RSS | ATOM | SEARCH
2016/06/10 indigo jam unit at Billboard Live TOKYO
 3ヶ月ぶり6回目の大阪出身のピアノ、ウッドベース、ドラム、パーカッション/ドラムの男性4人組ジャズバンドを見ます。彼らはこの夏で活動休止を宣言していて、現在ファイナルツアー中となります。この日1日2回公演の2回目に参加しました。

 indigo jam unitの曲名はシンプルなものが多く、またインスト曲ながらその曲名から想起しやすい曲となっていて、さらにステージ後ろのスクリーンに曲名を出したりするので、音源持っていない曲でも覚えやすいです。この日やった曲順は(間違ってたらゴメンナサイですが)「Escape」「Horizon」「Stomp」「Rio」「Raindance」「Raindrop」「Nostalgia」「Sepia」「Danza Eterna」「2×2」「Trailer」「Rush」でした。

 スモーキーなベースラインから始まるジャズな「Escape」からスタート。じわじわと他の楽器が重なって終盤に目がけてドラム中心に爆発する展開はこのバンド必殺ともいえる持ち味ですが、何度聞いてもおーっとなれる素晴らしさがあります。続いての「Horizon」はリズミカルなピアノからスタートする曲ですが、リズム隊とのからみがよくそこから展開するピアノフレーズもキレイ。「Stomp」は小気味よいドラムから始まる曲でそこにクラシカルなピアノフレーズが乗っかるのが良いですね。

 と、曲により様々な展開や音を凝らしているのですが、ライブ全体では統一された音の質感がありバラバラな感じがせず流れるようにライブが進みます。細かいことは詳しくないので分かりませんが、シンプルな黒と白で統一したバンドのイメージカラーや固定カメラを使用した映像の見せ方とともに、音に対する聞かせ方もこのバンドならではのこだわりがあるんだろうなーと感じさせられます。

 中盤のRもしくは水シリーズ(「Rio」は「日本語で言うところの川」です。MCでは「スペイン語で言うところの川」といって笑い誘ってました)の3曲や「Nostalgia」「Sepia」などのシックな曲などでも、情緒的な面をたっぷり織り込みながらもそこに流れすぎないのは音のセッティングによるものが大きいのかなーと思ったり。そしてそこでのツインドラムの使い方もおもしろいなと。ピアノのメロディによってドラムを交替して展開する「Nostalgia」なんか特にその面がありました。

 終盤は鉄板の盛り上がり曲を持ってきます。「2×2」は何度聞いてもおーすげーとなりますね。ベース×ドラム、ピアノ×ドラムのコンビで替わる替わる演奏して、その間隔が徐々に短くなって4つの楽器で爆発する展開が最高です。

 今、出ているツアー日程だとこの日が自分にとってはライブ見るの最後かなーと思ってたのですが、まだ出ていない日程もあるようです。あと1回くらい聞ける機会があるでしょうか。
 
author:de nudge, category:live(Blue Note,Cotton Club,Billboard,etc), 10:48
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:48
-, -
Comment