RSS | ATOM | SEARCH
2018/05/03 VIVA LA ROCK at さいたまスーパーアリーナ

 今年で5回目になるそうな日本のアーティストを集めて3日間開催するフェス。初めて参加します。3日間ともチケット売り切れだそうで人気ありますね。初日の参加。ステージは4ヶ所あり、メインとなる万単位のお客さんが入るStar Stage、1万人は入りそうな客席で上方の窓から光が指すので、屋内ながら屋外的な開放感あるVIVA! STAGE、駐車場をライブステージとしているのでしょうか天井がせまくちょっと広めのライブハウス的なCAVE STAGE、アリーナの外にあるフットサルコートを客席にしたGARDEN STAGE。GARDEN STAGEは無料で見ることができ、周りは屋台が立ち並ぶので、ここに参加するだけでもフェス気分は味わえます。
 
 見たのは、以下。かっこが無いものはフルで見ています。
  CHAI→小袋成彬→DOTAMA→D.A.N.(後ろ15分ほど)→Rei→MONO NO AWARE→King Gnu→Creepy Nuts→Spitz

 半分くらいは初めて見るアーチストでした。各組について感想を。

 

 

 CHAI
 VIVA! STAGEでキーボード/ボーカル、ギター/ボーカル、ベース、ドラムの女性4人組。初めて見ます。ピンクのつなぎっぽい格好での演奏。Foalsみたいなダンス志向強めなリズムにテケテケしたギターリフを組み合わせたアレンジ中心で、そこにヘリウム吸っているかのような高音ボーカルで、ニューウェーブ、ヒップホップ、ロック、ポップスなどいろんなタイプの曲を歌います。楽しく見せる術を心得ているかのようなライブでおもしろい。Cibo MattoやBuffalo Daughterのようにアメリカで受けそうな音という印象も持ちました。キーボードとギターは楽器弾かずに簡単なダンスしながら歌う場面も多々あり、そこではリズム隊だけの音になるのですが、そこも聞かせます。
 
 途中、自分たちのアルバム紹介をするところでは、最初キーボードとギターの2人がダンスしながらMadonnaの「Material Girl」のメロディに載せて歌いながらアピール、さらにベースとドラムも持ち場を離れてお客さんの手拍子のみで4人で踊りながらMr. Bigの「To Be With You」のメロディに載せてアピールしてました。おもしろい趣向。NEOかわいいという単語を繰り返し言っている場面があって、見てくれは悪いけど新しい概念のかわいいでやっていくんだ、みたいな決意を歌に乗せてアピールしていました。日本のお笑いを見ているとそれほど新しい概念ではない(アンガールズ、森三中、ハリセンボンなどが切り開いている)のですが、バンドだと珍しいんですかね。
 
 
 小袋成彬
 CAVE STAGEで「おぶくろ なりあき」と読むそうな男性ソロボーカル。初めて見ます。今年デビューして、いきなりいろんなフェスに呼ばれているので、(レコード会社等から)何かと推されているアーチストのよう。宇多田ヒカルプロデュースというのも話題要素として大きいでしょうか。ステージほとんど見えない位置から見たのでバックのメンバーは恐らくですが、ターンテーブル/機械、ギターの2人を従えたパフォーマンス。音数が少ないアレンジで、高音の多重ボーカルで聞かせる要素多くて、そこはJames Blakeっぽいなと思いました。地声で伸びやかに歌うところも多々あり、そちらに魅力を感じました。ソウルな感覚を主軸としつつ、どことなく和を感じさせるようなメロディもそこかしこにあって、そこが宇多田ともつながりありでしょうか。クラシックや管楽器などの音も組み込んでトラックとしてはおもしろいんだろうな、とも思いつつライブとしては音やボーカルにもうちょい抑揚、メリハリとか立体感的なものがあると、もっとのめり込んで聞けるかな、と思いました。
 
 
 DOTAMA
 CAVE STAGEで栃木県出身の男性ラッパー。初めて見ます。ターンテーブル奏者を率いてのライブ。いかにもなヒップホップのビートを軸にロックやゲーム音楽系統なテクノ、ポップスのトラックをバックにラップします。フラットながら聞きやすいリズムにかっちりはまったラップでかっこよい。栃木県で10年サラリーマンやりながら音楽活動していたそうで、その時をラップにした曲も。活動していたクラブの名前もでてきますが、現在では無くなっているクラブもあるとか。足利、宇都宮、高崎、桐生などの地名を聞いて、その地域のライブハウス、ホール、フェスなどには行ったことあるけど、クラブはさすがに無いなーと聞きながら思ったり。東京でもクラブに行くのは(いまだに)そこそこ勇気いるので、地方となるとさらに難しい。1曲ゲストラッパーを迎えて(たぶんKEN THE 390)「調子悪い」という曲をやって、ポップなメロディあってお客に手振りさせる曲で締めていました。
 
 
 D.A.N.
 VIVA! STAGEで1ヶ月ぶり5回目に見るD.A.N.を途中から少しだけ見ました。広い会場でも強くてかつゆらぎのあるリズムと浮遊感あるギター、キーボード、ボーカルで聞かせる世界は魅力的に聞かせていました。一個一個特別な音を仕込んでいるというわけではないのに、確固たる味わいがある音になっていて、好みな世界です。
 
 
 Rei
 GARDEN STAGEで1年ぶり3回目に見る日本の女性ブルースギター/ボーカルのライブを見ます。これまではベースとドラムを率いた3人編成のライブでしたが、今回はキーボード奏者も加わっていました。ステージあまり見えない位置で聞いていたので恐らくですがオワリカラのメンバーと思われます。序盤はそのキーボードの音が加わってポップな感じになっており、これまでと違う味わいがある聞かせ方をしていました。スクラッチ音も入れたりかわいさある要素を盛り込んでいて、世界観変えてきたのかな、と思っていたら後半は切れ味あるブルース中心にぶっとばしてきて、これまでと同じくかっけーとうなりたくなるライブを見せていました。小柄でかわいらしい風貌とギャップあるブルースなギターリフ弾きまくり、それに合ったボーカルを繰り出して会場を盛り上げます。ギターソロ弾きながら頭でキーボード弾くなんて荒業を繰り出していたりも。衣装も見る都度変えてきて、それ見るのも楽しいですね。今回は紺色のベレー帽に水色の半袖ジャケットといった格好がかわいらしかったです。
 
 
 MONO NO AWARE
 GARDEN STAGEで1年ぶり2回目に見る八丈島出身の男性ギター/ボーカル、男性ギター、女性ベース、男性ドラムの4人組のライブを見ます。前回見た時と同様にヘンテコさや不思議感あって耳が惹かれるライブ。蜃気楼感あるギターの揺らぎで酩酊状態で聞かせると思いきや、突如リズムパターンを変えてきたり、早いリフを入れてきたり。そこにフォーク中心のメロディで朴訥と歌っていくのが味あります。ラストの曲では電子ドラムパッドで4つ打ちなリズムを出して、そこに語り口調や沖縄民謡っぽいメロディで淡々と歌っていたら、途中でどしゃめしゃな楽器音を全員で繰り出したりとなんじゃこりゃってな曲の聞かせ方がおもしろかったです。
 
 
 King Gnu
 CAVE STAGEで3ヶ月ぶり2回目に見るボーカル/ギター、ボーカル/キーボード、ベース、ドラムの男性4人組バンド。デジロック、ソウル、ヒップホップな尖りある音やメロディを主軸としつつ、曲によっては昭和歌謡なポップス要素も入れてくる無邪気感あるライブ。天井が低いこの会場の特性か前回聞いた時よりも音圧高くて凶暴度高かったです。満員のお客さんを熱中させる(かっこよかったと複数の声聞きました)ライブでした。
 
 
 Creepy Nuts
 CAVE STAGEで男性MC、男性DJの2人組ヒップホップユニットのライブ見ました。初めて見ます。以前、テレビ番組で見てかっこよいトラックとラップに惹かれ、今回見るの楽しみにしていました。期待超えるかっこよくエンターテイメントなライブを堪能しました。最初の曲からギターリフガンガン鳴るトラックで、そこに畳み掛けるようなラップが乗っかってお客を盛り上げていきます。ここまでヒップホップのライブで縦ノリしまくるお客がたくさんいるというのも初めて見るような。「もっとさわげー」とか説教口調で盛り上げるのではなく、「いいねー、その調子だよー」と褒めて伸ばすタイプの口調でお客を煽っていくスタイルも新鮮。
 
 また2人のしゃべりが達者、、というかほとんど掛け合いの漫才。お客から好きな単語を募ってフリースタイルでその単語を入れたラップをするコーナーがあったのですが、単語募るところでお客いじりをします。「どこ出身ですか?長野?長野も(会場の)埼玉も田舎やな。」とDJが言うと、即座に「自分新潟やろ。何いうとんねん。」と即座にMCがツッコミ入れていて、その間が見事と思っちゃいました。募る単語は3つくらいかな、と思いきや6個も。「顔パス(今日MCが会場入る時にセキュリティに止められたエピソードで笑いを取っていた話から)」「埼玉」「ローストビーフ」「教員採用試験」「メロンパン」「二日酔い」となんのつながりもない単語を即興ラップの中に見事入れてました。その即興のすごさもさることながら記憶力もすごいな、と。ラップしながら(ってラップできないのでなんか話ながら)だとその場で聞いた6個の単語なんて自分なら余裕で忘れちゃいます。
 
 
 Spitz
 Star Stageで3年ぶり3回目に見るボーカル/ギター、ギター、ベース、ドラムの男性ロックバンド。ライブはサポートにキーボードが付きます。メイン会場ですが(立ち見となるアリーナでは)入場規制があるほどお客が詰めかけていました。最上階、ステージを横に見下ろすような位置の席から見ます。有名ベテランバンドで知っている曲が半分くらい。知っている曲になると、懐かしいと浮かれて聞いちゃいますね。最初の「涙がキラリ☆」からワクワクしました。他には「スパイダー」「チェリー]「春の歌」など。特に今回初めて聞けてうれしかったのが、「スピカ」。椎名林檎がカバーしたバージョンが好きで、いまだに聞いている曲でオリジナルのバージョンをライブで聞けたのうれしい。初めて聞く曲では「スピカ」の一つ前に歌った「ウサギのバイク」という曲のメロディが好みでした。バンドのスタイルも普遍ながら確固たる味わいあって、ライブも良いなと。派手な髪型をしているギターはそれほどアクション大きくなく、地味めな格好のベースが派手に動きながら弾くというライブスタイルも変わっていておもしろい。ラスト2曲の激しめなロック曲ではベースはステージをあちこち動き回り、スティックで弦叩いて鳴らしたり、ベースを放り投げて踊りだしたりとやりたい放題でした。
 
 
 この後、Star Stageのトリであるサカナクションというバンドを(見たことなかったので)見るつもりだったのですが、ハプニングが。トイレ行って席に着くまでに携帯を紛失してしまいました。。人生初めて。わたわたと探し回るも広い会場では見つからず、インフォメーションに行っても届けられていなく、翌日以降届いているかもしれないからここ電話してね、と紙渡されて、その日はすごすごと帰りました。。翌日連絡してみると、発見されていて、会場から近くの交番に渡しているので、と教えられ連絡先を聞いて、取りに行きました。会場スタッフと警察の連携がちゃんとできていて、確認と返却までのやり取りが非常にスムース。無事手元に返ってきたことにも感謝。ライブチケット高いなどと思わず、ちゃんと働いて税金も払い続けようと思いました。ライブは楽しかったのですが凹んだ一日となりました。インフォメーション行った時に同様のお客さんがチラホラと。何万人という単位だと携帯無くす人はそれなりにいるんですねー。

 

author:de nudge, category:festival(Others室内), 10:15
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:15
-, -
Comment