RSS | ATOM | SEARCH
2017/07/29 Fuji Rock Festival at 苗場スキー場(二日目)

フジロックの長めの感想文です。
 
【7/29(土)】
以下のような順番です。カッコが無いものはフルで見ています。
 sugar me→Jake Shimabukuro→Anly→The Avalanches→Death Grips→Declan O'Donovan→Yasei Collective & THE MAKER - 伏見蛍+ナスノミツル+沼澤尚→LCD Soundsystem
 
 

 この日はジプシーアバロンという、フィールドオブヘブンとホワイトステージの間にある客席が傾斜のある芝生席になっているステージを中心に過ごしました。のんびり感漂うステージで座って見ることができるアクトが多くて、フジロックとしては比較的楽に過ごせた一日でした。それでも雨に打たれてしんどい時間も少々。
 
 
 sugar me
 アバロンで日本の女性シンガーを見ます。ギター、ベース、ドラム(翌日トクマルシューゴにも出るイトケン)を率いた4人編成のアコースティックセットでした。セッティングから見ていたのですが、「早く集まってくれたお客さんにサービス」ということでThe Carpentersの「Top Of The World」を披露していました。初めて見るシンガーで、女優さん的風貌でアコースティックなセットに合った涼やかな声で歌います。最初と最後の曲はソロの弾き語り。Predawn的なメロディを聞かせていました。バンドセットは大人締めな曲中心ながらいろんなタイプのものを。ボサノバものやThe Carpentersっぽいメロディのものなど。The Moldy Peachesのカバー(たぶん「Anyone Else But You」という曲)なんかも聞かせていました。sugar meはアコースティックギターのみならず、小型キーボードやおもちゃの鉄琴、ハーモニカなども担当してかわいらしいアレンジを演出。フジロック初出演だそうで、前日自分がやるアバロンステージ見に行こうとしたら、通り過ぎてフィールドオブヘブンまで行ってしまったとか。ラジオのDJもされているそうで、MCでメンバーに聞きまわるなんてインタビュワーっぽいことをやっていたりも。今日楽しみにしているアクトを聞いていましたが、The Avalanchesに一票、Lemon Twigsに二票でした。
 
 
 Jake Shimabukuro
 グリーンステージでアメリカ・ハワイからやってきたウクレレ奏者のライブを見ます。テレビでも紹介されているのを何回か見た有名ウクレレ奏者で、フジロックも4回目の出演となるそうです。自分は見るの初めてになります。晴れていたら気持ち良い音楽だろうなーと思っていたのですが、残念ながら小雨降る中で。それでも気持ち良さありつつ聞きどころある楽しいライブ。ベースとドラムを率いた編成。広い空間に鳴るウクレレの音が気持ち良い。自分のような素人でもわかるテクニックのすごさで、ベースとドラムとも良いかみ合わせを聞かせつつ、リフと細やかなソロの弾きまくりを交互に繰り出します。曲はオリジナル以外にハワイ伝統ソング、Queenの「Bohemian Rhapsody」のカバーなど。「Bohemian Rhapsody」をウクレレでカバーってのも意外ですが、おもしろく聞かせていました。中盤はドラム奏者が引っ込んでベースとの2人で3曲ほどやっていましたが、その聞き味も良い感じ。何回も日本に来ていることからMCでは日本語も織り込んでいて「ヨロシクオネガイシマブクロー」とダジャレを何回か言ってました。お気に入りのフレーズなんですかね。
 
 
 Anly
 アバロンに戻って去年Rock In Japanで見た20歳という若い女性シンガーを見ます。去年見た時はバンドセットでしたが、今回はソロの弾き語り。ブルースが軸で日本のポップスな要素をほどよく混ぜたような曲が多かった印象。ギターリフやボディ部叩いて作り出した音をサンプリング、ループさせて重ねた音の中、歌うなんてことも2,3曲でやっていました。その内の1曲がそれが得意なEd Sheeranのカバー。そのカバー曲を歌った後に音を途切れさせることなく自分のオリジナル曲につなげた展開が良かったです。カバー曲は他にもあり、Led ZeppelinやThe Beatlesのカバーも。The Beatlesは「Come Together」でした。お父さんが昔の洋楽が好きでお家にたくさんあったレコードを聴いて育ったそうで、その影響が強いそう。
 
 
 ふもとに降ります。行く道ではホワイトステージで10-FEETが、グリーンステージではCoccoがともにこれでもかと絶叫していました。Coccoは「焼け野が原」という曲をまるまる聞きましたが、鬼気迫る感じのボーカルが大きいステージに映えてました。レッドマーキー隣にあるオアシスエリアという屋台が並ぶ食事処で遅めの昼食を取ったのですが、その時偶然にThe Amazonsというレッドマーキーで演奏終えたばかりのバンドのミニライブを見ることができました。
 
 
 The Avalanches
 グリーンステージでオーストラリアのサンプリングユニットのライブを見ます。去年出演予定だったのが(確かメンバー病気で)キャンセルとなって残念無念だったのですが、無事今年出演決まってうれしかったです。自分としては珍しく前方のモッシュピットに入って気合入れて見ました。元々2人組のようですが、ライブは男性キーボード/PC、女性ボーカル、男性ラッパー、男性ギター/キーボード、女性ドラムといった5人編成。様々な曲を取り込んで一つの曲に落とし込むサンプリングの巧みさが売りのユニットですが、曲自体の聞き味はたくさん詰め込んでいることとは無縁なもの。陽光な夏の日差しの中、海岸沿いの道をオープンカーで走っており、その車のラジオから流れて来る曲ってな印象のカラっとしたサウンド。
 
 ライブもそのイメージに忠実にライブならではの味付けを凝らしたものでした。ドラムの弾けるような感じもありつつの単調なリズム、ジャーンと鳴るギター、曲により入るラップなどなど良い意味のチープさが楽しい。一曲目の「Because I’m Me」から大盛り上がりでした。良い感じに体を揺らしつつ、楽しい要素あるライブを堪能。一曲女性ボーカルがなぜかバットを振り回しながら歌ったりも。「The Noisy Eater」という曲ではThe Beatlesの「Come Together」の一節を歌ったりしているのですが、まさか2つのアクト連続で「Come Together」を聞くことになるとはと。ラストは代表曲「Since I Left You」で大団円でした。この曲をライブで味わう時が来るなんてなーと。
 
 
 Death Grips
 ホワイトステージに移動して2013年のフジロックで見て以来2回目のDeath Grips。その時と同じくMC、キーボード、ドラムの3人編成。MCのMC RideとドラムのZach Hillはステージに登場するなり上着脱いで上半身裸になって演奏開始。どしゃめしゃなノイズに怒涛のドラムの中、MCのラップと咆哮が加わる世界は前回と見た時と同様。今回も刺激たっぷりで心持ってかれまくりの素晴らしいライブ。ほぼ音が止まることなく1時間。緩急も多少はありますが、とんでもない体力を感じさせるドラムの叩きっぷりと、MCの咆哮。キーボード奏者はクールな佇まいで、パキっとした動きと音を連動させるかのような弾きっぷり。荒々しさが前面に出て来ますが、曲自体の展開は緻密さも感じられてノリよいビートやラップも挟みつつ、音の変化も楽しむことができました。客席前方ではダイブまで飛び出す盛り上がりっぷり。このステージの次のアクトが小沢健二で結構な人数が待機していたかと思われますが、この音や激しいお客さんのノリは大丈夫だったんでしょうか、、と思いきや、ライブ終了直後に後ろから多数の(妙齢の)おねえさま方が客席前方に押し寄せてきました。強い。。
 
 
 Declan O'Donovan
 アバロンステージに移動してカナダ・ホワイトホース出身の男性シンガソングライターを見ます。事前に今回出演者の音源をちょこちょこと聞いていて「Hank」という曲の演奏映像に一発で心持っていかれて、アルバム「Broken Sky」を買って聞いて、今回見るの楽しみにしていました。キーボードを弾くO'Donovanにギター、ベース、ドラムが加わった4人編成。全員茶系のオールドアメリカンなスーツスタイル。ゆったりとした「Down To The Bottom」からスタート。そのしわがれ声は生で味わうと一際良いなーと。劇場曲ってな感じの「Keep Me In Mind」、歌声を効果的に響かせるメロディの「Reckless」など聞き入ります。O'Donovanがギターを持って歌う曲も2つほどありました。
 
 再びキーボードに戻って演奏した「Broken Sky」は聞いていてうっとり。途中にあるキーボードのインストのメロディが好きで、静かな余韻も感じられる丁寧な繰り返しのピアノフレーズが良い感じ。次にやった「Hank」も浮かれて聞きました。イントロの軽快なピアノ音から始まる、バンドともうまいこと噛み合ったゆったり目のピアノロックがすごく好き。最後の曲はこれまでのものよりもスピードアップした曲で、踊りながら聞けるくらいのインストパートに会場盛り上がりました。
 
 
 アバロンステージ近くにある屋台で晩御飯を食べます。屋台裏にある森の奥の方はホワイトステージに対する高台のようになっていて、真横に位置するステージの演奏者は見えないものの、音は聞こえて来るので何十人かのお客さんがその時やっていた小沢健二のステージ見てました。文字通り高みの見物です。寿司詰め状態のホワイトステージを見て、あれ立っているだけでもしんどそうだなーと思ったり。今回タイムテーブルを見てグリーンステージのCornelius→ホワイトステージの小沢健二といった流れは大混乱するだろうなー、近づくのやめておこう、と思っていました。Corneliusは単独公演行く予定あるし、小沢健二はライブ一回も見たことないですがものすごく見てみたいアーチストというわけでも無かったこともあり。でもアルバム「LIFE」は昔すごく良く聞いていて、その中からの曲が来たらウキウキと聞けてしまいますね。今回「ラブリー」が聞けました。
 
 
 Yasei Collective & THE MAKER - 伏見蛍+ナスノミツル+沼澤尚
 アバロンステージでYasei CollectiveとTHE MAKERというバンドのミニ対バンみたいなステージを見ます。それぞれ20分ずつくらいのライブをやって最後2組揃って即興セッションする趣向。まずTHE MAKERから。伏見蛍というギタリストの方は初めて見ますが、ベースのナスノミツルとドラムの沼澤尚はいろいろなバンドで見たことあります。フジロックにもいろいろなバンドで出演しているのではないでしょうか。特に沼澤はもしかするとフジロックに最も多数のユニットで出ている人だったりするんじゃないかなー(調べませんが)と思ったり。じわじわとした立ち上がりからヘビーなブルースものやギターロック的な展開も差し込んでいました。ミックスは内田直之でダブ効果も随所に入れ込んだグルーブ感溢れるライブ。
 
 続いてのYasei Collectiveは2年ぶり2回目に見ます。ギター/キーボード、キーボード、ベース、ドラムの男性4人組。ギターがボーコーダーを通した声を入れつつ、ポストロックやジャズ、フュージョンなど混じった演奏をします。とにかく一音一音がテクニカルな世界で、展開が細かく変わっていく中に入れ込む音の情報量がものすごい。ドラムのスティックの動きなんて見ててものすごいなーと。2組のセッションはキーボード奏者が主導する小音量セッションからナスノと沼澤が合図してスイッチが入ったかのように盛り上がっていく展開。個性ある2つのドラムの積み重なりだけでも聞いていておもしろいのですが、そこに2つのベースやキーボードが入れ込まれて盛り上がります。2年前Buffalo DaughterとYasei Collectiveとのセッションを聞いていても思ったのですが、Yasei Collectiveのキーボードが出す即興音がお気に入り。
 
 
 LCD Soundsystem
 ホワイトステージのトリのLCD Soundsystemを見ます。DFAレコーズを主宰するJames Murphyのソロプロジェクトで2011年に一旦活動終了したようですが2015年に復活したそう。自分は初めて見ます。テレビでちょろっと以前のライブを見た程度の知識で臨んだのですが、アンコール含めて2時間のライブはノリよく聞けて音に浸れた素晴らしい時間となりました。横の方で見たのでステージにどれだけのメンバーがいたのか分かりませんが、8人編成だったよう。一曲目の小気味よいドラムのリズムから入った曲からもう心を持っていかれました。踊れる音、そこにぶっきらぼうな感じで歌うMurphyの声との噛み合わせがすごく良い。ダンス・パンクってな呼ばれ方をすることもあるそう。その名前から導き出されるイメージより暴力的な要素は少な目で心地よさの方が勝るかな、と聞いていて思いました。
 
 中盤一曲だけMurphyが叫ぶように歌って、相乗するかのように飛び跳ねる反応をするお客さんがたくさん生まれたものがダンス・パンクという名前のイメージっぽいものでしたが、ほとんどが横揺れが楽しい曲でした。どの曲も一定のリズムの中に各楽器音を重ねたり抜いたりしてゆるやかな変化を聞かせたり、時々はっとするようなリズムチェンジをして盛り上げたりするもので、一個一個の音が中毒性高いもの。歌もループ気味に同じフレーズを歌っての積み重ねで、それもダンスミュージック的。Primal Scream的なアジッド感あるダンスロックもの、直球なギターロックものなども2,3曲くらいあったでしょうか。雨降る中お客さんの盛り上がりもすごくて、疲れを忘れて(と書きつつこの日は座りながら聞いたアクト多く1,3日目より疲労無かった)元気よく最後まで聞けました。
 
 
 終了は24時くらい。本当はここからピラミッドガーデンに移動して25時半から始まるSilent Poetsが見たいな、と思っていたのですが、眠気が勝ってキャンプサイトに引き上げて就寝しました。

 

author:de nudge, category:festival(Fuji Rock), 06:29
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 06:29
-, -
Comment