RSS | ATOM | SEARCH
2016/06/16 仮谷せいら、WHY@DOLL、callme at 渋谷LOOP ANNEX

 5月に名古屋でのインストアライブを見て気に入って曲をたくさん聞くようになった女性シンガソングライター仮谷せいらの3つ目のEP(5曲収録)発売を受けての記念ライブを見に行きました。彼女はこの日誕生日でもあるそう。2組のゲストを迎えていて、いずれも初めて見ます。「オシャレな楽曲を歌うグループ」(WHY@DOLLのMCより)3組のライブとなりました。

 

 

 まずはcallmeという3人組女性ユニットです。会場到着が遅れて残り4〜5曲ほどを見ました。ステージが高くなく、後ろの方にいたので顔がちょい見えるくらいですが、歌はしっかりと堪能。自分達で楽曲プロデュースをやっているという彼女達の曲はハウス、ソウル系のトラックに囁くようなせつなげの声で歌います。3人とも声質が似ている感じでそれが重なった時の味があるような。ちょろっと見えるくらいのダンスですが、お客さんもマネしやすいものを取り入れているようで、マネしたりポイントとなるところで跳ねたりするお客さんもいました。

 


 続いてWHY@DOLLという2人組女性ユニットです。「ホワイドール」と読むそうな。30分ほどのライブ。こちらもソウル系トラック中心ですが、メロディ面はシティポップスや80年代歌謡曲を強調していて懐かしい感触があります。ダンスは2人ながら流れるような感じで見せる構成で、斜めの体型になってずらす視点を与えているのがおもしろいなという場面があったりしました。また、ハモリも時折聞かせていてこうした楽曲では映えて良いですね。

 


 最後は仮谷せいら。アンコール含めて1時間15分くらいのライブ。ヒップホップ、ソウル、エレクトロをまぶしたトラックにポップなメロディを組み合わせて昇華させたような楽曲と、それにぴったり合うせつなさや元気の良さを併せ持った伸びやかな声がすごく良いです。また歌詞もいい感じで、あまり音楽聞く時に歌詞を重要視しない、音に言葉が馴染むかとかくらいの点で聞く自分ですが、彼女の等身大な日常を中心に描く歌詞はメロディ、トラックとがっつりはまっていて、かつ言葉自体がすんなり入るので良いなーと思えますね。特にライブスタートで歌った「ニコイチ」は土曜午前からお昼にかけてのテーマ曲ともいいたく曲で、土曜朝からお昼に家にいる時の過ごし方がウンウンと言いたくなるものです。テレビ番組「王様のブランチ」見ながら今日一日の過ごし方を考えるってな情景が浮かび上がってきます。

 

 最新シングルからもディレイされて響かせるギターフレーズ中心のトラックにドクドク鳴る心地よさがあるリズムとサビに向かって華やいでいくメロディが良い感じの「いつか忘れるなら」、ミドルテンポのリズムに壮大さもある高音で歌う(やや高音ボーカルがつらそうでしたが)ボーカルとメロディがマッチする「Brand New World」、本編最後にやったタイトル通りカラフルに弾けてお客の反応、動きも一際大きかった「Colorful World」と3曲やっていました。特に「Colorful World」はライブで聞いて、その弾け具合のすばらしさを改めて堪能できました。

 

 その他にカバーもいくつか聞かせていて、他アーチストさんに歌詞を提供したという曲をキーボード弾き語りで歌ったり、トラックをバックに歌ったり。彼女の名前を知ったのはトラックメイカーtofubeatsのアルバム「lost decade」に収録されている「SO WHAT?」という曲でボーカルで参加しているところからだったので(5月にインストアライブ見るまで顔は知らなかった)、これも歌ってくれないかなーと期待していたのですが、残念ながら無し。その替わりといってはなんですが、同アルバムに収録されている「水星」を歌っていました。音源では他のアーチスト(オノマトペ大臣)が歌っているのですが、仮谷バージョンもあるそうな。客席上方にあるミラーボールも回すというらしい演出ある中で歌っていました。ラップもいい感じ。

 

 ステージ両脇にあるお立ち台に上がって歌ったりもしていましたが、その時自分も見やすい位置になって目と笑顔のキラキラ感がすごいなーと。この日の衣装がCDジャケットで着ているものと同じで、グレーのナイキのロングな半袖トレーナーが似合っていました。他に印象に残ったのはしっとりと歌い、一つの声なのにほんのりと多重になっている気がするボーカルがつぼの「夜が終わるまで」、アンコールで歌ったウキウキとさせるトラックにポップな感覚がはじけまくるセカンドシングルのリードトラック「Nobi Nobi No Style」なんかが印象的でした。「Nobi Nobi No Style」の繰り返しなフレーズを効果的に使う歌詞も良い感じで、またイヤホンの片方が壊れて聞こえないなんて歌詞もあったりと、あるあるーと言いたくなるフレーズがそこかしこにあるのも良いです。

 

 アンコールは号泣しながらの登場でした。1年前にデビューされたそうですが、1回シングル出しておしまいかと思っていたけど3枚目まで出すことができたと。ここまでこれたのは家族、友人、スタッフ、お客さんが支えてくれたからと感謝の言葉を伝えて、アンコール曲に入っていました。凝ったしかけやダンスはなくとも、楽しく体を揺らしながら聞けて、まっすぐに伝える歌を堪能できる楽しいライブでした。

 

 ちょい余談です。彼女の顔立ちは知念里奈やPerfumeのあ〜ちゃんに似ているなーという印象なのですが、この3人に共通するのがアクターズスクール出身ということ。3人とも学校の場所自体は違う(知念は沖縄、あ〜ちゃんは広島、仮谷は大阪)のですが、多種なタレントを生み出しているよなーと。
 

author:de nudge, category:live(Othersライブハウス), 10:11
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:11
-, -
Comment