RSS | ATOM | SEARCH
2016/11/06 sora tob sakana at 恵比寿CreAto

 この日は2つのライブ見に行きました。まずはお昼に恵比寿駅から徒歩7分のところにあるライブハウスに行きます。初めて行く場所で200人も入ればいっぱいのスペース。ここで4人組アイドルグループのsora tob sakanaは月2回の定期公演を行っていて、今回初めて行くことができました。満員。この日はアルバム「sora tob sakana」の再現ライブであることが宣言されていました。まだ1枚しか出したことないグループ、しかもアイドルグループが再現ライブするって珍しいのではないでしょうか。バンドだと結構聞きますけど。
 
 後ろのスクリーンにはキレイな映像が。ここでやるsora tob sakanaのライブはVJ付きでやることは知っていましたが、想像以上の幻想感あります。そこでやるsora tob sakanaのライブはもう素晴らしかったですね。アルバムを曲順通りに、途中休憩がてらのMCも入りますが自己紹介とお知らせを少しするだけで、いつものほんわかトークは挟まず。またアンコールも無し。恐らく1時間というライブ時間の制限があるためでしょうけど、アルバム「sora tob sakana」の世界を描き切るということで良い演出だったのではないかと。
 
 インスト曲「海に纏わる言葉」をバックに登場。白い天使な感じの衣装をまとった可憐な少女たちが無口なまま登場して「sora tob sakana始めます。」とポツリとつぶやいてからスタート。「夏の扉」のワクワクするギターリフから疾走感あるリズムが入って、そこに表情豊かに歌い踊る展開に。ここの2曲だけで胸に迫ってくるものがありました。続いての「広告の街」はもろマスロックな、一音一音ブレイクして鳴らすトラックに合わせるように一文字ずつ、しかもメンバーが代わる代わる区切って歌うとってもスリリングな歌いだしから始まる曲で、自分がsora tob sakanaにはまるきっかけとなった曲。途中で音と映像が止まってしまうトラブルがあって、そこまでの緊張感みたいなのが一瞬途切れてしまうかと思いきや、メンバーとお客さんはすぐさま持ち直して再度曲に入ってましたね。「音止まっちゃいました。」「CDカセットが止まっちゃいました。」「音止まったら私達の動きも止まるよね。」「あの、、CDじゃなくてパソコンだと思うんですけど。」とポツポツ言葉をつなぐように言って回復するのを待つメンバーがおもしろい。
 
 アルバム曲はほとんどライブで聞いたことありますが、唯一聞いたことが無かった「おやすみ」今回聞けてうれしかったです。スローなテンポでゆっくりと寝るような感じが表現された歌を彼女達のノスタルジー誘う声がうまいことマッチします。この曲の終わりに音が止まらずにMCコーナーに入っていったのですが、そこの控えめな電子音のトラックも良い感じでした。
 
 アルバム後半は「おやすみ」のようなゆったりした曲がありつつ、ポップに弾ける曲と疾走感あるギターロックな曲がほぼ交互に繰り出されます。歌詞は学校周りの話を書いたものが多いです。学校からの帰り道を描いていて「まわりみちー」「けものみちー」などをお客含めて歌っていく「帰り道のワンダー」、朝寝坊してあわてる様を描いた「新しい朝」、学校の行き帰りにみかけるケサランパサランを見てなんとはなしの思いをはせる「ケサランパサラン」。そしてアルバム曲最後で、学校の放課後で黄昏ていく風景を描いた「クラウチングスタート」。「クラウチングスタート」は切なげなギターリフから、疾走感あるキーボードリフにつないでそこに乗っかる4人の声が絶妙で、体揺らしながらどこかうっとりとも聞ける曲です。最後にふさわしい曲と思います。
 
 客席フラットで背が低い自分はステージきちんと見れたわけではないですが、アルバム「sora tob sakana」の世界をこの場で体験できたことは良かったなーと。数年後、このVJ付きの演出でホールとかでまた再現ライブ見る機会があればなーと思っています。
 

author:de nudge, category:live(CreAto), 09:32
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:32
-, -
Comment