RSS | ATOM | SEARCH
2018/06/23 奥田民生 at 長野市芸術館

 この週末は2日間連続で長野でのコンサート。まずはフェスではお馴染み奥田民生のコンサートです。2016年のあらばきロックフェスで見た奥田民生のライブがめちゃくちゃかっこよく、これはフェスだけでなくて単独でも見てみたいなーとこの時から思っていました。チケット近場で取れなくて長野でようやく抽選に当たったので旅行がてら行くことに。
 
 早めに出発して昼前に長野に到着。ローカル線に乗って小布施という小さな街に出向きます。日帰り温泉をネットで探してここに手頃なところがあって向かったのですが、街自体がとても興味深かったです。古い民家風の家が並んでますが、オシャレ、キレイ、そしてどの店も老舗感抑えめにして入りやすい空間になっていて、歩くだけで楽しいです。銀行や交番までその質感の建物になっています。温泉どっぷり浸かった後、お店並んでいる空間歩きましたが、結構な賑わい、でもゴミゴミまではしていなくて雨降ってましたが、楽しい。名産のそばや栗(のアイス)など食した他、お土産も買ったりと散財しちゃいました。
 
 長野に戻って宿にチェックインした後、市役所の隣にあるキレイなホールに向かいます。1300人ほど入るホール。長野駅周辺は他にもメルパルクホール(700人ほど)、ホクト文化ホール(2200人ほど)、長野ビッグハットアリーナ(8000人ほど)とコンサート会場が充実してますね。長野市芸術館の2階最後列から見ました。2階は半円状態でステージを見下ろすような席になっています。2階席は男女半々といったところ、1階の前方は女性多めだったでしょうか。(自分含めて)それなりの年齢の方がほとんどでお子さん連れも多かったです。子供が「たみおー」と歓声挙げてましたが、「言わされている感ありますね。」と受けた奥田のMC笑いました。
 
 ソロ名義ですが、バンドメンバーはここ数年固定メンバーで奥田民生というバンド名と言っても良いくらいの感あります。ギター/ボーカルを務める奥田に、ベース(小原礼)、ドラム(湊雅史)、キーボード(斎藤有太)という4人編成。去年出したアルバム「サボテンミュージアム」リリース受けてのツアーということで、そこからの曲中心でした。過去音源ほどそれほど持っていないのですが、このアルバムは事前に聞いてからの参加。ステージセットはお家風でバックにレンガと木の床の図柄の壁がデンとあり、楽器の下には絨毯。ステージ前方中央にはソファとローテーブルが置かれています。そしてあちこちにサボテンが置かれています。メンバーは脇からの登場、、ではなく壁に描かれたドアを開けての入場でした。
 
 アルバム最初の曲でメンバーのアルファベットをつなげたタイトルの「MTRY」からスタート。シンプルなロックンロールナンバーから、ヒット曲「イージュー★ライダー」へつなげます。1番は奥田ほとんど歌わずにお客に歌わせます。大合唱。自分も若干歌詞あやふやながら歌っちゃいました。メロディが気持ち良い曲。ここでピークとなったので「ありがとうございました。」と本編終了みたいな挨拶をしたらすかさずお客から「アンコール」の声が。このツアーお馴染みのやりとりのようで、「ではここから長めのアンコールを」と続きます。
 
 次の「フリー」という曲は初めて聞く曲ですが、奥田の歪んだギターリフがなんともかっこよい曲。アルバム「サボテンミュージアム」は11曲38分と短い曲で構成されていますが、それらをライブではインスト部分長めにしたアレンジで多くの曲を聞かせていました。この4人が出す演奏がめちゃかっこよく、インストだけでも延々と聞いていられるなーと思ったり。特に湊の強さと溜めが絶妙といいたくなるドラムが耳を惹かれまくります。湊は口に白い棒みたいなのを加えている場面があったように見えたのですが、あれなんだったんでしょう。遠目には分からず。
 
 しわがれ声で歌う「サケとブルース」はブルース的なリズムを他メンバーが取る中、ドラムがそこからはずれたリズムを随所に入れてくるのがおもしろかったです。壁に時々歌詞に合わせたイラストや照明なんかを当ててくるのですが、一番おもしろかったのが、白ヤギと黒ヤギという単語を随所に入れた歌詞の「白から黒」。影絵で歌詞をなぞるような絵を映し出していました。
 
 全般にMC少なめですが、後半はほぼ曲の合間入れることなくふっとばします。小原が「おくだーたみおー」と煽る中、高らかにソロのギターリフをたっぷりと聞かせた後に曲に入った「俺のギター」はシンプルな歌詞、ロッケンロールですが、なんともかっこよい。開放感あるギターリフとキーボードに、グルーヴたっぷりなリズムがガッツリ噛み合う「最強のこれから」は奥田の歌含めて聞き惚れました。今回一番ぐっと来た曲です。奥田の歌声はぐっと来る瞬間多々あり、「おー」と雄叫び上げる都度お客からの歓声浴びてました。
 
 アンコールは奥田はステージ前方のソファに座ってメンバー紹介します。奥田の紹介を小原がした後、斎藤は奥田のモジャモジャヘアを見て「松鶴家千年みたい。」と評します。「アンドレ・カンドレとも言う」と奥田が受けます(アンドレ・カンドレは井上陽水のデビュー当時の名)。あともう一組挙げてましたが失念。「先輩に怒られるのでこの辺で」と曲に入ってました。アンコールの曲はキーボードソロを爆発させていて、その中でギター、ベースの2人がソファに座って演奏するってなこともやってました。
 
 「解体ショー」で大団円を迎えて終了。Louis Armstrongの「What a Wonderful World」が会場に流れる中、お客さんの拍手喝采をたっぷりと浴びてメンバー退場。奥田は充実感ありまくりの表情をして長めのお辞儀をした後、去っていきました。メンバーひょうひょうとしている風ながら、演奏はメチャクチャタイトで、かっこよさに打たれた2時間でした。

 

 会場のロビーはグッズ売り場の他に、奥田民生の実物大人形があって、お客は並んでツーショットを取っていました。そういった仕掛けはPerfumeでも見た(Perfumeは衣装の展示)ことありますが、楽しい仕掛けですね。またソロと並行してやっているユニコーンのポスターも飾られてそちらの活動のアナウンスもロビーの係の人が行っていました。ソロ、ユニコーンの他にいろんなバンドのゲストもかなりの頻度でしていたりと、相当な働き者ですよねー。

 

author:de nudge, category:live(Othersホール), 23:16
comments(0), -
2018/06/19 モーニング娘。'18 at 日本武道館

 モーニング娘。'18の春ツアーファイナルで2日間連続、武道館でのコンサートです。1日目の方に参加しました。ハロープロジェクトでの武道館コンサートはこれまでJuice=Juiceしか行ったこと無かったのですが、今回初めて別グループに行ってみました。2日目のコンサートで卒業する尾形春水を見る最後のコンサートとなりました。ツアーは1ヶ月ほど間が空いていますが、その間尾形はシングルリリースイベントなどで全国駆け巡り、他メンバーは舞台をやっていて、2日前に終わったばかり。合間無くこの大舞台でのコンサートとなりましたが、さすがの完成度。すごいなーと熱中しまくって見ました。1階のステージも真正面に捉える位置のファミリー席(座って見る席)から。感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(日本武道館), 22:36
comments(0), -
2018/06/17 sora tob sakana at TOKYO FM HALL

 前日15歳の誕生日を迎えたお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakana山崎愛の生誕祭イベントに参加しました。お昼のイベント。去年はお客さんが1人300円までのお菓子をそれぞれ買ってきて、食べながら4人のほのぼのトークを見守るというなかなかの衝撃イベントでしたが、今回は広くなり、また飲食禁止っぽい会場ということもあってそれは無し。さらに「すみません、去年のイベントで話ししていた来年これやろう、と言っていた企画は全て無しになっちゃいました。」とのこと。今回考えられた企画はゲームコーナーてんこ盛りで、ライブが1曲のみというさらに思い切った内容(去年はトークの後に3曲歌っていた)でした。1時間20分近く4人が楽しそうにしているのを見て癒やされましたね。
 
 グッズのTシャツを着て、下はジャージ(山崎のみジーンズ)と動きやすい格好でメンバー登場。まずはバドミントンをすることに。3点先取で勝ちのトーナメント。くじでグループ分けがされ、寺口夏花vs風間玲マライカ、山崎愛vs神風花で対戦。ネット無い状態ですがキャッキャとうれしそうにバドミントンしていました。時々ラリー続いたりしますが、ほとんど2,3回くらいで終わる展開でさくさくと進みます。決勝は風間vs山崎となり、風間が勝って優勝。風間の優勝コメントはコント地味たセリフで、嘘泣きしながら話して笑いとってました。
 
 続いてはビンゴ大会。事前にお客にはビンゴカードが配られ、メンバーが数字の玉が入っているカゴから玉を取り上げて読み上げて進めていきます。メンバーもそれぞれカード持って参加。ビンゴした人への景品がすごくて、「乾パン2つと…パン(名前失念。袋に入っている菓子パンっぽいもの)2つ。あと、余ったビンコカード4枚です。」と。。数字読み上げる途中で、引いた玉が入っている袋が倒れてステージ上に玉がこぼれていくのをメンバーあわてて拾う姿に大笑いさせてもらいました。ビンゴ始める前にサプライズで神がケーキを持ってきます。山崎にっこりと受け取ります。このイベントは大半の時間(メンバーが良いといった時間)お客のカメラ撮影OKになっていたのですが、ここでケーキ持った山崎のソロ、それ取り囲んで記者会見風な4人並んでと、撮影タイムになっていました。
 
 ラストは去年寺口の生誕祭イベントでもやっていた人狼ゲームを3回。まずはメンバー4人のみ、続いてはファン2人とメンバー2人、ラストはファン3人とメンバー3人でやっていました。最初2回は人数少ないので人狼1人、市民3人でやっていましたが、ラストは人狼2人、予言者(合間に自分だけが指名した人の正体を知ることができる)1人、市民3人でやっていました。
 
 最初のメンバーのみは怪しまれた風間が責め立てられ他メンバーに人狼扱いされて外されます。その過程で風間はマジ泣きしていました(本当の人狼は山崎)。2回目はその風間が人狼でバレずに風間してやったり。ラストはファン2人が人狼、予言者もファンと偏りがあったためか、メンバー全然当てられず人狼の勝ちでした。勝負に真剣に挑む様がおもしろくて、結構のめり込んで見ちゃいました。「誰なの?」といろいろ怪しんで客席の視線で誰かを探ろうとする寺口がかわいらしい。
 
 ラスト1曲だけライブしますということで「Brand New Blue」を歌います。座ったまま見るスタイルだったので、メンバーの足元まで見れました。寺口は他メンバーよりもかかとを地面につけないで踊ることが多いなーという印象。リズム感良さげに見える跳ねるような動きはこの辺から来ているのかな、と思ったり。好みなダンスです。
 
 最後に抱負を聞かれた山崎は「毎年同じこと言っているかもしれないけど、ゆるくたのしく上を目指していきたい。」と。内に秘めた上昇志向を時折見せるのが良いですね。普段のライブでは冷静な立場を取ることが多い山崎が、この日はやんやと騒いで楽しんでいる様を見れて良かったです。

 

 

author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 08:13
comments(0), -
2018/06/16 Juice=Juice at 三郷市文化会館

 お馴染みハロープロジェクト所属の7人組アイドルグループJuice=Juice春のホールツアー。3回目の参加となります。この日1日2回公演の1回目に参加。ツアーは来週の名古屋が最終で自分はこの三郷の参加がラスト。後述しますが、現在の7名体制で見るコンサートのラストともなりました。2階席後方。ファンクラブの枠でこの位置となると一般席の枠はほとんど無かったんじゃないか、というくらいの後ろの位置。それでもアンコール含め2時間くらいのコンサートは毎度素晴らしいと思えるものでした。感想を。
 
 最初の2曲だけでもう完璧、素晴らしいと思えます。胸打つ鼓動のような電子音とどこか壮大さを感じさせるサビとなるインスト部分がたまらない「Dream Road〜心が踊り出してる〜」はライブではあまりやらない曲ですが、これ1曲目に持ってきたこのツアーのセットは良いなーと。これに続く「Never Never Surrender」はバクパイプの音とダンスビートの組み合わせで高揚感を呼ぶ曲で3回目となる同じセットでも浮かれて聞きました。
 
 梁川奈々美が力強いボーカルを聞かせていたのも印象的。(梁川が兼任している)カントリー・ガールズではかわいらしい曲メインなのでいろんなタイプの歌声を聞かせることが少ないかと思いますが、Juice=Juiceは曲が多彩なので、太い声やセクシーな囁き声などを求められていて、その辺もいい感じで聞かせていました。今年になってダンスを張り切ってやることを意識しているらしい高木紗友希の弾けるようなダンスも印象的。Juice=Juiceは歌の良さが第一に語られますが、ダンスも良い感じで各自個性も見せつつ、「ブラックバタフライ」や「CHOICE&CHANCE」などの曲では、位置取りなどの正確性でグループとしての動きの良さを見せます。マイクを置いてのダンスパフォーマンスするコーナーもあり、そこもかっこよい。
 
 かと思いきや、自由にメンバーが動くことが多い「GIRLS BE AMBITIOUS 2017」は、はっちゃけた動きをしておもしろさでも見せます。梁川は段原瑠々の頬にキスしたり、宮本佳林は植村あかりや金澤朋子に抱きついたり(あと別の曲だったかと思いますが、植村が宮本のおしりをぐいっと押していた場面もあった記憶が)と、いわゆる風紀が乱れている場面を多々見せていました。
 
 「選ばれし私達」の最初の部分は回替わりでセクシーガールが選ばれてソロでダンスと最初のパートを歌うのですが、この回では宮崎由加が選ばれていました。宮崎がソロで歌い踊るところを見せるのはレアで、今回見れてうれしい。華奢と言えるくらい細い体をキビキビと動かしつつ歌っていたの格好良いです。宮崎は長かった髪をばっさり(背中真ん中くらいまであった髪が首と背中の間くらいまで)切ってさっぱりした感じになっていました。結構思い切ったなーという印象で、かわいさと大人っぽさは維持しつつスポーティーな感じが増していました。
 
 金澤も前日美容室と歯医者に行って気合入れてこの日に臨んだよう。「前髪もばしっと切ったのでみんなのことよく見えるよー。」と。今回の会場は埼玉県なので、埼玉県出身の金澤の凱旋コンサートとなり、アンコールでは「とーもーこ」とお客さん全員でお祝いのコールをします。「凱旋といっても、私は今も埼玉県に住んでて毎日帰ってきているので。」と照れつつ、お祝いに感謝していました。他メンバーも金澤をお祝いしているMCをしていて、植村は「朋子の声は目を摘むっていても、この人は色気あるんだろうなーとすぐ分かるくらいセクシー。」と褒めていました。
 
 MCは少なめで歌いまくり。それぞれ歌声の個性もあって、ソロや2人組んでの歌、全員のユニゾン全部いいなーと思えます。1年前に梁川と段原の2名が加わって7人体制になって、個人的に少しずつ馴染んできました。でも、5人体制に多大なる思い入れがある自分としては7人体制はまだこれから、8月にアルバムリリースもあるので、それ受けてのツアーでようやっと馴染んでくるかなーと思いきや、メンバー追加が3日ほど前に発表されました。その感想を続きで。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(Othersホール), 22:21
comments(0), -
2018/06/15 仮谷せいら、TORIENA、WHY@DOLL at 代官山LOOP

 翌日に25歳の誕生日を迎える女性シンガー仮谷せいら主催のライブ。2年ぶりの主催ライブということで、前回は渋谷LOOP ANNEX(今は閉鎖されたライブハウス)で行われたものでそれにも行っています。そこが仮谷せいらの(有料)ライブを初めて見た場所でしたね、ちょい懐かしい。WHY@DOLLとTORIENAが30分のライブ、仮谷せいらは1時間のライブでした。感想を。
 
 
 WHY@DOLL
 2年ぶり3回目(去年の年末に仮谷せいらのライブに1曲共演しているのも見ています)に見る北海道出身の女性2人ユニット。到着遅れ1曲目途中から見ました。大人なアイドルってな感じで心地よいソウルなアレンジ中心、甘ずっぱいボーカルとともに気持ちよく聞けてます。激しくはないもののコンビネーション良いダンスもしっかり見せていて、良い感じに音に浸れてライブ見れます。仮谷が作詞した2曲や、Awesome City Clubメンバーが手がけたという曲も披露。ラスト2曲は弾ける感じの曲も聞かせていました。
 
 
 TORIENA
 1年ぶり2回目に見る女性ソロアーチスト。DJ台にあるPC、ミキサー、ゲームボーイなどを駆使して音を出し、時には激しく踊り、時には歌うというスタイル。チップチューンというそうですが、ダダダと高速のビートで目まぐるしい印象の音をかぶせてきます。ゲームボーイを使っていたりする場面もあって、ゲーム音楽的な音をいろいろかぶせているのでしょうか。その操作と音が結びつかなかったのですが、操作する様が興味深かったです。ピンクの編み込みしまくっている髪型、黒のタンクトップ、白のチアリーダー的なミニスカという目立つスタイルで、時にはDJ台から飛び出して前方に出てきて、お客を煽りまくったり歌いまくったりとエンターテイメント性抜群。ラストにやったアイドルソング的なものは別として、全般にはアゲアゲ感あってフジロックの深夜レッドマーキーとかでやっても大受けしそうな感ありました。
 
 
 仮谷せいら
 半年ぶり6回目に見る大阪出身の女性ソロシンガー。だぼっとした白のTシャツに、ストライプのシャツを複数枚重ねてロングスカートにした新しい衣装で登場。これまではスポーティーな感じの衣装だったので、清楚な感じの服が新鮮でした。1時間と久々に長尺でライブ見れてうれしかったですね。新曲「Oh Baby」からスタート。キラキラした笑顔と、ちょいハスキーで高音の伸びが気持ち良い歌声はいいなーと一発目から思えました。この曲はこの日から発売になったライブ会場限定シングルに収録されていますが、次にやった同じく新曲の「Zawa Make It」はまだ音源化されていないそう。トラップミュージックなトラックで、仮谷の伸びやかな声とメロディがマッチしていて楽しく聞けます。クラムボン「nein nein」、Perfume「無限未来」、モーニング娘。'18「A gonna」の3曲もトラップ系統のポップソングで、この辺が最近つぼ。「Zawa Make It」もいつか音源化されるの期待したいです。
 
 いつものライブはトラックを流しながら歌うスタイルですが、この日は特別バージョンということで2曲キーボード弾き語りを披露していました。大阪で活動を始めた当初は弾き語りスタイルだったそう。歌声により焦点あたるので、このスタイルも良い感じで聞けます。しっとりとした「そばにいる」と、WHY@DOLLに詞を提供した曲でWHY@DOLLもこの日歌っていた「夜を泳いで」を披露。一晩に同じ曲を別アレンジ、別アーチストで聞けるって趣向も良いです。他にもカバー曲満載でNegiccoに提供した「Do-De-Da〜Trimondo Negimina」や、Faint Starというグループに提供した「真冬のTropical Night」という曲も披露。
 
 持ち曲では久々に聞けた「夜が終わるまで」がうれしかったです。スロー目な仮谷には珍しい曲ですが、ちょい切なげなメロディがうまいことはまっていて好きな曲。そしてtofubeatsが手がけた小気味良いヒップホップなトラックと、少し悲しげな意思も感じさせつつ前向きになれるメロディのかみ合わせが最高な「大人になる前に」も本当好き。10代から曲作りをしていて、この曲は初めの方に作った曲だそうですが「すっかり大人になってしまいました。」と。それでも歌い続けて欲しい曲です。ラストはシングルリード曲3連発。「Nayameru Gendai Girl」「Colorful World」で本編一旦締めて、アンコールで「Nobi Nobi No Style」でどっかんと盛り上げて終了でした。「Colorful World」と「Nobi Nobi No Style」はお客にコールやコーラスを歌わせたりするのも楽しいですね。「Nobi Nobi No Style」を歌う前には「マネージャーさんの家から昔のグッズが3つ見つかった。」ということでじゃんけん大会してお客さんにプレゼントしていました。

 

author:de nudge, category:live(Othersライブハウス), 08:58
comments(0), -