RSS | ATOM | SEARCH
2017/07/30 Fuji Rock Festival at 苗場スキー場(三日目)

フジロックの長めの感想文です。
 
【7/30(日)】
以下のような順番です。カッコが無いものはフルで見ています。
 Kenji Jammer+石井マサユキ+クニ杉本→Real Estate→Maggie Rogers→Slowdive→Bonobo→Trombone Shorty & Orleans Avenue→Bjork
 
 

 この日は朝は晴れ。そこから雨降る時もそれなりにあったものの3日間の中では一番快適な日となりました。
 
 
 Kenji Jammer+石井マサユキ+クニ杉本
 ピラミッドガーデンでギター×2、ベース/キーボード/PCの男性3人ユニットを見ます。Simply RedのメンバーでもあったKenji Jammer主導のユニットで彼が以前作ったアルバムの曲をこのユニットで行うよう。律儀に毎回曲名紹介してのライブ。インスト曲ですが曲名からイメージされるような音世界で、ゆったりとしたアレンジとともにリラックスして聞き入りました。「Slow Starter」はハワイに合いそうな曲。「Lazy Sunday Dreamer」はスティールギターの音色にほんのりとしたアコースティックギターの音が加わって輪唱っぽく聞かせる、日曜の朝にふさわしい曲。「Daddy's Delight」はのんびり感ある音にピュイーンみたいな擬音の音が飛び交うもの、ラストにやった「City Tribe」はゆったりとしたリズムトラックながらカンカン鳴る音やギターの音がドライブミュージック感ありました。
 
 
 Real Estate
 ホワイトステージに移動してアメリカ・ニュージャージー出身のボーカル/ギター、ギター、ベース、キーボード、ドラムの男性5人組を見ます。2年半ぶり2回目に見るバンドで、前回聞いた時も良いなーと思いましたが、今回も同様に気持ち良さある素晴らしいライブ。ミドルテンポのリズム主体で酩酊感あるギターやキーボードの音色が好みで、歌のメロディも良い感じ。「Had To Hear」の朴訥なメロディなんて聞き入っちゃいます。お客もただ聞き入るだけでなく、「It's Real」のサビの「おーおおー」部分は手を挙げて合唱します。多くの曲でインストパートをラストサビ前後でたっぷりと聞かせることもやっていて、その部分もすごく良い。特にラストでやった「All The Same」は、そのままでもずっと聞いていられる気持ち良いリフをどんどんスピードアップして聞かせてドカンと盛り上げていました。メンバーの衣装はギター奏者だけ白いシャツをオシャレに着こなしていましたが、他のメンバーは田舎のあんちゃん風情。ただその中でもドラム奏者は少し若さある感じだったかと思います。来ているTシャツがDJのMoodymannの顔が入っているものでした。音楽的なつながりはあまり無いように思うのですが、好きなんですかね。
 
 
 ふもとに降ります。グリーンステージを通り過ぎる時にやっていたLukas Grahamというデンマーク出身の男性ボーカルの声量にびっくり。大きなステージに映えるすごい声でソウル曲歌っていました。これだけの声量誇れれば、無理に叫んだりしなくてもお客の心打つことできるなーと。
 
 
 Maggie Rogers
 レッドマーキーでアメリカ・メリーランド出身の女性シンガーを見ます。今年デビューしたばかりだそう。キーボード、ベース、ドラムを率いた編成。白基調にパステルな動物の陰影が描かれたのつなぎを着ていて、さらにその上を同じ柄のショールを羽織ったポップな格好で登場。髪を束ねていてかわいらしい。最初の曲の歌い始めで束ねた髪を振りほどいて大人っぽく変身します。その後も束ねたりほどいたりを繰り返していました。ドリーミーなシンセポップが中心で踊りながら、時にはドラムマシーン叩いたりしながら歌っていました。ギター弾きながら歌う曲もあって、それらはUKロック的なメロディな印象。その他にソウル風味な味付けのあるメロディの曲もありました。最後に歌った曲は有名のようでお客からの反応が相当熱烈。その反応にRogersはびっくりしていました。かなりうれしそうで良い締めでした。
 
 
 オアシスエリアでごはん食べます。その時にこの日レッドマーキートリのThe Strypesのミニライブを見ます。ボーカル、ギター、ベース、ドラムの4人組ですが、このミニライブはドラム奏者もギターを弾くアコースティックスタイル。軽いウォームアップ的なライブではあるのでしょうけど、その中でもベースの早い弾きっぷりはすごいなーと。
 
 
 Slowdive
 イギリスのベテランシューゲイザーバンド。男性ボーカル/ギター、女性ボーカル/ギター、男性ギター、男性ベース、男性ドラムの5人組で初めて見ます。自分はシューゲイザーバンドってMy Bloody Valentineしか知らないので、比較対象が一個だけになっちゃうのですが、結構違うタイプだなーと。轟音の中溶けるような声の男女ツインボーカルという共通項はありながらも、SlowdiveはMogwaiのようなポストロック的なアレンジの曲が多かった印象。静かに聞かせるところからじわじわと轟音モードにシフトし、ギターノイズも交えて弾けるようなミドルテンポの曲はぐっとくる瞬間多々でした。中盤でやった曲は入り方が変わっているものがあり、それらがSlowdiveならではなのかな、と思ったりした凝ったアレンジのロック曲でした。
 
 
 移動の途中ではグリーンステージで日本の女性シンガーYUKIが歌っていました。通りすがりにちらっと見ただけですが、管楽器や弦楽器奏者などを引き連れてのゴージャスなステージでした。今年出演したCoccoやYUKI、2年前出演した椎名林檎など有名所の日本の女性シンガーはたまに呼ばれる(昔、Superflyとか出たことも)印象ですが、来年はどうなるんですかね。どうせ呼ぶなら他のフェスには出演しないようなアーチストを呼んで欲しいなーと。具体的にはaiko、宇多田ヒカル、安室奈美恵とか。宇多田ヒカルについてはもしかして今年声掛けてたりするんじゃないかな?と思ったり。共演歴があるThe Back HornやPUNPEEが今年フジロックに出ているのがそう思った理由ってなだけですが。
 
 
 Bonobo
 ホワイトステージに移動してイギリス・ブライトン出身のSimon Greenの一人ユニットBonoboのライブを見ます。機械操りつつベースも弾くGreenに加え、男性ドラム、男性ギター、男性サックス/クラリネット/フルート、男性キーボード、女性ボーカルが加わった6人編成。曲によりメンバーが引っ込み3人でやったり、5人でやったり、全員でやったりと。1人のみの曲とかもありました。1人の曲はトラック流しつつかっこ良いベースを組み合わせていて、このパターンだけでもずっと聞いていられると思えるものでした。ドラム奏者はレギュラーグリップで叩く場面が多くあり、人力ダンスバンドでは珍しいなと思ったり。Boredomsのyo2roくらいしか記憶に無いですね。
 
 全ての曲について壮大な風景を描いたような(ステージ後ろのスクリーンに映る映像もそのようなもの)音像で、ハウスなビート主体のダンスミュージックとしても楽しく聞けますが、そのスケールの大きさの音自体に何より惹かれます。そこかしこにアフリカンな要素の音も入れ込んでいて、アフリカ系のボーカルとの相乗効果もありました。ボーカルはパワー抑えめで、通り良いぬくもりのあるもので好みでした。
 
 
 Trombone Shorty & Orleans Avenue
 フィールドオブヘブンに移動してアメリカ・ニューオーリンズ出身の男性トロンボーン奏者が組むバンドのライブを見ます。2010年のフジロックで見て以来2回目。トロンボーンの他にトランペット/ボーカルも担当するTrombone Shortyの他に、ギター、ベース、ドラム、テナーサックス、バリトンサックスという編成。1時間10分ほどのライブは音自体のおもしろさ、ライブならではのエンターテイメントっぷりな仕掛け満載で大盛り上がり、浮かれまくりで聞きました。ニューオーリンズ出身の管楽器中心バンドながらセカンドラインの要素は無く、ファンクメインのミクスチャー的な音楽ってな印象。ベースと管楽器隊のノリがおもしろく、演奏しながら踊りまくり。
 
 ギターソロのところでTrombone Shorty含む3人の管楽器隊が踊りながらギター奏者の周りを取り囲んで吹き始めてギターソロとがっぷり4つに組んだり、ベースソロではステージ駆け巡って弾きまくりしまいに倒れ込んで寝転がったまま足じたばたさせてベースソロを弾く中、管楽器隊が周りぐるぐる回ったり。その他、管楽器ソロは短いそれぞれのソロをリレー形式で受け渡すのですが、対面形式でソロを取るのでラップバトル的な見せ方になっていておもしろかったです。中盤ではお客を全員しゃがませて、じりじりとために溜めてせーのの合図で全員立ち上がってはしゃぐ場面があったのですが、なんとそこで演奏した曲がRed Hot Chili Peppersの「Give It Away」。バリトンサックス奏者が楽器置いてマイクを持ち、「Give It Away」のラップ部分を歌うのですが、そこもおもしろかったです。ちょっと太った厚切りジェイソンみたいな風貌を持つバリトンサックス奏者は、サックス吹く時の音はかっこ良いものの振る舞いがどこかヘンテコで、ラップについてもそんなうまいものではないのですが、その懸命さがパーティー感覚を呼び起こしていました。
 
 さらにThe Rolling Stonesの「(I Can't Get No) Satisfaction」やJames Brownの「Get Up(I Feel Like Being)A Sex Machine」なんかも盛り込んでいました。Trombone Shortyはかなりの曲で歌っていて、「Get Up(I Feel Like Being)A Sex Machine」も歌っていたのですが、その振る舞いとボーカルがとってもかっこ良い。終わり部分では管楽器隊のみで有名ディキシーランド・ジャズナンバーの「When The Saints Go Marching In」をやったのですが、ここも非常に良かったです。お客も「ララララー」と合唱して応えている空間が幸せで満ち溢れていました。
 
 
 Bjork
 グリーンステージのトリのアイスランド・レイキャビク出身の女性シンガーを見ます。9年前に武道館で見て以来2回目。過去フジロックに何回か出演していますが、自分は初めてフジロックの場で見ます。アンコール含め1時間半ほどのライブ。毎度編成をあれこれと変えているようですが、今回の編成はびっくり。この1回のためだけに、ここまでやるかーと感心しきりのライブでした。初日に出ていたArcaがトラック出しを担当する以外は20人くらいの弦楽器隊。室屋光一郎ストリングスという弦楽器隊で日本人。恐らくBjorkはかなり前から日本に滞在してリハーサルを重ねたものと思われます。
 
 Bjorkの衣装は奇妙奇天烈。遠目には白とピンクのティッシュで作ったんじゃないかと思うようなもので、白のティッシュはツタンカーメンのように顔に張り巡らせて、ピンクのティッシュは今くるよを思わすようなふわっとした感じで全身を包んでいます。映像もかなり凝っていて大きく2パターン。1パターン目は映像自体にBjorkが映っていて、加工された映像の中Bjorkが歌い踊っているもの。それとライブでBjorkが歌い踊るのとシンクロしたりします。もう1パターンは自然の風景を撮ったもので動物ものが多かったです。初日のArcaのDJ時に映された映像とも似ていて、あそこまでグロいものは無かったですが、大きい蜂が小さな蜂を襲うものや、複数のへびが絡まって岩道を進んでいくものなど迫力ある映像をリアルに映していました。なんかArcaのDJを見ていて良かったなーと、ArcaのライブとBjorkのライブを流れで捉えた気になりました。
 
 Arcaのトラックも派手さはないシンプルな枠組みながらかっこ良い刺激あるもので、このトラックに弦楽器の音が響いていく様がすごい。野外の大きな空間でこの音を味わえるのはすごいなと。ただ、このライブの時間帯雨降ってなかったら体験できたことで雨降っていたら、同じ感覚が味わえたのかしら?と思ったり。凝った演出は他にもあり、2曲ほど映像を流さず、生のBjorkを映すのですが、Bjorkはステージをあれこれとヘンテコなダンスをしながら動き回りつつ歌います。この辺も事前にリハーサル重ねているんでしょうね。終盤ではスクリーンの映像が花火っぽいものが流れたと思いきや、スクリーン手前に火花が。ステージの中で危なくないのかしら、と。さらにアンコールラストの代表曲「Hyperballad」では、ステージ後方から派手な花火が行きかいます。これは以前のフジロックでも見せていたお馴染みの演出らしいのですが、自分が体験するのは初めてでびっくらしました。
 
 
 終了後、混雑が落ち着くのをグリーンステージで待った後、オアシスエリアに向かいます。苗場食堂という大きな屋台が出しているステージ(以前は屋台裏にあったのが、今回から場所移動して切り離されてました)でUHNELLYSをラスト15分ほど見ます。男性ボーカル/バリトンギターと女性ドラムのコンビで5年ぶり3回目に見ます。相変わらずのかっこ良さで相当盛り上がってました。バリトンギターやボーカル、小型トランペットなどを使って、その場で出した音をサンプリング、ループさせてトラックを作って、その中をラップしたりギター弾くのですが、その生で作り出すざらついたグルーヴがすごくかっこ良い。
 
 元々考えていた予定では、この後深夜24時からレッドマーキーで始まるGoldroomを見ようと考えていたのですが、靴擦れでできた豆が痛すぎて断念。おとなしくキャンプサイトに戻り、お風呂入って就寝。翌日7時に起床してテント片付けて宅急便で郵送、帰宅しました。
 

author:de nudge, category:festival(Fuji Rock), 06:57
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 06:57
-, -
Comment