RSS | ATOM | SEARCH
2018/10/29 Juice=Juice at 日本武道館

 お馴染みハロープロジェクト所属の8人組アイドルグループJuice=Juiceのコンサート。1年ぶり3回目の武道館です。3年連続の武道館ってすごいですね。当日券出ていたようですが、西と東の2階席後ろ3,4列にちょい空きあるくらいで、ほとんどの席がお客で埋め尽くされています。8000人もいたとか。月曜開催なのによく皆さん集まるなーと。平日18時台スタートはなかなか厳しいのですが、Juice=Juiceだけはなんとしてもと、自分も3年連続の参加となります。2階席で、ステージを真正面に見れて、座って見るファミリー席の一番前の席から見ました。
 
 アンコール含め2時間15分のコンサートは、これまで培われたJuice=Juiceの歌やダンスの凄さ、楽しさを存分に見せつけつつ、大舞台ならではの演出も随所に織り込まれて、もうひたすらすごいと思い続けた時間となりました。今回武道館では初めてとなるユニット曲もありましたが、それら含めて全曲フルコーラスで歌っていたのも(ハロプロには珍しい)Juice=Juiceスタイルを貫いていて素晴らしい。感想を。
 
 

 オープニングアクトとして同じハロープロジェクト所属のつばきファクトリーとこぶしファクトリーが1曲ずつ歌います。メインステージからアリーナ席中央に通路が伸びていて、そこにセンターステージがあるのですが、2組ともそこで歌っていました。オープニングアクトがセンターステージで歌うの珍しいのではないでしょうか。
 
 この武道館のタイトルが「TRIANGROOOVE」(「O」が2文字でなく3文字なのがポイント)だったのですが、それを意識させる演出が随所に。まずSEでEarth, Wind & Fireの「Let's Groove」が流れていました。その次にファンク系統の曲がかかってからステージ奥の両脇にある2つのスクリーンにメンバーの名前がアルファベットで次々出てからコンサートスタート。サポートとして参加するハロプロ新グループのBEYOOOOONDS(こちらは「O」が5個)メンバーのダンスがあってから、メインステージ前方の三角の大きな台にJuice=Juiceメンバー登場。BEYOOOOONDSはその後もバックダンサー、衣装替え時のつなぎのダンスコーナーなど多くの場面で、(歌はなくて)ダンサーとして参加していました。
 
 派手なレーザー光線が行き交う中、いきなり新曲の「Border Line」を歌います。レーザー光線は1階席と2階席の間にたくさん走っており、自分の見ていた視点からすると大量のレーザーの下にステージがあるような見え方になっていて、これが非常にかっこよい。そして新曲がデジタルファンクソウル曲ってな感じでスピード感ありつつ黒さのあるメロディがめちゃくちゃ良い。Juice=Juiceの歌声も最高。
 
 前半はトライアングル(三角)を意識して、そこから3部の構成。キュートモード、セクシーモード、クールモードと分けたセットとステージ演出を繰り出します。まずキュートモードということで、「Vivid Midnight」「初めてを経験中」「アレコレしたい!」の3曲を連続で歌います。「初めてを経験中」と「アレコレしたい!」は大人な美人さん風貌の植村あかりがセンターを務める曲なのですが、かわいさ満点な曲に彼女をセンターに持ってきているというのも、今になって考えると面白いですよね。曲が出た当初は5人組時代で植村が最年少だったので、違和感無かったのですが。最近は前髪を伸ばして横に流した髪型だった植村ですが、前髪をコンサート直前に切ったそうで降ろした髪型になっていました。何やっても美人さんではありますが、個人的にはこの日のように降ろした髪型の方が好きですね。
 
 そしてキュートモードのラストがユニット曲で宮崎由加と梁川奈々美の2人で「もしも…(モベキマス)」を歌います。2人ともかわいさ系統の声を持っていて、この曲のメロディに合っています。宮崎の歌声は、道重さゆみ(元モーニング娘。)の系統で、より声を太く強くしたような歌い方だなーと。
 
 ここでBEYOOOOONDSがダンスでつないで衣装替え。今年発売したアルバム「Una más」から「素直に甘えて」を歌います。しっとりとした感じありつつセクシーな声で歌い上げる曲で、ここからセクシーモードに入ります。続いての曲がユニット曲で金澤朋子、高木紗友希、植村の3人で「メロディーズ(GAM)」という曲を歌います。この曲知らなかったのですが、松浦亜弥と藤本美貴が組んだユニットのシングル曲だそう。ムードある大人びた曲で黒のセクシーな格好した3人がいかにもな表情で歌います。高木はハモリ部分も担当していて、通りの良い大人なボーカルの金澤と植村の歌声を引き立てる場面もありました。高木も髪型を変えていて、ショートに。クリクリした目で小顔の高木が大人な感じに見えるようになって、似合っていました。
 
 セクシーモードにあった「SEXY SEXY」「裸の裸の裸のKISS」を歌って、また衣装替えのBEYOOOOONDSダンスコーナーBEYOOOOONDSは「雨ノ森 川海」と「CHIKA#TETSU」という2組にグループがさらに分かれるのですが、それぞれ順に踊ります。その踊る曲のインスト曲がモードを替える曲になっていて、その辺の流れもよく考えられているなーと。そしてラストのクールモードは宮本佳林、段原瑠々、稲場愛香の3人のユニットからスタートなのですが、歌った曲が「LOVE LIKE CRAZY(後浦なつみ)」でびっくり。
 
 後藤真希、松浦亜弥、安倍なつみの3人で組んだグループの曲で、デジタルヒップホップなトラックとラップの噛合いがかっこよく、めちゃくちゃ好きでした。2004年に発売された曲で、この頃ハロプロに興味を失い始めていた時期(この時期辺りから2013年春くらいまでハロプロから離れていました)なのですが、この曲はかっこよい、生で聞きたいと、後浦なつみのコンサートに行ったなーと。リードトラックは「恋愛戦隊シツレンジャー」という曲で「LOVE LIKE CRAZY」はカップリング扱いだったのですが、確か当初は「LOVE LIKE CRAZY」をリードトラックに考えていたのを後から作った「恋愛戦隊シツレンジャー」の方と入れ替えたと記憶していますが、「LOVE LIKE CRAZY」の方が断然好きでした。宮本、段原、稲場の3人が歌うバージョンも良くて、光る黄色と黒のフード付きジャージというヒップホッパーな格好をして歌う3人がめちゃんこかっこよいです。途中かぶっていた帽子を投げてそれぞれソロダンスをしていた場面もナイスでした。
 
 そして数曲クールモードが続きます。「Fiesta! Fiesta!」ではステージ前方から火をぼうぼうとこれでもかと上げていました。気のせいか遠くにいる自分の席まで熱が伝わってくるような熱さがありました。目の前で歌っているメンバーめちゃくちゃ熱かったのではないでしょうか。「KEEP ON 上昇志向!!」を歌って、ここでようやく音が止まってMCコーナーになります。なんと1時間も音止まらずにひたすら(Juice=JuiceかBEYOOOOONDSが)パフォーマンスしていたことになります。びっくり。MCでここまでの構成の趣旨説明などがあってから、「ここからはいつものモードでぶっとばしていくよー」と宮本が宣言してから、ライブ鉄板曲を次々と繰り出します。
 
 8人組になってから初めて歌う自己紹介ソングの「GIRLS BE AMBITIOUS」も披露します。今年加わった新メンバーの稲場のパートもしっかりとあり、これってその分曲の時間が長くなっているのかしらとふと思ったり。ライブ鉄板曲の中に、アルバム「Una más」から「Never Never Surrender」と「禁断少女」の2曲が入っていたのも素晴らしい。「Una más」の中でもとりわけ好きな2曲で、高らかにバクパイプが鳴ってから胸打つ鼓動のようなリズムに弾けるように歌い踊る「Never Never Surrender」、流れるように聞かせるソウル曲の「禁断少女」とタイプが違いながらも、Juice=Juiceのメンバーが歌うと続けて聞いてもスムースです。「禁断少女」のラストサビ前のパートで高木→段原→宮本→梁川とソロパートがあるのですが、この4人のタイプの異なる歌声のリレーがもう堪能しまくり、本当素晴らしいです。
 
 本編ラストはキラキラのシンセ音に高揚するメロディとボーカルが大団円感を呼ぶ「未来へ、さあ走り出せ!」で締めます。ファンがアンコールを求める「ジュース、もう一杯」という声が会場に響き渡ります。去年の武道館ではメンバー名を言っていこうとするファンと「ジュース、もう一杯」とお馴染みのコールをしようとするファンが入り乱れてしまい、ややぐだぐだになったアンコールが今回キレイに揃っていて、ちょい感動。これ導いたのは宮本のおかげでもあります。去年の武道館のアンコールを受けて、MCで「来年は(やるんだったら)メンバー名のコールきれいに揃えてね。」と話してしまった宮本のMCを受けて、メンバー名のコールをやろうとするファンと、たくさんの人がいる中長いコールを合わせるのは難しいからいつものコールで行こうとする派が事前にネットで分かれて論争っぽいことがあったそうで、それ収拾させるためにブログで「アンコールは『ジュース、もう一杯』でお願いします。」と依頼してました。
 
 アンコール最初の曲はアルバム「Una más」からのスローな歌い上げ曲「シンクロ。」。今年加入した稲場はバキバキのダンスが売りですが、歌でも魅せたると2コーラス目のラスト部分のソロパートを気合十分に歌い上げていたのが印象的。そしてMCコーナーになり、一人ずつ感想を言っていきます。宮本はアンコールがキレイに揃っていたことに感謝して、「メンバー名のコールをやってみましょう。一人ずつメンバー手挙げていくので、2回ずつ言ってねー。」と。ここでメンバー名コールも実現させる宮本の気遣いが素晴らしすぎ。植村は多くのお客さんが来てくれたことに感謝して「こんなにたくさんの目玉が。目玉だらけで気持ち悪くなっちゃいますけど。」と独特の言い回しで、この多くのお客さんで埋まっている場を表現します。
 
 ラスト2曲はライブ鉄板曲の「Goal〜明日はあっちだよ〜」と「Magic of Love」で締め。「Goal〜明日はあっちだよ〜」はタオルをぐるぐると回してドカンと盛り上げ、「Magic of Love」はラストのサビだけダンスをして、他は会場をメンバーがバラバラにあれこれと移動しながら、自由な振る舞いをして歌います。1番と2番の間に宮本は下手から上手側へ全力ダッシュして、ソロパートを歌っていました。2時間以上踊り歌い続けて、ダッシュして息切らさず歌うことができる体力がすごすぎ。金澤はこの2曲のどこかもそうでしたし、本編のどこかでも1回見た気がしますが、腿をくっつけて足首を横に広げるような内股ジャンプをしていた場面があって、そこが非常にかわいかったです。
 
 爽快感あり、最初から最後まで歌とダンスに堪能しまくったコンサートでした。一人一人のアップバージョンでの映像が見てみたいと思うほど、8人それぞれのパフォーマンスが魅力的で、本当素晴らしいグループだなーと。
 
 

author:de nudge, category:live(日本武道館), 07:26
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:26
-, -
Comment