RSS | ATOM | SEARCH
2017/06/25 sora tob sakana at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 横浜にあるホログラフィックと呼ばれる映像設備がある劇場でのライブ。そこでお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの公演を見ました。夕方から1時間15分ほどの公演でした。映画館と同じような空間で座席があり、整理番号順に入場して自由に選べる方式。今回早めの番号が取れたので一番前の席で見ました。公演によっては立ち上がって見て良い場合もあるようですが、今回はメンバーのアナウンスで座っての鑑賞を進められたので着席で見ます。座席があるsora tob sakanaのライブも初めてで新鮮。
 
 ステージは奥行があって、その後方でのパフォーマンス。ステージ後ろに映像が映るのは通常のライブと一緒ですが、この劇場ならではなのが、メンバーの前に半透明の映像が浮かび上がるように映ること。入場曲として流れるインスト曲「海に纏わる言葉」から映像が流れるのですが、海が奥から手前に流れるように立体的に見える映像におーっといった感心の声が上がります。最初が「Moon Swimming Weekender」という意外なスタート。宇宙的な映像がスクリーンに映えます。前の映像はメンバーからは見えないそう。舞台の下にその映像があるそうで、どういった仕掛けで客席に見えるようになっているんですかね。
 
 その後もいろいろな映像付きの中歌いますが、すごかったのが歌詞の文字を前方に映し出した「広告の街」と「tokyo sinewane」。特に「tokyo sinewane」はこの空間にベストマッチといった感あって、うす暗い中、白い星のような点、線と文字が浮かび上がってくる映像と少ない音数のアレンジが胸に迫ってきました。ちょっとだけ惜しいのが、ライブハウス並みの音圧があったらもっとおおーっときたかなーと。自分の耳がダメになってきちゃっているのもあるのかもしれないですが、もう一歩踏み込んだ音圧だったらさらにうれしかったですね。
 
 「ribbon」もミュージックビデオの映像をバックにしていて感動。うさぎとかめの絵が宇宙に羽ばたいていくような映像をバックに、情緒たっぷり突き抜けていくようにサビで高揚していく4人の声はたまらないものがありました。次の「夏の扉」はMVの映像を切り取ったような静止画で展開していたのも良かったです。
 
 一番前で座って見たので映像のみならず、全身がきちんと見える4人のダンスも堪能。個人的お気に入りシーンは、「タイムマシンにさよなら」のサビで片足交互に上げつつ人差し指と親指を上げた右手を顔の横に持ってきて踊る山崎愛、「夜空を全部」のサビで跳ねるように踊る寺口夏花、「夜間飛行」での間奏でソロダンス踊った後に腰を90度に曲げて机に頬ついているような姿勢を見せる風間玲マライカ、何の曲か忘れちゃいましたが、右足を何回もキビキビと後ろに上げつつ移動する神風花などなど。
 
 時間もたっぷりということでMCもたっぷりと、、とはならず「次の曲行こっか。」となってしまうのがおもしろい。キャリアを経るとイヤでもどんどん話が長くなっていくので、若い内は変にしゃべること考えずにパフォーマンスに突き進む方が良いかもしれませんね。事前に予告されていたのは1時間半だったのに1時間15分で終わったのもMC時間が巻いたからだと思われます。それでもあれこれとおもしろいことをしゃべっていて、覚えているのは、、
 
風間が「みんな今日何食べた?」と一人ずつ聞いていったら山崎は、
 「うーんと、、なんでもいいよー。」と全く成立しない回答を。。
 
通路側に座っているお客さんが多いのを見て、
 「みんな、もしかして私たちが降りて通路とか歩くと思った?」
 「いつかそうゆうのやってみたいよねー。」
 「私、トロッコとか乗りたいー。」
 「いいねー、横浜アリーナとかでね。」
 「ワイヤーとかで釣られたり。」
 「あ、私、花道で4人パーって散らばって走りながら集まるとかやりたいー。」
 「こういった映像付きでね。いつか横浜アリーナとかでもできるように。うちら技術待ちのとこあるから。」
などなど、夢を語ります。本当に大箱でいつか彼女達のライブ見てみたいですね。
 
 この話を聞いて、思い出したのが随分昔に人に誘われていった、タッキー&翼の横浜アリーナでのライブ。バンド付き、ワイヤーアクションあり、トコッコで客席に突中、クレーンで2階席を一回りしてお客とハイタッチなど盛りだくさんのライブで、曲1個も知らなかったのですが派手な演出を楽しんだ記憶があります。

 

author:de nudge, category:live(DMM VR THEATER YOKOHAMA), 22:47
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:47
-, -
Comment