RSS | ATOM | SEARCH
2017/08/06 Hello! Project 2017 SUMMER at 中野サンプラザ

 ハロープロジェクト所属のアイドルが揃うコンサート。この日1日3回公演ある1回目に行きました。2パターンありこの回は「HELLO! GATHERING」というハロコン独自のユニット組んだり、各グループの曲をカバーし合うコーナーがあるのがメインのもの。
 
 6月〜7月にかけてハロープロジェクトはいろいろな動きがありました。後ほど触れますが、まずはコンサートの感想を。席は1階真ん中より前目でステージ向かって右側の位置。ステージには50人以上のメンバーがなんやかんややっているので、起きていること全てを把握するのは不可能。自分の目についていることで覚えていることを。
 
 最初はお馴染み選抜メンバーによるダンスコーナー。2チームに分かれて曲変えてやっていました。ヒップホップ、デジタル感漂うブレイクビーツものの曲だった印象。ステージ照明も明るめになっていて、メンバーが誰かってのも分かりやすくなっていました。ダンスコーナーは見せ方がどんどん洗練されてきて、楽しみやすくなってきています。小顔でスタイルの良い浜浦彩乃(こぶしファクトリー)の動きのキレ具合が良い感じ。その後の歌でもかっこ良いなーと思う場面がいくつか。和田彩花(アンジュルム)は三つ編みでのパフォーマンス。その後は髪型変えていました。
 
 ステージにあるひな壇に出番の無いメンバーが入れ替わり座って応援するのもハロコン独自の演出で、ついついそちらに目が行ってしまうことも。各グループ紹介VTRが流れている時の岸本ゆめの(つばきファクトリー)がめちゃくちゃ元気。グループ紹介されるごとに腕を挙げて盛り上げておりました。こぶしファクトリーがモーニング娘。'16の「ムキダシで向き合って」をカバーしている時に、ひな壇の佐々木莉佳子(アンジュルム)と笠原桃奈(アンジュルム)にもつい目が行ってしまいます。この曲はサビで着ているジャケットをめくる振付があるのですが、ひな壇で笠原と佐々木が交互にその振付をアホ顔でやっているの笑ってしまいました。特に佐々木の表情がおもしろ過ぎ。
 
 Juice=Juiceはこぶしファクトリーの「バッチ来い青春!」をカバー。元気いっぱいの曲をJuice=Juiceにカバーさせるってのもおもしろい(と思いつつ本当はモーニング娘。'17の「ジェラシー ジェラシー」をカバーして欲しかったなーと)。ラストサビ前のピッチャーがボール投げてバッターが空振りする場面は宮崎由加(ピッチャー役)と植村あかり(バッター役)でやっていました。バッターは客席に見えるように左利きでバットを振る仕草をするのですが、右利きの植村がやるとやや不格好(でもかわいらしい)でした。
 
 モーニング娘。'17は「独り占め(つばきファクトリー)」をカバー。ラストのソロパートを羽賀朱音と尾形春水で担当。ソロの歌割りが少ない2人ですが、個人的には今のモーニング娘。'17の中では好みの声質の2人で、やっぱ良いなーと。子供っぽい歌いながら大人な響きがある羽賀の声と、舌足らずでそんなにうまいわけでなないのですが悪びれた感じなくかわいく聞かせる尾形の声がいい感じでした。
 
 司会はいつものまこと(シャ乱Q)に加えて、山木梨沙(カントリー・ガールズ)と小関舞(カントリー・ガールズ)がサブ司会としてサポートしていました。才女の山木の話しっぷりの良さは認識していましたが、小関がしっかり落ち着いた声でアナウンスをしていたのが印象的。
 
 ハロコン独自のユニットを組んで歌うシャッフルユニットのコーナーも全員がどこかのユニットに参加していました。今年のハロコンから始めたメンバーが自分で衣装を買ってくるのも継続。今回はあらかじめ歌う曲が決まっているので、それに見合った服装を選ぼうという方針が出されていたようです。同じ曲をテーマとしているのにも関わらず個性が出ていておもしろかったですね。 「SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜(モーニング娘。)」を和田彩花(アンジュルム)、室田瑞希(アンジュルム)、川村文乃(アンジュルム)、秋山眞緒(つばきファクトリー)の4人で歌うのですが、川村と秋山は白基調の清楚な感じであるのに、対し和田と室田はギャルギャルした派手な格好をしていました。
 
 「色っぽい女 〜SEXY BABY〜(カントリー娘。に石川梨華 (モーニング娘。))」は、佐藤優樹(モーニング娘。'17)、横山玲奈(モーニング娘。'17)、勝田里奈(アンジュルム)、植村あかり(Juice=Juice)、山木梨沙(カントリー・ガールズ)、高瀬くるみ(ハロプロ演劇セクション)の6人で歌うのですが、高瀬のみ麦わら帽子やデニムの短パンで元気いっぱいな格好に対し、他の5人はタイトル通りセクシー目な格好、山木は赤基調のタイト目なドレススーツで、他メンバーは黒基調でした。高瀬は知らないメンバーだったので、後ほど新メンバーと紹介されるまで誰だろう?藤井梨央(元こぶしファクトリー)にも見えるけど、もうハロコン出てないんだよな、、と思ってこの曲は見ていました。
 
 そして高瀬含む、新たにハロプロに加入したメンバーが紹介されてそのメンバーで一曲歌っていました。回ごとに一人インタビューする形式のようで、この回は一岡伶奈(新グループのリーダー就任予定だそう)にインタビュー。はまっていることかなんかがテーマで、マインクラフトというゲームにはまっていて熱く語っていました。一度スイッチ入ると話止まらなくなるタイプのようで、司会陣あぜんとする中おかまいなしにゲームの魅力を長いこと語っていました。名前聞いたことある有名ゲームなので知っている人からすると、ウンウンとなるのでしょうが自分もよく分からず。。「ウールで車作るんですよー」と語っていて「ウールで?」と反応した山木のポカーンとした表情がおもしろかったです。良いリアクションでした。
 
 「I&YOU&I&YOU&I(タンポポ)」を野中美希(モーニング娘。'17)、上國料萌衣(アンジュルム)、野村みな実(こぶしファクトリー)の3人で歌います。この曲は「All of タンポポ」という2002年に発売されたアルバムに収録されている曲でシングルではないにも関わらず、ハロコンやバースデーイベントなどで歌い継がれている曲。王道ポップス極めたようなかわいい曲で、自分もめちゃ好きな曲。浮かれて聞いちゃいました。3人のかわいらしく聞かせる声もはまっていました。
 
 解散、無期限活動停止したグループのBerryz工房、℃-ute、Buono!の曲も一つずつカバー。1曲ごとに2グループが担当して1コーラス目と2コーラス目が別グループ担当してラストサビで2グループ揃う見せ方が良い感じ。終盤にはそれぞれ持ち曲を1個ずつ披露。こぶしファクトリーの新曲「エエジャナイカ ニンジャナイカ」は主演映画のテーマ曲で忍者の格好して歌うコミカル過ぎる曲。サビのメロディがくせになる感じで、最初なんじゃこりゃと思いつつどんどんはまって仕事している時にふとメロディがぐるぐる駆け巡ったりしました。つばきファクトリーの新曲「ハナモヨウ」はスピード感あるデジタルビートの曲でフォーメーションダンスとともにかっこ良いパフォーマンスを見せます。小片リサのダンスがすごくかっこ良く、キレのあるダンスのみならずフォーメーション変える時に場位置に移動する動きすらかっこ良いなーと。おねえさん風情な小片の風貌が好きで、同様なタイプで好きな金澤朋子(Juice=Juice)とシャッフルユニットの中で2人で歌う場面があって、そこぐっときました。
 
 ラストは全員揃って「リズムが呼んでいるぞ!(カントリー・ガールズ)」と「ドンデンガエシ(アンジュルム)」を歌って終了でした。公演時間は1時間45分ほどとこれまでより若干短めになっていましたが、後で触れる怪我、病欠メンバーが多くなっていることを考えると、ちょっとでも負担減らした方が良いですよね。公演自体は見どころ満載で満足でした。
 
 おまけで6月〜7月に起きたハロプロの大変動について。
 
 

 元々予定されていた℃-uteの解散(6/12)、嗣永桃子のハロープロジェクト及び芸能界卒業(6/30)ってだけで大ごとなのですが、さらにいろいろと動きがありました。
 
 ・カントリー・ガールズの森戸知沙希はモーニング娘。'17、梁川奈々美はJuice=Juice、船木結はアンジュルムに移籍してメインの活動を行う。山木梨沙と小関舞は学業優先でカントリー・ガールズは限定的な活動をするユニットになることに。
 
 ・ハロプロ研修生の段原瑠々はJuice=Juice、川村文乃はアンジュルムに加入、一岡伶奈は新グループのリーダーとして就任予定。
 
 ・今年の夏のハロープロジェクトコンサートを持って卒業予定だった藤井梨央(こぶしファクトリー)は「ハロー!プロジェクトのルールに反する事案」が発生して専属マネージメント契約を終了。予定より2ヶ月早く芸能界から姿を消すことに。
 
 ・小川麗奈(こぶしファクトリー)は不安神経症のため、当面休養。
 
 ・相川茉穂(アンジュルム)は今年初めから発症したパニック障害で引き続き休養。
 
 ・浅倉樹々(つばきファクトリー)は腰椎椎間板ヘルニアのため、当面の間ステージ活動は見送り。
 
 ・宮本佳林(Juice=Juice)は機能性発声障害のため、当面の間声を出す仕事は見送り。
 
 とまあ、てんこ盛り。一個一個あれこれと思ったりすることもあるのですが、自分の人生のままならない中、人前に立ってパフォーマンスするという大変な仕事をしている方々と、それを20年近くも支えてきた組織が行う意志決定になんやかんや言う資格は無いです。ただ、あまりに変化が多いとどこかでついていけなくなるなーと思ったり。ハロープロジェクトはスポーツチームと同じ感覚、メンバーチェンジが頻繁に発生するグループであることを前提に楽しむものということは分かってもいるのですが。
 
 自分はPerfumeのファンでもあるのですが、Perfumeはハロプロと比べると活動密度が薄い、単独ライブも年数回のみ、ですがメンバーチェンジもなくコンスタントにリリース(アルバムは2,3年に1回必ず出している)しており、細く長く楽しめます。ハロプロでもそういったグループが1,2個くらいあっても(前でいうと℃-ute)良いんじゃないかなーと思ってたりするのですが、難しいんでしょうね。。まあ一回ファンを(10年近く)離れて4年前に戻って来た人間なので、いつか離れることがあってもまた興味出てきた時に戻ってくればいいかなくらいに思って、楽しめる限り楽しんでいこうと思います。
 
 怪我や病人が多いのは、仕事の量が多いのが原因の一つとしてあるのかなーと。コンサートのみならず、テレビ・ラジオやら握手会、舞台などなど。それに加えて毎日のようにブログ書いたりと本当に忙しそう。個人的にはあまり興味なく、かつメンバーの負担が高そうな握手会と舞台って減らせないのかしら、、と思ったりするのですが、それを必要としているファンも多いのでしょうし、難しいんでしょうね。ブログだって毎日のように書かなくても良いんじゃないかなーと思うのですが。
 

author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 10:29
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:29
-, -
Comment