RSS | ATOM | SEARCH
2017/05/14 森、道、市場 at 蒲郡ラグーナテンボス(二日目)

 前日に引き続き、愛知県蒲郡にある施設での野外フェスに参加します。この日は浜辺にある2つのステージをひたすら往復してライブ見ました。ここの2つのステージのラインアップは自分のために組まれたかのような好みなアーチストが多かったです。この日はずっと晴れていて日焼けしました。
 
 見たのは(カッコが無いものはフルで見てます)、
  青葉市子×defune.→ミツメ(1曲目途中から)→Your Song Is Good→clammbon→ザ・なつやすみバンド→大友良英スペシャルビッグバンド→ハンバートハンバート→チャットモンチー→安藤裕子
 でした。

 

 浜辺にあるGRASS STAGEとSAND STAGEは5分間隔でスタートするので、ステージ移動するとちょうど始まる感じ。後ろ3つのよく見るアーチストなんかは、立て続けに見ることができて贅沢だなーと思いました。感想を。
 
 

 青葉市子×detune.
 女性シンガーソングライターと男性キーボード/ボーカルと男性ギターのユニット。青葉市子はお馴染みですが、detune.は初めて。最初青葉が一人でステージに現れます。天使の羽みたいなものを後ろに付けて登場。いつもはギターを持って歌うのですが、おもちゃのピアノを弾き始めます。そこにdetune.の2人が同様に天使の羽を付けて登場。音をじわじわと加えて歌に入ります。最初の曲はdetune.のキーボード奏者がメインボーカルで青葉は楽器を持たずにコーラス。キーボード奏者のボーカルも女性的な声で、そこに一段高い青葉の声との組み合わせも良い響き。2曲目からは青葉がギターを持ってメインボーカルを務めます。青葉の曲以外にもdetune.の曲や共作のものもあったよう。高音確かな歌を野外で聞くのも良い感じで、青葉のギターやボーカルに色を添えるかのようなdetune.が出す音やコーラスも良い感じ。ラストから3曲目辺りにやった長尺曲「いきのこり●ぼくら」はストーリー性ある歌詞とアレンジが印象的で聞き入りました。
 
 
 ミツメ
 ギター/ボーカル、ギター、ベース、ドラムの男性4人組で初めて見ます。ボーカルはSpangle call Lilli lineの「feel uneasy」という曲に参加していてその声を知っており、あの声で歌うバンドはどんな感じかしらと楽しみにしていました。Real Estateと思わすようなミドルテンポの淡々としたリズムの中、ギターポップ、サイケ、オルタナ、ファンクな要素を曲により入れ込みます。リズム隊が作り込む音がおもしろくて、曲中に聞かせる変化やベース、ドラムそれぞれのリズムの出し方がおもしろいものや気持ち良さのあるものを盛り込んでいて、楽しく聞けました。
 
 
 Your Song Is Good
 キーボード、トロンボーン、ギター×2、ベース、ドラム、パーカッションの男性7人組で2年ぶりに見ます。南国風味な音をそこかしこに入れつつ、カリプソ、ロックステディ、ロックなどのインスト曲を繰り出します。ダンスミュージック的な要素多めでキーボードが歌ったりお客を煽って盛り上がる曲も良いですが、1曲目やラスト2曲のようにしっとりと聞かせるインスト曲も良い感じ。
 
 
 clammbon
 お馴染み女性ボーカル/キーボード、男性ベース/ギター、男性ドラムの3人組バンドのクラムボン。5月初めの日比谷野音でもやった新曲「レーゾンデートル」や、鉄板曲「シカゴ」「サラウンド」なども聞き入りましたが、意外というかこう来るかと思ったのはラスト3つやったカバー連続。「カルアミルク(岡村靖幸)」「波よせて(Small Circle Of Friends)」「サマーヌード(真心ブラザーズ)」と海辺の野外フェスに合った選曲でした。「カルアミルク」と「サマーヌード」を歌うのは珍しい。「波よせて」では「ステージなんか見ないでみんな後ろ振り返って海見ながら聞いて」「うちらほとんど歌いませんからみんなで歌って」とアナウンス。サビは大合唱でした。「カルアミルク」はミトがギター、伊藤大助がパーカッション、原田郁子がピアニカで小音量な中歌います。ラストはドラム、キーボードを使って盛り上げるインストを繰り出して締めていました。良い展開でした。
 
 
 ザ・なつやすみバンド
 女性キーボード、男性ベース、女性ドラムのピアノトリオに、男性トランペット/スティールパン、女性フルート、男性トロンボーンの涼やかな音が加わる6人編成。正式メンバーは前4人で後ろ2人はサポートメンバーのよう。キーボードがメインボーカル(ねごとに近い印象の声)かと思いますが、ドラムもコーラス以上に聞かせるボーカルでツインボーカル的に聞こえる曲も多々。爽やかな味を持ちながら、時々おっと思わせる変化を巧みに組み入れてきて、おもしろいなと思う音を聞かせていました。曲途中でワルツなどリズムがいきなり変わったり、ポリリズムなリズムを入れて来たり。曲終わりに「イエイ!」とか「ヨシ!」とメンバー全員で言って締める曲なんかもあっておもしろい。「S.S.W」という曲はドラムがポエトリーリーディング的にセリフを言うところからスタートして、「毎日が夏休みだったらいいのになー」と他メンバーが歌っていく曲。途中にもドラムのセリフパートがあって、その辺りの構成もおもしろかったです。
 
 
 大友良英スペシャルビッグバンド
 ギターの大友良英率いる20人近い大所帯バンド。大友良英は多くのユニットで見ていますが、こちらのバンドは2014年のフジロックで聞いて以来2回目。フジロックの時は盆踊り的な曲や音が多かったですが、今回はビックジャズバンド風な曲や音がメインで今回の方が好みでした。大友やバンドメンバーのSachiko Mが手掛けるテレビドラマ「あまちゃん」で使われた曲中心にカバー曲なども。たくさんの管楽器の音が野外に響くのも気持ち良いし、大友のギターノイズやSachiko Mが操る特殊楽器であるサインウェイブ(ピーピーピーと音が鳴る)が野外で聞けるのも珍しく楽しい。Brigitte Fontaineの「Comme a la radio」やEric Dolphyの「Gazzelloni」では、大友の指揮に応じて管楽器隊がストップ&ゴーを繰り出すような展開を聞かせるのですが、かつて大友良英New Jazz Orchestraというバンドでも見せていたノリで、指示を出す大友のアクションがかっこ良く、それに呼応する管楽器の音と合わせて楽しめます。「Gazzelloni」は残り時間が無いというこで短めにしようと事前に(かなり雑な)指示をして演奏に入っていました。テーマ→全員でのフリー→テーマというジャズの王道パターンをパンクロック並みに短く聞かせていて、こういったのも良いなと思いました。
 
 
 ハンバートハンバート
 お馴染み女性ボーカル、男性ギター/ボーカルの2人ユニットであるハンバート ハンバート。ステージ入るなりほんわかトーク炸裂。前日近くの宿に泊まってこのフェスに参加したそうで、朝食も会場の近くで食べたけど豪華だった、でも前日夜静岡(のフェスに出ていたよう)に行ってて夜にさわやかという有名なレストランで食べたからあっさりなものにしたと。そんなことをウキウキと佐野遊穂が語る中、佐藤良成はギターを弾きだして演奏に入ってしまいます。2人でしっとりと歌い良い曲だなーと思わせておいて「ミサワホーム」と歌い、CM曲だと会場が分かって笑いが起きます。お客さんの心をしっかりとつかんでいました。クラムボンと同様にいつも以上にカバー曲多く、「結婚しようよ(吉田拓郎)」「N.O.(電気グルーヴ)」「小さな恋の歌(MONGOL800)」など。その他もオリジナル曲歌う中に「幸せなら手をたたこう」などの童謡も入れ込んでいました。お子さん連れが多かったということもあるのか親しみやすい曲もりだくさんってな感じでした。オリジナル曲は「おなじ話」「国語」「おいらの船」など。今度発売されるそうなアルバムからの新曲「がんばれ兄ちゃん」も披露していました。
 
 
 チャットモンチー
 お馴染み2人バンドのチャットモンチー。サポートを付けずPCからトラックを流しつつ2人が曲によりあれこれを楽器を持ち替えて演奏する「メカットモンチー」スタイルは現在続けている単独ツアーと同じ。さらにセットリストも単独ライブの縮小版ってな感じで、セットの流れも同じでした。夕日が沈んでいく中2人の演奏を見るのが良い感じで、ライブハウスで聞くのとはまた違った魅力がありました。橋本絵莉子の高めな強いボーカルは本当芯が強いというかどこか突き抜けるようなものがあって聞き惚れます。新曲「Magical Fiction」は福岡晃子がドラムを叩くのですが、跳ねるように叩く感じの音が良いです。「満月に吠えろ」は橋本が曲の中で簡単なダンスをしてそれをお客がまねするのがお馴染み。いつもは月の形を手でするところを一部変えて波がゆらゆらするような振りをしていました。海が近いからってことでしょうね。
 
 
 安藤裕子
 お馴染み女性シンガーソングライターの安藤裕子。今回はキーボードとギターを率いての小編成。キーボードはお馴染み山本隆二、ギターは安藤裕子のライブでは初めて見る名越由貴夫。鉄板曲「のうぜんかつら」や未音源の「雨とパンツ」などを歌います。「雨とパンツ」は仲が良いSalyuがタイトルを考えたそうですが、その時のエピソードをMCで語ります。引きこもり体質のSalyuを連れてサーフィンに行った。Salyuはすぐに体調を崩し、安藤はサーフボードに果敢に乗るものの、波を待つ間に酔ってしまって2人ともリタイヤ。安藤は晴女でSalyuは雨女で、短い時間の中で天気がコロコロと変わったそう。クラムボン、ハンバートハンバートに続いて安藤もいつもより多め(と言っても2曲ですが)のカバー曲で「エイリアンズ(キリンジ)」と「ぼくらが旅に出る理由(小沢健二)」を。「エイリアンズ」は2年前にやったSalyuとの対バンで2人で売っているの聞きましたが、「ぼくらが旅に出る理由」を聞いたのは初めて。この曲が入っている小沢健二のアルバム「LIFE」は昔何回も聞いていたので、その時の記憶がよみがえりますね。海からステージに吹き込む風に苦戦もしていましたが、良い感じの歌を聞けて満足でした。
 

author:de nudge, category:festival(Others野外), 23:56
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:56
-, -
Comment