RSS | ATOM | SEARCH
2017/01/14 sora tob sakana at 恵比寿CreAto

 4人組アイドルグループsora tob sakanaの月2回行われている定期公演。3回目の参加になります。ステージ後ろの映像も効果的に使っての公演ごとにコンセプト決めてのライブで、今回はなんとアカペラをやると事前に宣言がありました。実際にアカペラで歌ったのは2曲を1コーラスずつのみでしたが、それを核とした1時間のライブは感激要素多々ある素晴らしいライブでした。
 
 最初の5曲はアルバム「sora tob sakana」に収録されている曲でシングル以外の曲多め。「帰り道のワンダー」の弾け具合が改めて楽しいなと。凝ったアレンジや、ノスタルジー誘うメロディとボーカル、スクリーン後ろに映すキレイな映像などから、オシャレ感やかっこ良さのあるパフォーマンスってなイメージが先行するsora tob sakanaのライブですが、こういったやんちゃなポップソングも似合います。等身大の彼女達の世界が味わえるというか。
 
 そして中盤ではアカペラを。「夏の扉」と「透明な怪物」を1番ずつ。「透明な怪物」はそのまま音が入ってきて2番目を歌いますが、その流れも良いです。アカペラは4人がステージ中央で向かい合って歌います。ハモリも随所に入れてきて、予想以上に聞かせます。4人のユニゾンだけでも郷愁誘うキレイな世界と思うのですが、ハモリも良いですね。ものすごくうまいというわけではないのかもしれませんが、4人の声の重なりはぐっと来ます。聞き取りに自信ないですが、神風花と風間玲マライカの2人が低音パートを担うことが多かったでしょうか。
 
 その後のMCでアカペラは緊張したと言いつつ、メンバーみんな出来に満足しているようで他の曲にもチャレンジしたいとか、通常のトラックある曲でもハモリを入れていきたいと今後の希望を言います。「ボイストレーナーの先生の前では結構やっているけどねー。」「でもその場に照井さんいないから、聞いてくれたことない。」「(イヤミっぽく)照井さんいろいろ忙しいからー。」と、楽曲提供のみならず、定期公演のセットリスト決めや、この日ステージ後ろで音出しも担当していたと思われるプロデューサー照井順政をいじります。ライブMCやTwitterなどで頻繁に「てるりん(照井のニックネーム)」いじりをしてますが、ほのぼのする関係性だなーと。
 
 そして後半は定番曲や新曲を交え聞かせます。音源化されていなかった「夜間飛行」はライブで2,3回聞きましたが、数日前soundcloudに音源アップされて毎日のように聞いています。音源を聞き、この日ライブで聞いて改めてすごいなと、相当なお気に入り曲となりました。ジューク/フットワークなアレンジで細かいビートを重ねつつ、曲進むにつれてどんどんと上昇していくような音、メロディ、ボーカルがたまりません。特に2番目で主旋律にかぶせるように「ラーラーラー」と歌う副旋律が切なさ満面ですごく好み。そのメロディが(たぶんですが)ラーソーファ#ー、ミーソーファ#ーと3音ずつを繰り返していて、さらにその後に歌う主旋律を3音でラー(高い)レーラー、かぶせの副旋律を(その一個前のフレーズと同じ)ラーソーファ#ーと持ってきているメロディがいい流れで、その後の長いインストパートにつながっていくのがもう圧巻。長尺インスト前のパートについて、高いソプラノ主旋律を神と風間が、低い副旋律を山崎愛と寺口夏花が担当していて、それは(たぶん)アカペラの逆の歌割りをこなしているのも、みなさん芸達者だなと。
 
 同様に音源化されていない「Tokyo Sinewave」を聞くのは今日で2回目です。こちらは逆に音数をそぎ落としたようなトラックで、ライブ開始前に会場で流れていたFKA twigsの曲にも通じるような世界観。冬に合うといいたくなる曲で、特に素朴で透明感のある山崎のボーカルのはまり具合がすごくお気に入り。ラストの「クラウチングスタート」で締めたライブはものすごく聞き入った1時間となりました。この春にはミニアルバム発売が予定されているそうですが、結構未発表曲溜まっている感あり、全部収録されるんですかね。アルバム発売ライブやるのであれば、大きな会場でドーンとやって欲しいですね。広く聞かれて欲しいグループと思います。
 

author:de nudge, category:live(CreAto), 00:09
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:09
-, -
Comment