RSS | ATOM | SEARCH
2018/04/15 ヴィッセル神戸 at 横浜F・マリノス

【結果】
 2-1でヴィッセル神戸の勝ちでした。
 
【感想】
 J1の試合。日産スタジアムです。去年に引き続きチケットぴあで溜まったポイントを利用してチケット取って行きました。マリノスは今季より就任したポステコグルー監督のサッカーが相当おもしろそうなので、生で見たいと思っていました。バックスタンドからの観戦。
 
 マリノスは前任者モンバエルツと同じく3トップの両サイドがサイドラインいっぱいに広がる4-3-3の布陣。異なるのは中盤と守備ライン、GKの動かし方で、比較的ポジション固定しがちだったモンバエルツと異なり、流動的に選手がポジションチェンジしながら攻め立てる戦術。GK飯倉はものすごく前に頻繁に出てきます。守備ラインでボール回す時は、センターバックと横並びになったり、マリノスのコーナーキックはセンターサークルまで上がったりとゴールをがら空きにするリスク負ってます。
 
 さらにおもしろいのがサイドバックの動き方。ボール回しの時に中央のボランチの位置に来ます。これもサイドがら空きになるので相当なリスクですが、ショートパスがよく回ってボール奪われません。他の中盤メンバーも流動的に動いてボールを回していきます。ヴィッセルの選手は次々位置を変えていくマリノスの選手を捕まえられず、前半はプレスも効果なしでした。特に左サイドバック山中はあちこち動いて攻めに貢献、彼を見てるだけでも楽しいと思えるほどでした。ショートパスだけでなく、ヴィッセル選手が前掛かりにプレスしに来た時はロングパスも使うのが素晴らしい。相手をうまいこといなすボールの動かし方ができています。

 

 インサイドMFの天野は、中村俊輔(ジュビロ磐田)と中村憲剛(川崎フロンターレ)のハイブリッドと呼びたくなるプレースタイルで、線細いテクニシャンながら激しく動き、体も張る守備をしたりと見てて好感。ただ、ガツガツとした接触を厭わないので、よく倒れ込みます。見てて怪我が心配になっちゃいます。
 
 前線までボールをうまいこと運びますがFW陣が決定的な動き出来ず点につながりません。左FWのブマルはしっかりしたボールキープからいくつかチャンス作りますが、中央FW伊藤と右FW遠藤はあまり効果的でないです。中央に位置してチャンス伺う伊藤はペナルティエリア付近を細かく動いてボールもらおうとしますが、イマイチ。ボール持ってもシュートまでつなげられません。
 
 対するヴィッセルは4-4-2。前線にポドルスキ、レアンドロ、ウェリントン、ハーフナー・マイクなどスター選手がいるチームですが、それらの選手は怪我なのか全員お休み(ベンチにも入らず)で、若手多め(なのかな?)で前線と中盤を構成してきました。ボランチの三田、左MF田中以外は初めて見る選手。DF、GK陣は安定しているようで、知った名前が並びます。左サイドバックは今季タイから加入してきたティーラトン。ゾーンのコンパクトな守備からプレスでボール奪ってカウンターの趣向ですが、前述の通り前半はマリノスのショートパスの手を焼いて、圧倒されます。ただ、決定的なチャンスまでは作らせず0-0で前半終了。
 
 後半開始ヴィッセルは2人選手入れ替えてきました。ボランチ藤田が入ったことで中盤が安定。プレスも何回か引っかかるようになってきます。ただ先制点はマリノスでした。ヴィッセルのコーナーキックを防いだマリノスは怒涛の選手の駆け上がりでボールをつなげてブマルが一人選手交わしてトーキックでゴール。マリノスは相手コーナーキックの時に全員自陣に戻るのですが、そこからうわーっと駆け上がってボールをつないでいく連携が見事でした。しかし、直後にFWブマルとインサイドMFバブンスキーが交替してしまいます。体力的な面もあったのかもしれませんが、いい動きをしていた選手2人交替で流れが変わってしまいます。
 
 浅いマリノスの守備ラインを2回突破されてボランチ三田、後半途中で入った(元マリノスの)渡邉にゴールを決められて逆転許します。中盤の守備やボール回しのミスを突かれた形。マリノスは中央FW伊藤に替えて、(元々レギュラーの)ヴィエイラを入れますが、攻撃が停滞してボールが回ってきませんでした。そのまま後半終了してマリノス負けました。
 
 ヴィッセルは粘り強い守備で耐えて、疲れの見えたマリノスからうまくチャンスを見つけてゴールに結びつけました。レギュラー選手が欠けた中でのしてやったりのサッカーが出来たのではないでしょうか。マリノスは非常におもしろいサッカーをしていて、これで勝ちに結びつくと最高ですが、そうはうまくいかないですね。。J2所属のジェフ千葉もそうですが、浅い守備ラインでリスク高いサッカーやるチームが点を取れない時に、体力落ちた後半に相手プレスに引っかかる対策がどう打てるかですね。別モードの体力負荷少ないスタイルを用意しておいて、いざとなった時にそちらのモードで対応することが現実的な気がします。理想を追求すると今のスタイルで90分動き続けてひたすら点を取っていくことですけど、そこまで辿り着けるでしょうか。
 

author:de nudge, category:Jリーグ, 09:13
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:13
-, -
Comment