RSS | ATOM | SEARCH
2018/07/26 Juice=Juice at 六本木ヒルズアリーナ

 この日はフジロック前日。この日まで仕事で翌日早朝から苗場へ出かける予定でした。次のブログで書くライブを前夜祭的に見るつもりだったのですが、昼間くらいからテンション高くなってきて、当初行くの諦めようと思っていた18時半からのこのライブを見ることに。テレビ朝日が夏休みの間六本木ヒルズで開いているイベントの一環で、毎日開かれているヒルズアリーナでの無料ライブ(有料パスで優先入場あり)。この日は個人的お馴染みハロープロジェクト所属のJuice=Juice。
 
 稲場愛香が加わった8人でのライブを見るのは初めてです。ハロープロジェクトコンサートでは既に8人でやっているようですが、単独ライブとしてはこの日が初のよう。去年とはレイアウト変わっていてよりたくさんの人が入れるようになっていました。それでもぎっしり。ライブ開始直前に着いたので、客席入り口付近の最後方から見ました。45分ほどのライブの感想を。
 
 8月初に発売されるアルバム「Una más」に収録されている新曲「禁断少女」からスタート。ラジオでかかったのを聞きましたが、一聴で良いなと思える心地よいソウルなメロディとアレンジで特にAメロがお気に入り。1コーラス目のAメロ歌い出しが植村あかり→金澤朋子のソロと続き、2コーラス目のAメロ歌い出しが高木紗友希と宮崎由加のユニゾンで、ともに聞かせますね。大柄できれいな顔を持つモデルさん風情な植村は遠目からも存在感あります。歌声もめちゃ好み。
 
 その後は既存曲でライブ鉄板曲中心でした。これまでの奇数組(5人組,7人組)から8人と偶数になったので、ダンスの構成が結構変わっていましたね。均等に並ぶものや、左右に4人ずつに分かれてダンスしたりするもの、センターのメンバーを置く時は稲葉が斜め後ろに位置したりと。(ころころメンバー変わる)モーニング娘。の誰かが言ってた記憶ありますが、偶数から奇数に変わる時よりも、奇数から偶数に変わる時の方が位置の変更が多く大変みたいですね。奇数だと偶数の体型の真ん中に誰かを位置させれば良いことが多いので位置的な変更少なくて済むと。「伊達じゃないよ うちの人生は」は2人1組で手のひらをくっつけて押し合うような振り付けがあるのですが、これまで宮本佳林はセンターで客席に向かって1人でその振りをしていましたが、稲場と組んでやるようになっていました。
 
 宮本と同様に弾けるように踊るタイプの稲場は、小気味良いダンスで見せてましたね。カントリー・ガールズよりもいろんなダンスをJuice=Juiceはやるので、これまでよりもいろんな動きの稲場を見れていくかな、と。ソロの歌割りは少なめでしたが、既存曲でもいくつかソロパートありました。MCは2,3回ほど。稲場と梁川奈々美は異様に汗をかいているようで、自分でもびっくりなよう。
 
 ラストは「Goal〜明日はあっちだよ〜」で締め。春ツアーでは歌っていなかった曲なのでちょっぴり久々感あります。ステージも横に広く8人で窮屈な感じにならず、スクリーンも2つあって無料ライブなのにたっぷり楽しめたライブでした。夏のハロープロジェクトコンサートで見る機会ありますが、なんと言ってもアルバム発売してからの単独秋ツアーが楽しみです。

 

author:de nudge, category:live(六本木ヒルズアリーナ), 13:22
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:22
-, -
Comment