RSS | ATOM | SEARCH
2016/02/28 徳島ヴォルティス at ジェフユナイテッド千葉
【結果】
 1-2でジェフ千葉の勝ちでした。

【感想】
 Jリーグ開幕。ファンであるジェフ千葉の試合を2週間前のプレシーズンマッチから続けてみました。今シーズンは大幅な選手入替があってのスタートとなります。

 先発メンバー。千葉はGK佐藤優也、DFは左から阿部翔平、近藤、イ・ジュヨン、多々良、ボランチはアランダ、富澤、攻撃MFは井出、小池、FWはエウトン、船山という4-4-2。2週間前から2人入れ替わり。インフルエンザから復帰のセンターバック近藤とボランチの富澤。控えメンバーの印象とともに(FW1人しか入れてない)、守備面に重心を置いた布陣の印象。徳島も同じく4-4-2でガッツリ選手が相対する対決となりました。

 試合開始。やはりプレシーズンマッチより当たりが全然違って、本番だなーというのが最初の印象。お互いイエローカードをもらうようなファウルは避けつつも激しいボール奪取を試みてカウンターを狙います。ただ中盤でボール奪われるのは避けるようにしていてバックラインからFWに当てるロングボールと、サイドからショートパスとドリブルで組み立てるといった攻撃のオプションも両チームとも共通した印象でした。がたいが良いポストプレータイプ(エウトン、山崎)と幅広く動き回るタイプ(船山、渡)というFWの組み合わせも同じ。徳島のFW山凌吾という選手初めて見ましたが、長身で体も張れて、縦への推進力もあって好印象なプレーでした。

 前半はゴール前へ攻め込む場面はお互い少ないですが、徳島の方が優勢。選手間の距離感もよく複数人数で囲んで千葉の攻撃をよく抑え込んでいました。攻めも中盤あと一人躱していればチャンスだなーという場面がいくつも。千葉はそれをギリギリで防いでいた感がありました。千葉は2週間前よりもラインも深めでオフサイド全く取れず、保守的な姿勢になっている感ありました。

 後半になると、前半は様子見だったのかなと思うほど両チームともシフトアップしてきました。千葉はライン設定を高めにしてくる場面が増え、中央縦のグラウンダーパスをガンガンに入れてきます。攻撃MF井出は持ち前のドリブル突破だけでなく、後方を常に気にしつつ幅広く動いている守備でも貢献していて、右サイド小池が中央に入り込んだ攻めから徳島にボール奪われカウンターくらったら、すばやく自分がいる逆サイドの右サイドに猛然と走って戻ってボールを追いかけた場面は見事でした。惜しむらくは先週と同じく1対1でボール奪う場面がほとんど無かったことくらいでしょうか。

 シフトアップした千葉ですが、それでも徳島を完全に崩すには至らず、逆に徳島はDFとGKの空いた千葉のスペースを積極的に狙っていきます。後半15分過ぎ、徳島は右サイドのペナルティエリアとハーフライン間あたりでフリーキックを獲得。そこから放り込んだボールがペナルティエリア中央で待ち構えていた徳島サイドバック冨田の前にこぼれてシュート、千葉の選手に当たってゴールになります。

 千葉は負けている中、攻撃に強い選手を入れてきます。MF長澤、FW吉田、MF山本。長澤は去年までドイツリーグでプレーしてた選手だそうで、Jリーグデビューになります。ものすごいテクニシャンでショートパスとドリブルで見せます。ボランチのアランダとせまい距離で細かくパス交換しつつ、右サイドバック多々良の上がりにポーンと浮かせたパスをつなげて突破した展開とかすごかったです。せまいエリアでもちょこまかと動いて、常にボールをもらえる態勢にしようとしているのがすごい。

 FW吉田は体が大きくヘディングはまかせろとばかりどんどん自分に放り込んでいくようアピールしてきます。それが実ったのがアディショナルタイムに突入してから。右サイドから山本がスピードあるクロスを放り込んで吉田の頭にピタリとはまって同点に追いつきます。千葉は攻め込んでいたものの徳島に守り切られてしまうんだろうなーというムードの中での見事な同点劇でした。これだけでも充分満足、、と思っていたのですが、千葉はイケイケでさらに攻め込みます。怒涛のごとく選手が前へ前への姿勢を強めて、中盤でセンターバックのイジュヨンがボールをカットして左サイドへ展開、井出から左サイドバック阿部につなげてセンタリング、中央でボールがあちこち動いたところのこぼれ玉を長澤がけり込んで逆転、スタジアムの盛り上がりはとんでも無いものがありました。(自分含めて)大人しく座り込んで見ていたバックスタンドのお客さんも立ち上がって歓声あげてました。

 最高の展開でしたが、全体としては負けペースといえるものでやはりそう簡単には昇格できないんだろうなーと思える試合でした。選手のタイプは多種多彩に揃った感じなので、今回結果を残した途中交代の選手含めて、次の試合でどう使っていくのか楽しみです。相手チームの研究を推し進めて、都度適正な選手を抜擢するところまでいければ良いのですけど。
 
author:de nudge, category:Jリーグ, 21:44
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:44
-, -
Comment