MFもサイド攻撃ケアに専念。中央への展開はボランチとFW陣でケア。特にFW柿谷は猛然とした勢いで自陣に戻ってボール奪いとるなんて場面をいくつか見せていました。これでマリノスの攻撃が全く機能しなくなり、リズムが狂いだします。防戦一方になるマリノスが徐々に耐え切れなくなって、点を許します。清武のミドルで同点、清武のバックヒールのワンタッチパスを受けた水沼がボール流し込んで逆転すると、もうマリノスはなすすべない状態で、絶対的な強さを持つはずのセットプレー(コーナーキック)からも2点を許してしまう、という。
 
 マリノスはレギュラー陣が何人かけがのようで、シーズン終了するけが負って出れない攻撃MF斉藤が不在、FWヴィエイラ、MFマルティノスは途中交代で出たものの、先発でなかったのはけがのせいでしょうか。そしてセンターバックのデゲネクも控えでした。その替わり先発だったDF栗原はずるずるとラインを下げることが多く、選手間の距離を広げてしまっていたように思います。4点目許した際の守備では、目の前にボールがこぼれていたのに栗原が反応遅れて、セレッソDFヨニッチにシュートを許していました。マリノス監督モンバエルツは今シーズンで退任されるそうで残念。彼のサッカー結構好きでおもしろかったのになーと。
 
 セレッソ監督である尹のサッカーはあまり見たことなかったのですが(サガン鳥栖を率いていた頃は覚えてます)、スター軍団にきちんと守備させることを指導できているようで、全員の守備意識が非常に高かったです。攻撃はせまいエリアに選手を集めて細かいパスをワンツーでつないで攻め立てる場面多かったような印象ですが、それは意図しているのか選手まかせでやっているのかは不明。不安定さ感じるものの個々のスキルが高いので、はまった時の爆発力がすごそうと思いました。

 

 

author:de nudge, category:Jリーグ, 08:17
comments(0), -