RSS | ATOM | SEARCH
2017/03/25 tricot at 渋谷O-WEST

 5月にアルバム「3」発売を予定しているtricot。この日のライブは発売前にまだ誰も聞いたことないアルバムの全曲をライブで披露してしまおうという企画。お客が全員「にわか」になるライブ。京都・滋賀出身のギター/ボーカル、ギター、ベースの女性3人組で、男性ドラムがサポートで入る4人編成。ドラムは去年の夏辺りからレギュラーとして叩いている吉田雄介で、前回のアルバムはいろいろなドラマー呼んで作っていたところを、今回は吉田固定で合宿までして作り上げたそう。チケット速完売で、1階満タン。2階の一部が解放されて、そこに行って上から見下ろすように見ました。
 
 ライブスタート前にステージ後ろのスクリーンに素朴な犬?のイラストが映ります。犬がしゃべるような声が流れて、アルバム制作に至るまでの経緯を2匹の犬が会話し合うようなコント仕立ての形で語られます。2匹ともボーカル/ギターの中嶋イッキュウが声優となって、しゃべっていたよう。メンバー登場。お客がぐぐっと前方に詰めかけて両者とも戦闘態勢に入ったような感じになってライブスタート。アルバムの曲順に13曲をやります。「曲順にやりました。」とMCで途中話す前に、あーこれはアルバム曲順だなーと思うくらい良い流れに思いました。
 
 最初の「TOKYO VAMPIRE HOTEL」はガツッとした盛り上がりのある曲との印象で、そこからお得意の変拍子、ストップアンドゴーなアレンジを存分に取り込みつつ、いろんな味を聞かせる曲を。個人的に気に入ったのが、3〜5曲のソウル、ファンクな味のある曲。前作「AND」に収録されていた「神戸ナンバー」とかでも聞けますが、こういった色をtricotで聞けるのは珍しい。特に3曲目の「よそいき」という曲がおもしろくて、かなり黒い感触あり。またこの曲はソロボーカルを中島以外に、ギターのキダ モティフォとベースのヒロミ・ヒロヒロがそれぞれ取ったりするのもおもしろい。元々3人のコーラスワークも良いですが、キダ、ヒロミそれぞれソロでも良い声聞かせるなーと。
 
 6曲目の「pork side」は短い曲で次の「ポークジンジャー」につなげていました。「ポークジンジャー」はシングルで出ていた曲なので、お客もノリ方が分かっていて反応良くなります。上から見て如実に(反応の良さが)出ていました。アルバムにはもう一曲既存曲があり、去年出したミニアルバム「KABUKU EP」から「節約家」。この曲はサビが激しいので、ここでモッシュ、ダイブまで飛び出します。サビの部分のドラムがものすごいなーと。とんでもない手数の乱れうちで爆発しつつ、きちんと収束させるダイナミックな展開におおーっとなりました。
 
 「南無」という曲は裏打ちリズムでコールアンドレスポンスをしつつ「南無南無」と繰り返し歌っていくノリがおもしろい曲。この曲は音源出てからもっと盛り上がったいきそうな曲と思いました。アルバム最後の曲である「メロンソーダ」に入る前にMCがあってキダが「ここまで新曲の説明一切してへん。」と。じゃあ、と中島が「次の曲は、、ベースソロから入って、ドラムのリズムが加わってそこにギターが重なって2拍置いてから歌に入ります。」と説明。説明ってそうゆうこと?と疑問を抱きつつも曲に入ります。切なげな疾走感がある曲でラストを飾るにふさわしい曲。この曲で一旦区切りを入れるかと思いきや、すぐに音を出してくるという意外が展開。ここからは既存曲をがっつりやっていきます、と宣言していきなりの大盛り上がり曲の「99.974℃」。この場面のステージと客席の熱量はものすごいものがありました。「99.974℃」は最初のインスト部分でベースのヒロミが客席に入り込んでベースを弾くのがお馴染みですが、上から見て改めてすごい光景だなと。背中をお客に支えられて、仰向けの状態で早いベースのリフを弾きまくる姿がめちゃかっこ良い。お客との信頼関係も伺えます。
 
 そこからは定番の盛り上げ曲をこれでもかと繰り出します。キダも腿を繰り返し上げるランニングスタイルでギター弾きまくったりしてものすごい運動量。でも、それが祟ったかサンバなドラムソロをバックに3人が楽器放り出してマラカス鳴らしたり、笛吹きながら踊る場面では、キダが踊りまくった後に力尽きてしゃべることができなくなり、中島にしゃべりをバトンタッチということをやっていました。最後は変拍子織り交ぜた複雑な展開ながら、壮大さや王道感も感じられる「Break」をやって終了。アンコールの手拍子が出る中、スクリーンに47都道府県を回るゲストバンド迎えての2マンツアーの日程が発表されていました。この日はアンコール無しとの文章付で。それでもここまで2時間というボリュームで大満足。またアルバム聞いてからライブ見たいですね。たぶん東京はツアーラストとして、どこか大きいところでワンマンやるんじゃないかなーと思っているのですが、2マンもどこか見たいなーと。でもまだ予定は決められず。5月に北海道でやるNOT WONKとの対バンとかおもしろそうですが、参加は難しいですね。。

 

author:de nudge, category:live(duo,O-Group), 23:18
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:18
-, -
Comment