RSS | ATOM | SEARCH
2016/12/29 COUNTDOWNJAPAN at 幕張メッセ

 幕張メッセで4日開かれる日本のバンドものが揃う巨大フェスの2日目。今年も地元の友達との都合を合わせた日程を事前調整して、アーティスト発表前にチケット押さえて行って来ました。特にお目当てのアーティストもなく、行き当たりばったりでまったり目に楽しみました。
 
 見たのは(カッコが無いものはフル)順に、
  DAOKO(後半15分ほど)→スキマスイッチ→ZAZEN BOYS→パスピエ→湘南乃風→宇宙まお→BURNOUT SYNDROMES(2曲目辺りから)→くるり(最後の2曲のみ)→LiSA(最初の3曲のみ)
 
 個々の感想は割愛。印象に残ったものでは、スキマスイッチのライブがとにかく素晴らしかったですね。ボーカル、ピアノの2人メンバーにギター、ベース、ドラム、キーボード、管楽器2人という8人編成。ベースは亀田誠治。長尺なインストやスキャット的な入れ込みをして曲のスケール感を大きくさせたようなアレンジが堪能できます。メロディとボーカルも知っている曲、知らない曲ともに良いなーと浸れます。「いえーえー」と声を出して、その後をお客に続けて歌わせるコーナーがあり、それがどんどん長くなっていって最後の方は長すぎて覚えられない、覚えられたとしてもそんなに長く声出しできない、、ってな感じでおもしろさとプロのすごさを味わいました。
 
 ZAZEN BOYSはフェスでちょくちょく見ているバンドですが、毎回ちょっとずつ見せ方、聞かせ方を変えてきていますね。最初にやった「Cold Beat」でボーカル向井秀徳の即興的な音頭に続けてギター吉兼聡がフレーズを後追いしていくのがお馴染みでしたが、無くなっていて次の「サイボーグのオバケ」でやるようになっていました。この曲ではやたら「パンツ」と「長澤まさみ」を連呼します。9月のフェスでも「長澤まさみ」を連呼していましたが、向井さん最近お気に入りなんですかね。

 

author:de nudge, category:festival(Count Down Japan), 09:34
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:34
-, -
Comment