RSS | ATOM | SEARCH
2016/01/30 KAZE、Zeeblebuzz A Knot、航 at 吉祥寺MANDA-LA2
 ドイツに在住しているピアニスト藤井郷子、トランペッター田村夏樹のご夫婦コンビが組む多種多様なバンドの一つKAZE。オーストラリアツアーの後、日本各地も回ってこの日が最終日とのこと。このバンドを見るのは初めてとなります。前出た2組、そして会場自体も初めてと初めて尽くし。地下にある古びたジャズクラブな印象は良い感じで、お客さんも良い埋まり具合でした。見た順に感想を。

 
 女性ピアニスト/シンガー。ソロでのパフォーマンスです。30分ほど。リズミカルなピアノに童謡、スキャットなどの歌を展開。ピアノ音にかなり惹かれました。キレの良さと丁寧さが混じっていて、畠山美由紀に近い印象の声がのっかる歌とともに聞き味はあまり味わったことが無いもの。なんか端正で大人しいZAZEN BOYSと言いたくなるような変拍子混じりのピアノ音に語り口調で歌うような曲もありました。チューリップの「サボテンの花」のカバーもあり、良い感じで歌い上げていました。


 Zeeblebuzz A Knot
 女性ボーカル/ギター、男性ベース/ドラムの2人組で45分ほど。ライブではサポートに男性機械/キーボード、男女一人ずつのダンサーが付いた編成です。始まり部分にギター、ベース、機械からじわじわとした音のセッション的な展開がある曲がありますが、そこ以外は基本的にベースリフをサンプリングして、そこにニューウェーブ+ヒップホップ的な展開で聞かせます。ラップっぽいボーカルとともに、その間のあるリズムとサイケやファンクな感覚を織り込んでいくのがかっこ良い。パントマイムやブレイクダンスなどを織り込むダンサーの動きも曲のイメージに合っていました。機械とキーボード使ってほんのりノイズやブレイクビーツなどを出すサポートメンバーが出す音も効果的。一曲ベースを弾く曲があって、ツインベース的な音展開になったのもおもしろかったです。


 KAZE
 メンバー構成はピアノ、トランペット×2、ドラムという特殊編成。田村、藤井の他2人はフランス人だそう。この編成から繰り出される1時間ほどのライブは刺激ありまくりのジャズでした。最初は各楽器から出される小音から立ち上がっていって、そこからだんだんピアノとドラムに明確なリズム、フレーズが出て来るとそこに動物の泣き声的な2管のトランペットの音が重なっていって、ユニゾンでテーマを吹いたりします。小道具の鳴り物なんかも使って、即興的な展開も聞かせます。田村は木でできたシャラシャラとした鳴り物の他に、以前のライブでも見たブタのブーとなるおもちゃも使っていました。

 もう一人のトランペッターChistian Pruvoは見たこともない小道具を使っていて、トランペットの真ん中辺りにある穴におもちゃっぽいトランペットの傘部分をつけて、さらに吹き口にはピアニカのホースをつけて吹くなんてことをやっていた場面がありました。二つの口から鳴らされるトランペット音というのもおもしろい。そういった場面もありつつ2管が出す強烈なフレーズを聞かせる場面も多々ありました。とりわけ2曲目最初の部分の田村の出す音がすごかったです。痩せ気味の研究者的な風貌を持つドラムPeter Orinsとピアノ藤井との噛み合わせも良く、ドラムとピアノの2つのみで即興的なノリからロック的なリズムで展開していった場面なんかはおもしろかったです。

 アンコールは「竹田の子守唄」という民謡のカバー。この編成で素朴なメロディを奏でてしっとりと締めるラストも良かったです。
 
author:de nudge, category:live(Othersライブハウス), 17:54
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:54
-, -
Comment