RSS | ATOM | SEARCH
2018/05/05 アンジュルム at 中野サンプラザ

 前日に引き続き中野サンプラザでのコンサート。この日はハロープロジェクト所属10人組グループのアンジュルム。春のホールツアーの東京公演。1日2回公演の1回目に参加しました。2階席の座ってみるファミリー席より。去年Rock In Japanでアンジュルムを見て興味持った同行者も連れての参加です。アンコール含め1時間50分ほどのコンサートの感想を。
 
 ステージセットは奥と両サイドに台があって階段でつながっている比較的シンプルなもの。去年秋の同所公演は大仕掛けがありましたが、今回はそういったものはありません(去年の大仕掛けセットは当初もっと大箱での開催で考えていたものでは、、と思われます)。コンサートタイトルが「十人十色」で、そのタイトル通り全員異なった衣装で、ハロプロでは珍しい。スパンコール入っているという共通点はありますが、色や服の種類などはバラバラでした。本編は前後半で大きく分かれていて、前半はメドレー。全員揃う曲少なめで、複数メンバーのユニットでの過去曲(スマイレージ時代のものも)中心に歌っていきます。後半は全員揃っての最近の曲(アンジュルム曲のみ)をフルコーラスで、といった構成。
 
 ユニット曲は誰か一人をセンターに置いて、周りはバックダンサーやコーラスでの参加といった形態が多かったです。印象に残ったのは中西香菜センターの「ええか!?」、船木結センターの「自転車チリリン」、笠原桃奈センターの「ブギートレイン'11」。「ブギートレイン'11」は藤本美貴の曲で意外なセレクトと思いました。他のユニット曲は(たぶん)スマイレージ時代の曲。和田彩花、竹内朱莉、室田瑞希、佐々木莉佳子、船木の5人でのダンスコーナーもありました。衣装はそのままですが、靴はこの時だけ運動靴(同行者が目ざとく「全員ナイキ履いてる」と指摘)でした。
 
 衣装替えの合間に4分間ほどのVTRを流していたのですが、これがおもしろかったです。スタジオでのレッスン風景が最初流れて「4分間休憩」の掛け声からみんな散っていったかと思いきや、「魔法使いサリー(アニメソングのアンジュルムカバー版)」が流れ始めて、その曲に合わせて、メンバーが順に(ソロや2,3人組などで)現れて、プラスチックコップと手を使って、机叩いてリズム出していくという芸を披露。スタジオをワンカメラで回していて、あちこちにカメラが移動していってそこにメンバーがうまいこと出ていって、芸を披露していき、最後全員揃って机リズミカルに叩きまくって終了。事前のリハーサル大変だったろうなーと。
 
 5月に発売予定のシングルに収録されている3曲も披露。デジタルなビートでスピード感あるトラックの中歌う(フェアリーズっぽい印象もある)「泣けないぜ…共感詐欺」、軽快なテクノにギターの音も効果的に入れたトラックにちょい切なげな要素もありつつからっとしたメロディの「Uraha=Lover」、去年発売したDVDシングル「君だけじゃないさ…friends」のアコースティックバージョン。「君だけじゃないさ…friends」のアコースティックバージョンは、オリジナルとは異なりソロパートをつなげて聞かせていました。トラック、歌ともにオリジナルバージョンの方が好みですが、しっとりと歌い上げていてラストにはふさわしい感ありました。
 
 MCでリーダーの和田は「後1年でこの10人の完成度を一層高めていきたい。」みたいなことを言っていました。先日、来年の春ツアー終了を持ってアンジュルムを卒業して、ソロで歌っていくことを宣言した和田ですが、びっくりするとともに、何を歌っていくのかな、、と思ったり。現在、ハロープロジェクトを卒業してライブ中心に活動しているソロアーチストは道重さゆみと鈴木愛理の2人だけかと思いますが、和田はどんな感じで活動するんだろう?と。
 
 道重は客席少ないジャズクラブで(人数少ないがゆえに)常連客相手中心となるライブが基本的な活動。歌う曲はオリジナル曲とモーニング娘。時代の曲のようですが、モーニング娘。時代の曲といっても道重の持ち曲といっても良いもの(今のモーニング娘。は歌っていない曲)がほとんど。鈴木はより広範囲にファンを広げるべく大きなライブハウスや武道館などでもライブを行っていく活動。歌う曲はオリジナル曲に加え、(解散した)℃-uteやBuono!時代のもののよう。
 
 活動形態は異なりますが、2人とも既存のハロプログループが歌う曲はほとんど歌っていません。和田がスマイレージやアンジュルムの曲を歌うとなると、思いっきり現行グループとかぶってしまうことになります。それをやるのか、オリジナル曲のみで勝負するのか、スマイレージやアンジュルム以外のカバーをやったりするのか。この日のコンサートの翌日に行ったフェスで、道重と鈴木それぞれが大きいステージで堂々としたパフォーマンスをしているのを見て、和田もこういった場で歌う時が来た場合、どんなステージをすることになるのかな、、と思いを巡らしました。
 
 余談です。このコンサート見る前のお昼、彷徨えるおじさんのお話です。
 

 

 当初、このコンサートの前後に池袋でコンサート見ようとしていました。ラ・フォルネ・ジュルネTOKYOというクラシック音楽中心のフェスがあり、今年はいつもの有楽町国際フォーラムに加え、池袋の東京芸術劇場も会場になっていました。そこで開かれる(クラシックとはかけ離れた音楽の)Orquesta Nudge! Nudge!とBLACK BOTTOM BRASS BANDを見ようと思っていました。1〜2週間前にチケット発売状況見た時に売り切れてなかったので、当日券でも大丈夫かなと思って前売り買わずに現地に行ったら余裕で両公演とも完売していました。甘かった。。
 
 しかたなく、とりあえず昼ごはんでも、と池袋でごはん食べます。食事取りながらネット見てたら、立教大学の書店での揉め事的なニュースを見ました。そういえばこの近くに立教大学あるな、と物見遊山で行ってみることに。立教大学内の本屋、といっても門をくぐる必要はなく、門の隣にある3階建ての建物に直接入れて、一般客でも入りやすいです。1階はローソンで、2階が文房具屋と書店。書店は街の小さい本屋、と言いたくなる小ぶりなもの。売られている本の半分は、学校の授業に関連ある教科書関係のものが並びますが、後は普通の本屋と同じ雑誌や書籍が並びます。現金で買うと10%割引と書いていたので、そういえば前買おうか迷ってた2000円くらいの本あったな、行けなかったOrquesta Nudge! Nudge!のコンサート代こちらに当てるかと、本を買って書店を後にしました。
 
 その後、池袋のタワーレコードへ。6月に行われるお気に入りのアイドルグループsora tob sakanaの対バンライブで、ayutthayaというバンドを知って、そのグループの「GUM」という曲がYoutubeにあって、聞いたらめちゃはまって、その曲入っているアルバムを買いました。BLACK BOTTOM BRASS BANDのコンサート代をこちらに当てました。これで満足して中野へ向かいました。

 

 

author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 22:07
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:07
-, -
Comment