RSS | ATOM | SEARCH
2017/02/06 中島早貴 at ディファ有明

 前日誕生日を迎えた℃-uteの中島早貴バースデーソロイベント。当日券出るというので行ってきました。ほぼ最後方の席でお客さんいっぱい。今年6月に解散する℃-uteの中で一番のお気に入りメンバーで真ん丸顔、かわいらしい声、弾けるようなダンスが好みです。
 
 司会者はハロープロジェクトのイベントでお馴染み上々軍団の鈴木啓太。イベントの構成は10分のコント、30〜40分のフリートーク、7曲ほど歌うライブコーナーでした。最初のコントが特にうれしかったです。これだけでも来て良かったなと思えるほど、生で見るコントはいいなーと。鈴木が書いてきたというネタを2人でやります。舞台は洋服屋で妻の誕生日プレゼントを買いに来た客(鈴木)と店員(中島)と丁々発止なやり取りをするというもの。鈴木はもちろん、SICKSというテレビコント番組でコントをやっていた中島もさすがのコント演技。間をあまり取らずつんのめるようにセリフを言っていくスタイルの中島のしゃべりっぷりですが、それでもよく笑い取っていました。
 
 鈴木がしゃべるセリフの中で魚に関係する単語を聞き取る度に、ガーンとショックを受けて、しまいには爆発して独白していくという演技もおもしろかったです。小さい頃は明るい子だったのに、あいつらに会ったせいで魚顔と呼ばれ暗くなった。お弁当に魚が入っていたら「共食い」と言われたりするし、、そうあいつらとはYやSやHや「岡井」。とイニシャルで℃-uteメンバー列挙していたのに岡井(千聖)だけ実名挙げたところでどっかんと笑い起きてました。ベタ+内輪受けなネタが多かったですが、流れの中に小気味よいボケとツッコミがそこかしこに織り込まれていて、ニコニコしながら見れたコントでした。今度上々軍団のネタライブも見に行こうかな、と思わされました。
 
 コント衣装からオレンジ色のドレスに着替えて登場します。現在のメンバーカラーは青色なのですが、以前はオレンジだったそう。フリートークはほとんどテーマを決めずに、鈴木啓太が相槌打つようにフォローしつつ、タイトル通り自由にしゃべっていました。前日誕生日迎えて℃-uteメンバーからお祝いメッセージもらったかという話で矢島舞美からは泣ける長文メッセージを、鈴木愛理からはバースデーソングのボイスメッセージ、萩原舞からは定型文でしゃべっているかのようなボイスメッセージ、そして岡井千聖は全くくれず。誕生日当日も仕事で会うから、その時に直接言ってくれるのかな、と思っていても全然言ってくれなかったとか。後でブログでお祝いメッセージはあったそうですが。
 
 誕生日当日は名古屋でディナーショーをやっていて、それが初めての体験で新鮮だったと。バンド付きで歌うこともめったになく、セットリストを自分達で考えて実際にやってみたらちょっと失敗だったと思ったところもあったりと。ギターはアコースティックとエレクトリックに切り替えるので、曲の間に準備の時間かかってバンドの方に申し訳なかったと、もっと同じ楽器続けられるように曲の順番考えれば良かったと。鈴木啓太もフォローしてましたが、そこまで事前に考えるのは難しいので、しょうがないですね。また、名古屋城を見た時に萩原が「名古屋城って今、誰が住んでいるのかなー」と素で言っていたそう(もちろん誰も住んでません)。。
 
 歌コーナーは知っている曲が半分くらいでしょうか。最初に歌った曲は事前にファンが呼び掛けていて(会場入り口で有志の方々が配っていた)オレンジ色のサイリウムが一斉に光ります。そのサプライズなお客からの演出に泣き出してしまって途中歌えなくなっていました。誕生日イベントらしいやり取り。「青色に戻してー、歌えなくなっちゃうからー。」と泣きながらのお願いで2曲目からは通常の青色サイリウムが光る中歌います。知っている曲だと森高千里の「私がオバサンになっても」、メロン記念日の「赤いフリージア」、松浦亜弥の「笑顔に涙〜THANK YOU! DEAR MY FRIENDS〜」辺り。この3曲を中島の声で聞けたのうれしかったです。うまさは感じさせないものの、しゃべるのと同じようなかわいらしいトーンで歌う中島の声は良い感じに聞けました。
 
 長年芸能人を続けているのにすれたところなく、人柄の良さが伺え、一個一個のことに新鮮さをもって受け止めて仕事に臨んでいく様を味わえた1時間15分くらいのイベントでした。お客さん含めてあったかさを感じる場でした。イベント終了後、退場していくお客さん一人一人にカードを配るなんてことをやっていてすごいなーと(それだけで1時間くらいはかかっていたのではないかと)。日本のアイドルに限らず、アメリカのバンドマンとかでも激しいライブ終了後に即座にCDやグッズ販売場に現れてサイン会やったりするのを見ていますが、ステージに生きる人間のサービス精神は本当に尊敬しますね。
 
 それから中島はかわいいアイドルっぷりも存分に見せつけつつ、一方で芸能人らしからぬ内気っぷりも見せていて、そこに共感してしまう部分もあります。目の泳ぎ方とか、1人トークとか1対1だと結構しゃべるのに、集団の中に入ると大人しくなっちゃうとか。ハロープロジェクトのメンバーで人見知りを自称している方結構いらっしゃいますけど、内気な自分からするとどこが人見知りやねん、ってな方が多いのですが、中島だけは本当にそうなんだろーなーと思うことが多いですね。また、これ書いていて℃-uteのホームページにある彼女のプロフィール欄を見ていたのですが、座右の銘が「なるようになる」と書いていて、それも一緒だーと共感しちゃいました。

 

author:de nudge, category:live(ディファ有明), 09:53
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:53
-, -
Comment