RSS | ATOM | SEARCH
2018/10/27 sora tob sakana、DALLJUB STEP CLUB at 渋谷O-Crest

 おなじみ女性4人組アイドルグループsora tob sakanaが主催の対バンライブ。久々にやるそう。お昼の開催。対バン相手は去年の3月にも迎えている男性4人組バンドのDALLJUB STEP CLUB。DALLJUB STEP CLUB主催の対バンでsora tob sakanaを迎えている企画もあったそうで、3回目になるそうな。この日はsora tob sakanaの山崎愛が学業のため欠席。
 
 ともに30分ずつのライブで合間に共演で2曲歌っていました。DALLJUB STEP CLUBは去年の3月対バンで見て以来2回目ですが、その時リーダーでドラムのGOTO(あらかじめ決められた恋人たちへ)が病気のため欠席だったので、フルメンバーで見るの初めてになります。機械/ボーカルのYuta Hoshi(WOZNIAK、等)、シンセ/ラップの森心言(Alaska Jam)、ベース/ボーカルのBENCH.という4人編成で、ベースミュージックの生演奏に、ラップやエフェクトをそこかしこに入れてきます。
 
 最初の曲の不定形な感じで入るブレイクなどスリリング感もあれば、(メンバーが好きだという)「やよい軒」をお客とコールし合う曲もあったり。アシッド感あるようなコアな感じを出しつつ、軽妙なパーティー感あるのが親しみやすい。GOTOの弾けるようなドラムはダンスものには持ってこいで、sora tob sakanaのファンも乗っていました。途中のMCは宣伝ものが多かったです。4人ともしゃべるってのが珍しい。気のいいお兄さんってな感じで、それも親しみやすさありますね。
 
 ラストの曲は「Pizza Pizza」で、「ピッツァ、ピッツァ」とお客と一緒にコールしていく弾け曲。曲の最初の方でsora tob sakanaの風間玲マライカが飛び入りしてお客を煽ります。男だらけのむさくるしいステージと客席の中に、風間が入るとそこだけさわやかになりますね。圧倒的に天使感(マライカはスワヒリ語で「天使」)ありました。
 
 そして、ステージにある楽器が奥の方に移動されます。DALLJUB STEP CLUBとsora tob sakanaの共演で2曲。音源で実際にGOTOがドラム叩いている「広告の街」と、(音源はエレクトロニカな)「魔法の言葉」を披露。びっくりしたのは、山崎不在のソロパートをYuta Hoshiが担当していたこと。山崎の欠席は急遽のアナウンスだったので、これ当日に練習したのではないでしょうか。裏声でがんばって歌っていました。2曲ともDALLJUB STEP CLUBならではのアレンジになっていて、機械でピュンピュン言わせる音飛びや「やよい軒」のコール、ラップなどをインスト部分に入れていました。
 
 トークコーナーも少々あり。対バンでは恒例となっている?山崎のタラちゃんものまね(元々、森が得意というものまねにチャレンジしようという企画から)が、山崎不在でできないということで替わりに風間がやることに。森の見本の後にがんばってやっておりました。
 
 sora tob sakanaは珍しい「タイムマシンにさよなら」からのスタート。山崎のソロパートは他メンバーが担当していて、時折忘れている箇所があったでしょうか。3人でも存分に楽しめ、ソロパートなんかはいつもと変わりなく良いなーと思えますが、4人が揃うユニゾンはやはりマジックだなーと思いながら聞いてました。ダンスの構成も元々4人を前提に配置しているもので、3人で場位置を少々変えながらバランス良く見せていましたが、どうしても空白部分ができてしまうのは仕方無しですね。

 

 ラストは「Lightpool」で締めていました。その前の「tokyo sinewave」「夜空を全部」と比べるとメジャー感あるなーと。トラックの質感といいますか、ちょい硬質な感じでくっきりはっきりしているのがそう感じるのかなと。
 
 合間のMCでは宣伝を。来月配信でシングルを出すそう。寺口夏花が「久しぶりな感じがするー」と言うと、神風花は「でも7月にシングル出したじゃん」と受けてました。自分も久しぶりだなーという感覚の方が強いですね。4ヶ月しか空いてないですが。そして来月の対バンの宣伝と、12月の対バンの予告がありました。来月はバンドのオワリカラとやるそう。これ行きたいのですが、その日東京不在で行けないのが残念。かつてアイドルネッサンス(今年2月に解散)がオワリカラの「踊るロールシャッハ」をカバーをしてましたが、盟友と言えるsora tob sakanaは共演の形で歌うでしょうね。オワリカラも久々に見たかったのに残念。
 
 

author:de nudge, category:live(duo,O-Group), 10:43
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:43
-, -
Comment