RSS | ATOM | SEARCH
2018/09/14 モーニング娘。'18 at 大宮ソニックシティ

 この日が結成日で、21年を迎えて22年目にはいるモーニング娘。'18の記念イベント。ファンクラブイベントになります。2200人という会場が満杯。この会場来るの初めて。今は一番の先輩メンバーである9期メンバーが、初めてコンサートしたのがここの会場だったそうで、それ以来に来ることになるそう。感慨深そうに生田衣梨奈が語っていました。2階席後方から。「プレモニ」と称したタイトルでゲームコーナーメインでした。1時間半のイベントの感想を。
 
 

 
 会場に開始20分くらい前に着いたらIDチェックあるためか入場列がすごいことになっていました。これ開始前に入れるかな、と心配してましたが、思ったよりスムースに列が流れて無事入れました。会場入るとこの夏ハロプロイベントではお馴染みのお笑いコンビ上々軍団がオープニングアクトで歌っている真っ最中でした。「仲間」という曲を歌うところから見ました。モーニング娘。'18がサプライズで登場してバックダンサーを務めます。「俺たち一切見なくなりましたね。」と客席に向かって言いつつ、上々軍団うれしそうでした。
 
 バックダンサー務めるモーニング娘。'18は横一線で適当に踊っている感じですが、楽しげで良いです。2番のサビ辺りで、上手側のメンバーが足をクロスするサイドステップをし始めます。このダンスは先週のイベントで、「上々軍団がCDチャート一位取るためには何したら良いか」というお題をモーニング娘。'18メンバーに投げかけたら、加賀楓が「ダンスしながら歌えばいいんじゃないですか?」と答えた時にじゃあやってみてと振られて、加賀が考えた振り付け。下手側に伝染するように、その踊りが広がっていき、下手側にいる加賀が気づいた時に、「おおー、これやるの?」みたいなはしゃいだリアクションしていました。結果、そのダンスを加賀だけやらなかった格好になってしまいましたが、そのリアクションがかわいらしかったです。
 
 イベント開始。まず1曲「恋愛レボリューション21」を歌います。21年を迎えたことから歌った曲かな、と思ったのですが、後で触れるようにもう一つ理由がありました。この夏のRock In Japanと同じくオリジナルの振り付けで披露。自分はUPDATE版の振り付けの方が既に馴染んでしまっているので、オリジナル版に体が反応できない場面がありました。メンバースムースにやっているように遠目には見えましたが、UPDATE版の方を一瞬やりそうになったとかあったのではないかなーと。
 
 そして上々軍団が司会として登場します。まず初めての発表ということで、サンリオとのコラボ企画があることがステージ後方のスクリーンに載ります。メンバー嬉しそう。サンリオのキャラ好き(特にポムポムプリン好き)な野中美希が特にはしゃいでましたね。テレビ番組のサンリオ関連ショートアニメで「恋愛レボリューション21」が取り上げられることや、がおっきーというキャラクターでメンバーごとにグッズを作って売っていくことの予告がありました。Rock In JapanでTシャツを先行でこそっと売っていたりしてたそう。メンバーごとのカラーとお腹に好きなデザインを施したキャラクターをそれぞれ宣伝。石田亜佑美は好きなスイカをお腹に入れていて、「これ買うとスイカの匂いがします。」というと「そんなわけないやろー」と総ツッコミ。この後森戸知沙希が好きなメロンをお腹に入れていて「これ買うとメロンの匂いがします。」と天丼芸。この辺の鉄板なお笑いパターンを集団芸としてやってくるモーニング娘。は、こうした大舞台でのお笑い(大きな会場はシュールよりベタが強い)に向いてますね。
 
 ゲームコーナー。2人6組に分かれてクイズ対決をします。くじ引きで決められ、
  Aチーム:加賀楓、牧野真莉愛
  Bチーム:飯窪春菜、横山玲奈
  Cチーム:森戸知沙希、小田さくら
  Dチーム:譜久村聖、羽賀朱音
  Eチーム:野中美希、石田亜佑美
  Fチーム:生田衣梨奈、佐藤優樹
 といった形になりました。ともにガチャガチャしたキャラの生田と佐藤は「絶対勝てない、無理ー」と。優勝賞品は豪華なお食事ですが、「この2人で是非行って欲しいですねー。」と上々軍団の鈴木啓太が煽りますが、「それも、無理ー」と。このチーム編成の前に、がおっきーの宣伝で佐藤はダジャレめいたことを言っていて、客席が佐藤がそんなうまいこと言えるのかな?という反応をしていると「生田さんに仕込まれましたー」と告白。生田と佐藤がわちゃわちゃしている場面多かったのレアな気がしました。
 
 まずはクイズですが、リハーサルでやったテーマとは別のもので「メンバーのお母さんに聞いた、メンバーへの不満」というテーマのクイズです。これはメンバー「聞いてないー」と大騒ぎ。これ、かなりおもしろかったです。ステージに立つとスターな彼女達ですが、普段の生活は一人の子供だなーというエピソード満載でした。覚えていることを書いていくと、


 ・「加賀のお母さんに聞いた、加賀の子供っぽいエピソード」→「もう私子供じゃないから、とよく言う(と言うのは子供しか言わない)」
 ・「飯窪のお母さんに聞いた、飯窪に直して欲しいところ」→「家事を一切やらない。妹に全て押し付ける」
 ・「野中のお母さんに聞いた、野中に直して欲しいところ」→「妹に対する接し方が異常。愛情注ぎすぎて妹から気持ち悪がられてる」
 ・「譜久村のお母さんに聞いた、譜久村が怖い映画を見た後にやることで直して欲しいところ」→「お風呂に入る時、怖がってお風呂の扉のみならず、部屋中のドアを開けた上で入ること」
 ・「生田のお母さんに聞いた、生田の母は別のメンバーを娘に迎えるなら譜久村と回答。その理由は。」→「歌割りが多いから」


 生田のお母さんはモーニング娘。のお笑い鉄板ネタを知りすぎてる感ある回答(生田は自分の歌割り少ないことを自虐ネタとしてよく使ってる)ですが、他は結構生々しいエピソード感ありました。クイズ以外でも他のメンバーエピソード紹介されていて、


 ・横山はいまだお母さんにひざまくらで甘えてくる
 ・森戸は家族に対して、そっけない冷たい接し方をしてくる(反抗期?)
 ・小田は喜ぶ時のリアクションが一々大きい
 ・佐藤はすぐバレる嘘をつく
 ・生田は2000円以上の買い物をする時に、必ず親に買ってよいか確認をする
などなど。また、このクイズに回答するのが、そのままメンバーへのディスりにつながったりしたのも、おもしろかったです。
 
 後半にクイズはまたやるということで別コーナーに移ります。チャレンジコーナーということでメンバー3組に分かれて、この日に用意したトークコーナーを3つやります。そのトークの司会がそれぞれ、佐藤、牧野、羽賀が担当。
 
 まず佐藤司会で野中、加賀、上々軍団のさわやか五郎の3人がゲストでちょっとしたゲームコーナー。佐藤は字を読むのを苦手としていて、カウンターが付いたマラカスを4人で振って勝ちを決めるコーナー「フリフリマラカス」は、終始「フリフリマスカラ」と読んでるし、「指示する」を「これ何?『指原さん?』」と読み出すし、フォローするさわやかも大変そう。赤と白の旗を持って、佐藤の指示に基づいて上げ下げするコーナーは「赤、ななめ」から始まり、「赤から青へ」ともうめちゃくちゃでした。特に「赤、ななめ」をいきなり言い出した時は会場爆笑でした。
 
 続いて牧野司会で「牧野カフェ」という設定でマスターの牧野が客として来た、石田、小田、横山、森戸の4人の悩みに答えるというコーナー。長身の牧野が、背低い4人に対してのディスりから始まって、背低いための悩みを牧野が回答する形で進みます。森戸が「背低いと満員電車で降りようと思っても気づかれない。」という悩みに対し、「オーラを身につけよう」と。小田が「背低いに対するフォローコメントって「小さくてかわいい」くらいしか言われない。他にバリエーション欲しい。」という悩みに対し、「かわいいからいい」と。牧野は高飛車キャラを一生懸命やってましたが、どうしてもいい子が出て来るので、コント的な雰囲気へはもう一歩といった感ありました。
 
 最後は羽賀司会で譜久村、生田、飯窪3人の先輩に対するインタビュー企画。通常のインタビューとは異なり、ステージ後ろのスクリーンに突如羽賀への司令が出てきて、それを先輩たちに気づかれずに、やってしまうというコーナー。これめちゃくちゃおもしろかったです。言葉使いがしっかりしている羽賀は元々司会向きですが、結構無茶目な司令に果敢にチャレンジする姿勢といい、その時のうまいセリフ回しといい、笑いながら関心しました。司令で覚えていることを書いていくと、
  ・インタビューしながら譜久村の二の腕をさわる。
  ・次のテーマに移るまではタメ口でしゃべる。
  ・飯窪の話だけは爆笑する。
  ・生田の話に対してひたすら対抗する。そして最後は腕相撲対決をする。
 など。タメ口のところでは「何タメ口聞いているの?」とピリッとした空気が流れかけた(これも恐らく感づいた先輩たちの演技と思われますが)ところを、さわやか五郎のフォローもありつつ、うまいこと流して話をつなげていました。そして一番おもしろかったのが、飯窪の話に爆笑するところ。全然普通の回答した飯窪に対し、「何それウケる」と目線そらして言ったところは、めちゃくちゃ笑いました。コント演技いけますね。
 
 そして一曲「みかん」を披露してからクイズコーナーに戻ります。イントロクイズを2問。曲名当てたチームはサビ部分を歌い、その間他チームメンバーは用意された応援グッズ使って適当に騒ぐことを求められます。2問ともDチームが当てたのですが、その歌っている時の周りの騒ぎ方がまあやかましい。ハッピ着てヲタ芸するメンバー(1曲目は生田、石田、飯窪、2曲目は森戸、石田、飯窪。森戸が参加したのが意外)や、大量の銀テープを歌う譜久村と羽賀にかける牧野などなど。2問とも当てたDチームが優勝となりました。
 
 クイズコーナー終わって、記念ということでサプライズでケーキ運ばれてきます。くるくる回りながら喜ぶ森戸がかわいらしい。そして、司会の上々軍団がはけて、メンバーのみで「発表があります。」ということで、10月末にシングルが出ることがアナウンスされました。ラストは、そのシングルから「自由な国だから」という曲を披露して締めました。EDMなアレンジ、フォーメーションダンス、同じフレーズを繰り返し言う歌詞など、お馴染み路線の曲ですが、トランス色の要素が結構入っているなと思ったところと、斜めに並ぶ体型を多用している、終盤で半音ずつ上げているかのように(実際上げてないと思いますが)サビを繰り返し歌っていく場面などが印象的でした。来週から始まる秋ツアーでも披露されると思うので、また楽しみにしたいと思います。
 

author:de nudge, category:live(Othersホール), 12:11
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:11
-, -
Comment