RSS | ATOM | SEARCH
2016/07/04 金澤朋子 at クラブチッタ川崎

 Juice=Juiceの金澤朋子のソロイベント。7/2に21歳の誕生日を迎えた記念のバースデーイベントです。去年抽選に当たらず行けなかったのですが、今年は当たりました。1日2回公演の2回目に参加。1時間10分くらいのイベントで覚えていることをつらつらと。長くなったので続きで。

 

 椅子席があるので600人くらいのお客さんとなるようです。真ん中くらいの席。イベント始まる前の10分間は事前収録していたラジオ番組が流れます。金澤クリスティーヌ朋子と称したDJで、いかにもなおしゃべりと曲を流します。2曲ほど流していて、岡本真夜の「TOMORROW」とTRFの「Crazy Gonna Crazy」でした。金澤が生まれた年の曲とのこと。

 

 おしゃべりは洗濯するのが好きとか、Juice=Juiceメンバーの植村あかりからの便りを読み上げるなどしていました。植村の便りは靴の中敷きを左右逆にしてしまうとか、イヤホンのからみをそのまんまで聞いていたら友達からずぼらと言われたとかの天然と言われるのが悩みとの紹介を。それを受けて金澤は「私の知り合いもー」とエピソードを語ってましたが、それは植村のことを言ってたんですかね。炭酸水で顔を洗うところをサイダーで洗ったとか言ってました。なんか似たエピソードを先日のハンバートハンバートのライブでも聞いたような。

 

 そして金澤登場。ハワイのウェディングドレスと言いたくなる、ちょっとだけお腹を出した白いチュチュっぽいドレスを着て登場。美人さんですねー。Juice=Juiceの「チクタク 私の旬」からスタート。金澤が一曲フルで歌うのは、2年くらい前のシリアルイベントで藤本美貴の「ロマンチック浮かれモード」歌ったの聞いて以来ですが、しっかりとした良い声、うまいなーと感じさせるもの。

 

 そこから司会の上々軍団鈴木啓太が登場してコーナーものとライブものを繰り返し行っていきました。お誕生日メッセージということでVTRでつばきファクトリーの浅倉樹々からメッセージが。ハロープロジェクトコンサートに浅倉が出始めた時に一番最初に声掛けてくれた先輩が金澤とか。金澤は「早くから目をつけていた。」というくらい浅倉がかわいくてお気に入りだったそう。「つばつけた。」とちょっと上品で無い表現をされてた記憶がありますが、気のせいですかね。。浅倉の音頭でバースデーソングを客席と一緒に歌います。

 

 ゲームコーナーは金澤朋子様の言うとおりという企画で抽選で選ばれたお客さんをステージに上げて、ゲームをやります。ブーブークッションを5つの椅子の中の4つに置いて、1個のブーブークッションが置いていない当たりを引き当てるというもの。時限爆弾形式の風船を古今東西のお題目を挙げて、風船が爆発した人の負けという。このゲームの時の金澤がまあ傍若無人というか女王様というかの振る舞いで、ちょっとびっくりしました。おもしろ過ぎとも思いました。

 

 ステージに上がったお客に対して、、
 →「自己紹介してー。長くはしゃべんないでね。あ、最後のあなたはものまね入れてね。」

 

 (ものまね振られたお客さん、がんばってモーニング娘。'16の牧野真莉愛のお決まりセリフを言う)
 →「ひどいねー。」

 

 ブーブークッションに座ってしまって、ブーと鳴ったお客さんに、
 →「きゃーはっはは、おもしろーい。」

 

 椅子に座る時に音を拾うために司会の鈴木がマイクを近づけるために移動する途中で、次座るのを待っているお客さん(女の子)に、
 →「おしりの穴は閉じておいて。」

 

 古今東西ゲームでお客さん揃ったメンバーに対してチーム名つける場面では、
 →「チームおじさん。やる順番決めなきゃね、ぼうずの人はこっちに。」

 

 古今東西ゲームのルールは、
 →「みんなは一人2つずつ(3つの回もありました)言っていって。私は1個だけ。」

 

とまあオレ様な世界全面でした。最後に「みんなダチだから。」とフォローしてましたが、あまり金澤のことを知らないお客さんだったら心折れそうと思ったり。ステージに上がったお客さんは金澤のことを知り尽くしているのかニコニコとやり取りしてました。

 

 アンケートコーナーというのがあり、決められた数に該当するようにお題目を決めてお客に手を挙げさせるというもので当たった数に応じてしゃぶしゃぶの肉がグレードアップするというもの。3回チャレンジがあり、

 

 1人を当てる:「今日外国からこのイベントに来た人」→3人手が挙がり、不正解。
 5人を当てる:「ハロープロジェクトのオーディションを受けたことがある人」→5人手が挙がり、見事正解。
 3人を当てる:「苗字が『金澤』の人」→1人手が挙がり、不正解。

 

でした。最初と最後を逆にしていれば全問正解になり、くやしがっていました。

 

 歌は7曲。知っている曲多かったですね。DEF.DIVAの「好きすぎて バカみたい」、後藤真希の「サヨナラのLOVE SONG」と聞いて、後藤真希系統の声だなーと思ったり。そしてモーニング娘。の「恋ING」を金澤の声で聞けたのがとりわけうれしかったです。この曲を歌ったのは、金澤憧れの℃-ute鈴木愛理が歌っていたのが好きだったからという理由だそう。金澤が好きな歌手の中島卓偉「どんなことがあっても」を歌い終わった後、ひとしきり語ります。

 

 半年前くらいは本当に大変だった。体調を崩してライブ出れない時があり、周りに迷惑をかけた。検査して病気(子宮内膜症)が判明した時はまじかよーと思った。このまま迷惑をかけ続けるくらいならと、一回Juice=Juiceをやめることを伝えた。マネージャーに「Juice=Juiceに金澤朋子が必要だ」と止められた。その後薬による治療をしつつセーブしながらのライブ出演となり、本当は出たいのに部分的な出演になるのがもどかしかった。出ようとするのを「ライブ途中で倒れたら大変だ、その方が迷惑かかる」と止められた。今は体調も回復してこうやって活動できていることを感謝している。

 

 と、ひとしきり語った後に真野恵里菜「My Days for You」で締めていました。がさつな面、丁寧に語る面、謙虚な面、頭の良い切り替えしを見せる面、ネコ目でにこっと笑う表情、口を横に広げる表情にコンプレックスがあるのか(個人的には好きな表情です)手で口元を抑える仕草、お得意な表情と思われるおちょぼ口などなど、この短い時間の中でいろんな面を見せるのはとても魅力的。彼女が芸能界に入らず今頃大学生やってたとしたら、もてまくりだったろうなと。男友達もたくさんいて、仲良くわいわいとやりつつ本当にほれてしまう男子もたくさんいたろうなと。まあアイドルやっているので、それより遥かにもてているとも言えるのかもしれませんが。

 

 1回やめることを伝えたくだりで思い出したのは、去年「Wonderful World/Ca va ? Ca va ?」というシングルでオリコン1位を取った時のエピソード。先にマネージャーからそのことを聞いていたリーダー宮崎由加はいたずらで、他のメンバーに「宮崎由加からのお知らせ」というタイトルで卒業をにおわせるようなメッセージを最初に送ったそう。反応無かったり、狙い通り反応したメンバーがいる中で一番食いついてきたのが金澤だったそうで、「なんなのよ」「早く言ってよ」としつこくメッセージ送ったそう。それが「オリコン1位でしたー」と返信してめでたしめでたしだったのですが、そのやり取りしている最中に金澤は(宮崎が卒業するなら)自分も卒業することを考えなきゃいけないのか、と思ったみたいなことをどこか(ラジオかな?)で聞いたことがあります。

 

 肝心なところは一歩引くというか常に周りの迷惑をかけないような言動をすることを心掛けているエピソードだなと。もっと我を出しまくっても良いんじゃないかなーとも思うのですが、そういったところが魅力的とも言えるんでしょうね。日ごろほんわかしていながらいざというところは強気でいくリーダー宮崎と、普段の会話は強気ながら実際の行動は常に周りに目を配ってバランスを取ろうとするサブリーダー金澤というチーム構成も良いんだろうなと。
 

author:de nudge, category:live(Othersライブハウス), 10:48
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:48
-, -
Comment