RSS | ATOM | SEARCH
2017/03/18 アルビレックス新潟 at 横浜F・マリノス

【結果】
 1-1で引き分けでした。
 
【感想】
 この日夜から横浜でコンサートを見る予定があったので、昼から横浜に行ってサッカーも見てきました。日産スタジアム。両チームともゲーム見るのひさびさで、かなり変化していました。
 
 ホームのマリノスはGKが飯倉、DFが右から松原、中澤、ミロシュ・デゲネク、金井、ボランチが中町と天野、攻撃MFが右からマルティネス、バブンスキー、斉藤、FWがウーゴ・ヴィエイラです。松原は今年新潟から移籍してきた選手、他に中澤、金井(一時時期ジェフ千葉にいた)、中町、斉藤辺りは知っていましたが、他は初めて見る選手ばかりですね。守備時は4-2-3-1、攻撃時は4-1-2-3という使い分けたフォーメーションで、ボランチの天野は攻撃時はインサイドハーフとしてバブンスキーと並ぶ形。バブンスキーはかつてガンバ大阪にいたDFボバン・バブンスキーの息子さんということで、時流れるの早いっすね。
 
 アウェイの新潟はGKが大谷、DFが右から矢野、大野、ソン・ジュフン、酒井、ボランチが原と小泉、攻撃MFが加藤、山崎でFWにチアゴ・ガリャルドとホニという4-4-2の布陣。こちらもマリノスほどではないですが、初めて知る選手半分くらい、ベンチに座っているメンバーの方がお馴染み感ありました。
 
 試合スタート。マリノスは斉藤とマルティネスが両ワイド高い位置に張って、そこでボールを受けてサイド突破を図る形。ゴトビ監督が率いていた清水エスパルスのサッカーを思い出します。手前でボール受けてドリブルすることと、裏を抜けてボールを受ける両方を常に狙っている感でサイドバック守るの大変そうです。ただ奥深くボールは運べるもののゴール前はウーゴしかいないことが多く、サイド突破してもゴール前の人数が少ない感ありました。インサイドMFのバブンスキー、天野はすごいテクニシャンでボールを細やかに扱ってショートパスやドリブル突破を行います。守備陣の網を抜けるような動きも見せますが、ダイナミックにゴール前に飛び込んでいくようなシーンは少なかったです。
 
 天野は左利きの選手。フリーキック、コーナーキック全て任せられるほどの正確なキックに加えて、隙あらばDFラインの裏を抜ける動きをしたり、守備時はスペースをうまいことカバーしていたりと素晴らしい選手との印象。前シーズンの後半(怪我の影響もあったみたいですが)ほとんど出番が無かったらしい同じ左利きのスター選手中村俊輔が、ジュビロ磐田に移籍することになったのも頷ける活躍っぷりでした。開幕戦で縦横無尽の活躍を見せたドリブラー斉藤ですが、この日は新潟の右サイドバック矢野にほぼ完封された印象。先週の試合で怪我をした影響もあったのでしょうが、矢野の守備も素晴らしい。裏に抜ける動きを常に警戒した間の取り方をしていて、斉藤にボールが渡った瞬間に距離を詰めてスピードあるドリブル突破をさせないようにしていました。斉藤との1対1から見事にボールを奪ったシーンは新潟応援席から拍手喝さいを浴びてました。
 
 新潟はコンパクトなスリーラインのオーソドックスな守備。ミドルシュートが得意な選手が揃うマリノスのケアがよく出来ていて、センターバック前のスペースを空けないようにしていました。その分攻撃はカウンターのみとなりやや厳しい。チアゴがフィールドを自由に動いてボールをさばきつつ周りがフォロー。スピードあるホニが積極的に守備の裏を抜けてボールをもらう動きを見せていますが、ボールは通らず単発的な攻撃。遅攻の場合は片方のサイドバックが高い位置を取って、選手を寄せてサイド突破を狙う形を見せていましたが、マリノス守備陣にほぼ抑え込まれていました。
 
 前半30分過ぎ、右サイドでボール受けたマリノスのマルティネスが内側に切れ込んで左足で豪快なミドルを決めて先制、数分後新潟ホニが、マリノスGK飯倉のバックパスの扱いを躊躇した瞬間をついて、ボール奪ってゴールを決めて同点に追いつきます。飯倉としては悔やまれるシーンで、その数分前にボールのバウンドが変わってあわててボールを追いかけたことが念頭にあったのでしょうか。マリノスは左サイド抜けた天野がピンポイントのクロスを放って、ウーゴが合わせるだけの場面を外してしまったのが悔やまれます。後半はマリノス優位ながら決定的なところは新潟がうまいこと抑え込んで、そのまま終了しました。
 
 チーム力全体ではマリノスの方が上の印象でしたが、新潟は交代選手に応じたフォーメーション変更(途中交代で入ったFW鈴木武蔵を左サイドに張り付かせて、MF山崎が中央に移動)なんかもあり、柔軟な対応力を持っていました。それに比べるとマリノスは交代選手も交代前の位置にそのまま入るだけと、点取るための策にやや欠けるかなという印象でした。現時点でも魅力的な選手多く、見ていておもしろいチームと思いますが、サイド突破を抑えられた場合の選択肢があれば、さらに良いチームになりそうです。

 

author:de nudge, category:Jリーグ, 10:36
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:36
-, -
Comment