RSS | ATOM | SEARCH
2018/08/26 Predawn 10th Anniversary “Dusk” Party at 上野恩賜公園野外ステージ

 今年で活動10周年迎える女性シンガソングライターのPredawn主催のイベント。5組揃ってのアコースティック主体のライブ。この週末はとても暑く、前日はその中で屋内での濃ゆいライブを体験したのですが、この日は野外での涼やかなライブ。屋根付きの野外ステージでかなりの入り。ステージと屋根の間から入る日差しがきつく、日が思いっきり当たる席だけ空席でした。
 
 ライブの順番は、
  さかしたひかる→Achico→ホリエアツシ→小山田壮平→Predawn
 Predawn以外はバンドをやっている人達のソロ。通常弾き語りをしているPredawnがバンドセットと、逆の見せ方をしているのがおもしろい。順に感想を。
 
 
 さかしたひかる
 ドミコというバンドの男性ボーカルで初めて見ます。ギター使っての25分ほどのライブ。ぶっきらぼうさある高音なボーカルでロックな曲をアコースティックモードで歌います。足元のコントローラー使ってギターの残響音を効果的に聞かせる曲もいくつか聞かせます。ラスト一つ前の曲が非常にかっこよかったです。
 
 
 Achico
 Ropesというバンドの女性ボーカルでこちらも初めて。キーボード使っての30分ほどのライブ。プリセット音や、キーボードや歌声をサンプリングしてのループなんかを多用して聞かせます。きれいなソプラノなボーカルでRopesの曲やカバーを。カバーはアーティスト名失念しちゃいましたが、ラッパーの曲なんかもあって、それを歌のように聞かせていました。MCは非常にオープンマインドというかフレンドリーというか、会場のあちこちに手を広げて話しているようで親しみやすい。この日に配信開始するという新曲も披露。その曲の音源ではLostageの五味岳久も歌で参加しているそう。ラストの曲は途中からサンプリング音のみにまかせて立ち上がり、ラララとお客に歌わせる中、舞うように振る舞って声を重ねます。そのサンプリング音の中に「歌って〜」という声自体も入ってたのおもしろかったです。
 
 
 ホリエアツシ
 ストレイテナーという2回ほど見たことあるバンドの男性ボーカル。ギター、キーボード使っての30分ほどのライブ。メジャーフィールドにいる方だなーと思わせるマイクノリが良い声を聞かせます。ちょい鼻にかかった声で抑揚つけてサビに向けて盛り上げていくような曲が中心。バンドの曲に加え、ソロでもやっている曲を披露。初めてソロ作を作っている時にPredawn(高円寺のお店に売られていたデビュー当時のPredawnのCD-Rを買って聞いていたそうな)を聞いていて影響された面もあったそうで、信望しているそう。着ていたTシャツもPredawnのグッズのもの(背中向いているパンダのイラスト入り)でした。たぶんこの日のアクトの中で一番有名な方だと思うのですが、気のいいあんちゃんってな風情のMCで、この5組の中に入れてもらえて光栄とも謙虚に語っていました。Radioheadの「High and Dry」のカバーもありました。この曲Radiohead自身がライブでやらないので、誰かのカバーでしか聞く機会ないんですよね。
 
 
 小山田壮平
 元andymori(1回だけライブ見たことあります)の男性ボーカル。ギター使っての弾き語りと途中からキーボード奏者を迎えての30分ほどのライブ。フォーク調なメロディ、日本語詩での歌ががっつりはまる独特な歌声で一発で耳を惹かれます。キーボード奏者を迎えて3,4曲歌いますが、ラストの曲以外はギター使わずに歌い上げていた姿も良いと思わせられました。
 
 
 Predawn
 バンドセットではお馴染みの、ベースにガリバー鈴木、ドラムに神谷洵平を迎えてのアンコール含め50分ほどのライブ。Predawnは曲によりアコースティックとエレクトリックを使い分け。ステージ後方には大きな水色のイベント名書かれた垂れ幕が飾ってあるのですが、それと合わせたような水色のワンピース着てました。3曲目にやった日本語詩(Predawnは殆どの曲が英語詩)の曲は新曲でしょうか。ループ感あるギターとベースに、隙間を作るような叩き方をするドラムの組み合わせが非常に好印象でした。いつもおどおどしているモードでのライブがお馴染みですが、この日は主催イベントということもあって、張り切り具合も少々伺え、「Universal Mind」とあと本編ラストの曲では曲終わりにピョンと飛んで締めていたり。
 
 暑かったこの日も夕暮れになっていく中のまさしくDuskな雰囲気になっていく中、「Autumn Moon」を歌って秋モードも少々演出。ただ、まだ暑かったですね。。MCはいつものおどおどモード満載で「こんな大勢の人の前だとしどろもどろになってしまいます。」と最初の方言っていましたが、人数関係なくそうでは、、と心の中で突っ込んでしまいました。バンドメンバーとのトークもあり、8,9年前からと結構前からこのメンバーでバンドセットをやっていたそうで、ドラムの神谷が「最初にやった下北沢のBasement BarやフェスのCOUNTDOWNJAPANとか今でもよく覚えている」と。
 
 アンコールはソロ弾き語りで、こちらも秋を感じさせる「Deadwood」で締めていました。「かたじけない。」という言葉もありつつ、いつもの逃げるように小走りでステージを去っていく姿も癒やされますね。まだ10周年お祝いモードは続き、秋にもなんか考えているよう。また、楽しみにしています。

 

 

author:de nudge, category:festival(Others野外), 09:55
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:55
-, -
Comment