RSS | ATOM | SEARCH
2017/03/24 ハンバート ハンバート、Predawn at Billboard Live TOKYO

 女性ボーカル、男性ギター/ボーカルの2人ユニットであるハンバート ハンバートがこの時期にBillboard Live TOKYOでゲストを迎えてライブを行うシリーズ。今回は女性シンガソングライターのPredawn。ともに単独ライブ行ったことがあるほど好きなアーティストなので共演楽しみにしていました。1日2回公演の2回目に参加。
 
 Predawnソロで4曲ほど→ハンバート ハンバートと共演でPredawnの曲を2つ→ハンバート ハンバートのソロで4曲ほど→Predawnと共演でハンバートの曲を2つ→アンコールでトリオで2曲といった構成でした。1時間20分ほど。
 
 最初はPredawn。いつもはギター弾きながら歌うスタイルですが、1曲目はピアノ弾きながら「Sigh」を歌います。意外なスタート。会場に響く透き通るような暖かい声が良いです。2曲目以降はいつものアコースティックギター弾き語りスタイル。「Kepp Silence」「Universal Mind」など。「Universal Mind」はアコースティックで丁寧に歌っているものの、UK Rockな感じにして大仰に歌っても似合う必殺なメロディってな印象がある曲。
 
 ハンバートの2人を迎えてトーク。ともにほんわかな雰囲気を纏う共通項がありつつも、とにかくよくしゃべるハンバートと、しゃべる文字数より「あの」の方が言っている量多いのではないかと思われるトーク苦手な清水美和子(Predawn)とのトークは、案外いい感じでやり取りしていました。佐野遊穂は近所のパチンコ屋にある鳥のキャラクターが気になっていて先日その鳥のキャラクターの着ぐるみ着た人がなんか配っていたけど、2日前ほどその鳥の鳥人間がなんか食い散らかしちゃう夢を見ていて、予知夢かと思った、てな話をして、「美和子ちゃん、よく夢見る?」と話を向けると、「あまり、夢って見ないんです。」と言いつつ「家族と旅行に出かけて妹(だったかな?)が天ぷらジュースを飲んだ夢を見ました。」と。「あー、天ぷらジュースね。いいよねー。」と佐藤良成は相槌打っていましたが、天ぷらジュースって何?と思いながら聞いてました。自分知らないだけかな、、と思って帰宅後ネットで調べてもそんなの出てこなかったので、架空の飲み物と思われます。
 
 共演によるPredawnの曲は「霞草」「Suddenly」。佐野が控えめに高音な声を重ねます。佐藤はバイオリンでのサポート。ギターとバイオリンの重なりもいい感じでした。ここでPredawnは一回退場してハンバート ハンバートのライブになります。こちらも最初は佐藤がピアノを弾きながら歌う曲でした。次は「ぼくのお日さま」。すごく好きな曲。この場で聞けて幸せ、と思いました。「国語」は外国から入ってきたカタカナの言葉をよく意味が分からないくせに使うなよ、ってな毒ある歌詞なのですが、それをちょい肩揺らせるくらいのリズムでほがらかに歌うってのが楽しい曲。ソロのライブでもトークが絶好調。佐藤が主に話していて、正月同級生と山登りに行くのが恒例行事。今回山の中腹にあるラーメン屋ののれんが、通常道脇に立てかけている縦の旗を横にしたものになっていて、しかも裏が見えている状態だったので、「ラーメン」が「ルーメソ」に見えた、なんて話を。
 
 再びPredawnが戻ってきて今度はハンバートの曲を3人で。「生活の柄」と「おなじ話」を。この2曲では佐藤もボーカルに加わるので3人で歌う場面があるのですが、その重なりも良いですね。Predawnは音源よりもライブは早めなリズム取りで歌ったりギター弾くことが多いのですが(緊張しいなことからですかね)、共演でも同様で「おなじ話」を演奏する前に佐藤からここはゆったり目でねーと指示を受けてました。
 
 アンコールを受けて再び3人が登場。Predawnがピアノ担当、佐藤がギターを担当して歌うのはなんとスピッツの「空も飛べるはず」。1番を佐野が、2番をPredawnが歌っていました。サビの3人重なる声も良くて、ひさびさに聞いたけど改めて良いメロディだなーと。ラストは逆に佐藤がピアノ、Predawnがギターを担当して、Predawnがハンバートで一番好きだという「旅の終わり」を歌います。ギターとピアノの音を紡ぎあげるような響きを聞かせて、そこにやさしいながらも凛とした孤高な響きの佐野の声がとっても良い曲。2番担当したPredawnの声もオリジナルとは違う良い面で聞かせていました。
 
 ハンバートとPredawnが初めて会ったのは2年前のROKKO SUN MUSICという野外フェスだそう。その時に佐藤がPredawnがビール飲みながらライブして、ライブ終わりに駆け足ではけていく姿にびっくりしたそう(Predawnのライブではお馴染みなスタイル)。「今日も飲んでる?」「少し、飲んでます。。」と。さすがに場所柄そして3人で退場するということで、今回は普通に歩いて退場していました。

 

author:de nudge, category:live(Blue Note,Cotton Club,Billboard,etc), 10:26
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:26
-, -
Comment