RSS | ATOM | SEARCH
2018/08/11 sora tob sakana at お台場フジテレビ前ステージ

 フジテレビが主催しているイベントの一環でsora tob sakanaの30分ほどの無料ライブ。インストアライブやこういった短い時間の無料イベントたまに行くことあっても、ブログは書かないのですが、今回ライブ前におもしろい企画があったので、それと合わせて書きたいと思います。
 
 ライブは朝10時半からなのですが、その前の9時半から20分ほど、フジテレビのアナウンサーとsora tob sakanaメンバーのカラオケ対決がありました。通し企画のようで、毎年やっているそうです。対戦相手となる木下康太郎アナ(「めざましどようび」でお馴染み)は3回目になるとか。sora tob sakanaメンバーは初めてのよう。司会は新人アナの井上清華という方で初めて見ますが、顔小さくめちゃくちゃかわいい。人前に出る仕事自体初めてに近いようでものすごく緊張していて「朝、鼻血出してました。」と木下アナがバラしていました。
 
 木下アナが歌う曲は猿岩石の「白い雲のように」。sora tob sakanaはもちろん、井上アナも知らないようでした。そりゃまあ22年前のヒット曲ですもんねー。「有吉さんご存知ですよね」「はい」「有吉さんが前組んでいたコンビが『猿岩石』なんですよ。」と、sora tob sakana相手に丁寧に説明する木下アナでした。
 
 sora tob sakanaが歌う曲は東京女子流の「おんなじキモチ」という曲。去年のイベントで東京女子流と共演した縁から選んだそう。2つのマイク使って1コーラス目を神風花と山崎愛で、2コーラス目以降を寺口夏花と風間玲マライカで歌っていました。ミドルテンポのかわいらしいポップ曲で、ダンス付きで歌ってました。
 
 採点は木下アナが91.5点代、sora tob sakanaが91.3点代と僅差で木下アナの勝利。「勝ってしまってすみません。」と恐縮してましたが、お客からは拍手浴びてました。採点機械は細かくいろいろと情報を出していて、うろ覚えですがsora tob sakanaの採点コメントでは「みんなに癒やしを与える」みたいな風に書いてありました。
 
 ド緊張している新人アナと、緊張と初々しさ、挙動不審が売り?のsora tob sakanaが揃う場では、自分が頑張らねばという感があった木下アナのコメントが良かったです。9年目だそうですが、「同期の山(夕貴)とは随分差をつけられた。」と自虐的なことを言ったりと。このイベントのポスターで女子アナ勢揃いの写真があるのですが、そのセンターででーんと写っているのが山アナでした。人気あるんですねー。
 
 そしてsora tob sakanaのライブ。6曲ほど。最新曲中心に夏ということで「Summer Plan」、sora tob sakanaを知らない人が集まるような場ではだいたいやっていると思われるインパクトある「広告の街」などを織り交ぜたセット。ステージは日陰になってはいましたが、それでもまぶしそう、暑そうで体力的にきつそうでした。それでもかっこよいアレンジとノスタルジー感ある良い声を響かせていました。ラストの「lighthouse」は聞く都度ウルウル、高揚させられます。本当、良いライブするよなーと。
 
 この日の司会がもし宮司愛海アナだったらどうゆう感想を持ったかなーと思ったり。宮司アナは音楽好きで確かフェスにもよく行く(Taico Clubに毎年行ってるってテレビで言ってた記憶が)ので、sora tob sakanaのライブ見てどういった感想持つんだろう、何かしら琴線触れるものがあるんじゃないかなーと、想像膨らませました。

 

author:de nudge, category:live(Others野外), 05:41
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:41
-, -
Comment