RSS | ATOM | SEARCH
2018/05/22 Konono No.1、和田永 at 代官山UNIT

 コンゴ共和国の親指ピアノを使ったアフロトランスを奏でるグループKonono No.1。グループとしては12年ぶりの来日となるようです。その12年前の来日時、日比谷野外音楽堂での公演を見ましたが、本当楽しかったなーと。また、7年前の2011年に選抜メンバーが他グループメンバーと組んだCONGOTRONICS vs ROCKERSもフジロックと渋谷クアトロで見ましたが、これもとんでもなくすごかったライブでした。
 
 
 まずオープニングアクトで和田永という方が30分ほどのライブ。古い家電を楽器に改造して演奏するスタイルで彼の前には5台のブラウン管テレビが斜め上に並べてあります。それが色とりどりにストライプ形状で光っていて、和田がテレビの光部分を叩くと、電化パーカッションといった感じのブヨンブヨンした音が鳴ります。静電気をテレビに通して、それに手を触れると音が鳴る仕組みのよう。5台にそれぞれ音階がついていて、楽しげな音が鳴ります。その場でサンプリングして音を重ねていたりもして、高音、中音、低音などのリズム録りをその場でして音をループさせて、さらにテレビを叩いてユニークな音を重ねていきます。最後の曲は同じくベースと鳴るリズムをサンプリング、ループさせる中、大きな扇風機を持ち出してきてベースに見立てて鳴らします。扇風機を回す外側で右手に持った四角い箱をいろんな角度から当てると音が鳴るという。どんな仕組みなんですかね。ベースをブイブイ言わせているような音を聞いて、10年くらい前ライブで見た、Optrumという長い蛍光灯を楽器としてビリビリと鳴らしていたミュージシャンを思い出しました。
 
 
 30分ほどのDJタイムとセットチェンジ時間を経た後、Konono No.1のライブスタート。アンコール含め1時間45分ほどのライブは12年前見た時と変わらない天然トランスにひたすら身を委ねる楽しさがありつつも、ライブハウスという場所柄のせいかロックな味わいも少々感じました。メンバーは親指ピアノ(リケンベ)✕2、鉄の鳴り物(スタンドに乗っかっている横の棒状の鉄をスティックで叩く)兼ダンサー、パーカッション、ドラムの5人編成。ダンサーのみ女性で、他は男性。前回来日時はもうちょっと人数多かった気がしていますが、メンバーチェンジあったんですかね。10〜20分の長尺曲をひたすらに。ほとんどの曲のパターンは親指ピアノの短いソロから全部の楽器がユニゾンでジャーンと音を鳴らして、アフロビートがスタート。そのリズムの中、アンプを通して電化されての親指ピアノの倍音が弾けまくります。それらの音を主軸としつつ、時々ボーカル(パーカッション奏者以外全員歌う)が入ってきたり、パーカッションが笛ならしたりとアクセントを入れます。
 
 どの曲もパターンがほぼ同じですが、もう浮かれまくりで聞きました。ずっと同じリズムの中、親指ピアノの倍音が響いていくのが気持ち良い。ボーカルもソロやユニゾンで聞かせたりしますが、それも音との相性抜群。本編ラストはステージのあちこちにセットされている小さい白電球がものすごい明滅を繰り返し、その中で一層の弾け具合を聞かせて終了しました。この白電球の演出手がける方はおそらく一時時期ROVOのステージング担当されていた方ですかね。アンコール最初の曲はパーカッションソロから入ってドラムが重なるという、他の曲とは違うスタートでした。打楽器のみだけでも充分に浮かれて聞けます。素晴らしいライブでしたが、ちょっとだけ惜しむらくは週末に浮かれたモードで聞きたかったかな、、と。この日は火曜日のライブで、(スーツではなかったものの)若干サラリーマンモード入ったままで聞いてしまいました。

 

author:de nudge, category:live(Unit), 22:34
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:34
-, -
Comment