RSS | ATOM | SEARCH
2018/02/15 Bonobo at EX THEATER ROPPONGI

 イギリス・ブライトン出身のSimon Greenの一人ユニットBonobo。去年のフジロックでライブ見て感激して、今回の単独公演も楽しみにしていました。フジの時はかなりの前方で見ましたが、今回はフロアの最後方辺りでステージはほとんど見えない位置から見ました。チケット売り切れで会場満タン。
 
 メンバーはフジの時から増えていて、機械操りつつベースも弾くGreenに加え、男性ドラム、男性ギター、男性サックス/クラリネット/フルート、男性トランペット、男性トロンボーン、男性キーボード、女性ボーカルが加わった8人編成。曲によりメンバーが引っ込み、小編成でやったりするのも前回と同じ。アンコール含めた1時間半ほどのライブは音の気持ちよさを随所に味わえました。
 
 ステージ後方には大きなスクリーンに映像が流されます。壮大な風景を映したものが多く、音楽ともマッチ。大地の息吹が感じられる音といいたくなる曲が多く、エレクトロニックな音に生音が次々と浮き出てきてうっとりと聞かせられます。展開も滑らかでリズム無しの場面もだれたりせずに聞き入りました。抑制の聞いた音が主軸でありながら、ハウスなビートなどが入ってくるところでは、ダンスミュージックとしても聞ける気持ちよさがあったりと盛り上げ所も随所に。
 
 曲によりボーカルが入りますが、そのアフリカン、耽美的な要素がある声もものすごく楽曲に合っています。音源ではRhyeがボーカルを担当している「Break Apart」も違った味わいがあって、彼女が歌うバージョンも良いなーと。3人の管楽器隊の音も雄大さに貢献していて、他の音に溶け込んでいくような抑えた吹き方をしていて聞き入りました。
 
 楽曲、ライブ全体の構成が確固たる世界のもので、堪能しまくりでした。音ほとんど途切れない中、曲間でたまに短いMC入れたりしていましたが、にこやかな挨拶で好漢なんだろうなーというところも感じられて良かったです。

 

author:de nudge, category:live(Othersライブハウス), 08:30
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:30
-, -
Comment