RSS | ATOM | SEARCH
2015/09/27 Perfume at 日本武道館
 デビュー10周年、結成15周年を迎えた女性テクノポップアイドル3人組のPerfumeの武道館でのライブ。前後10日間くらいで武道館中心にいろいろイベントなどやっている中で、この日はライブでした。

 時間は3時間近くに渡るもので、今回の印象としてはライブというより、ライブ付きのファンミーティングといった趣きでした。まだツアー残っているので、ネタばれはNGというお達しがあったので、ツアー終了後感想を追記します。

(2015/10/08追記)
 
 会場入ってびっくり。武道館中央に巨大な円形のステージがあってそこを客席がぐるっと取り囲むようなスタイルです。1階のスタンド席から見ました。当日にならないと座席が分からないという形式(IDチェックもあり)。スタッフの人数もものすごく、ステージセットの豪華さも含めて元取れるのかしら?と余計な心配をしたり。

 ライブスタートから度胆抜かれる演出。レーザービーム舞う中で中央からPerfumeの3人が飛び出して「FAKE IT」を歌います。ダンスと映像、光との噛み合わせが毎度かっこ良く、大舞台に映えますね。そこから「NIGHT FLIGHT」「コンピュータシティ」「Pick Me Up」と古い曲と最新曲を組み合わせて立て続けに歌います。かわいさ、かっこ良さを兼ね備えたダンスがすごくおもしろいですが、なんといっても同じ振りを輪唱のようにずれさせていくスタイルがところどころに織り込まれるのがつぼです。2曲目あたりであ〜ちゃんがステージ合間にある溝にヒールを引っ掛けてしまって動けなくなるみたいなトラブルありましたが、その後は問題なく(時折ひざ気にする時もありましたが)パフォーマンスしてました。

 そしてPerfumeお馴染み長いMCタイムに入ります。個人的にはMC少な目でひたすらライブモードでぶっとばしてくれるスタイルの方が好みなのですが、激しいダンスを立て続けにやるのも難しいでしょうし、見る側としても音圧強めなテクノ音と派手な照明を浴びまくるのも疲れちゃうので、箸休め的なMCはリラックスタイムには良いのかもしれませんね。とはいえ、ダンスや派手な照明無しでも良いので歌って欲しいな(ソロのコーナーとかあれば他メンバー休めますし)と思ったりもするのですが。

 MCは相変わらずおもしろい。のっちはお笑い好きなんだろうなーと思えるしゃべりで、客いじりやメンバーへのツッコミうまいなーとこの日思いました。かしゆかはよくダンスできるなーというほど運動神経が無いという話になって、のっちが「そういえば学生時代かしゆかとクラスは違ったけど、体育の授業は一緒で、ある日ハードル走でかしゆかと同じ組になってスタート切って途中、横目の視界からかしゆかが消えた。ゴール後振り返ったらかしゆかがハードルに引っかかってこけていた。」「だってー、走るとジャンプするの一緒にするなんて無理だよ。今もここに傷が残ってる。」とひじを見せていた場面は和みました。あ〜ちゃんは相変わらず「ON AIR EASTが〜、Liquid Roomが〜」とデビュー最初の方でやっていた頃のライブハウス名出すの好きですね。

 そして歌、、に入らなく今回のツアータイトル「LIVE 3:5:6:9」の3569とは「すごろく」と実は読むそうで、すごろくタイムに入ります。円型ステージの円状の床に9曲表示されていて、それをサイコロ回して当たった曲をやるという企画。何が当たるから分からないから、メンバーもスタッフもすぐに準備・対応しなければならないという。それをメンバー3人がそれぞれ1回と、客席から2人個々に呼んで(座席番号読み上げてそこにいた人がステージ上がって)サイコロ回してました。計5曲。当たった曲はCDジャケットの映像が円形ステージ床に映し出されて、そこに寝転がってジャケットと同じ格好になる3人がかわいい。

 当たった曲は、向きや立ち位置だけちょちょっと決めて曲に入ります。やった曲は「レーザービーム」「未来のミュージアム」「Twinkle Snow Powdery Snow」「1mm」「彼氏募集中」。振り間違えてる場面もちょっとだけあったかな?と思うところもありましたが、照明含めてびしっと決まってました。「彼氏募集中」という曲は知らなかったのですが(さいころ振ったあ〜ちゃんがなんでも選べる当たりを出して選んでました)、デビューしたてのまだ「ぱふゅ〜む」と名乗っていた頃で、爆風スランプのパッパラー河合がプロデュースしてた時の曲だそう。振付が「未来のミュージアム」と似てるとこあるなーと思わせるスタンドマイクでのパフォーマンスでした。

 ここからは完全なライブモードに入ります。「GAME」は強烈なテクノ音に隠れるように聞こえるボーカルがいい感じで、照明とメンバーが持つライトサーベルの組み合わせがかっこ良い。ステージが上下に稼働し薄いスクリーンが円形のステージ回りに立ち上がり、どこが映像でどこが本人か分からないような形で音とともにガンガンせまってくる「Party Maker」は大仕掛けの演出にぴったりはまる曲で、最近のライブでは個人的に一番上がる曲になります。本編はラストは「ワンルーム・ディスコ」「チョコレート・ディスコ」とディスコ2連発かました後、さわやかさとかわいらしさがある「Puppy Love」で締めました。

 アンコールは1曲のみで新曲を。ウォーウォーとみんなで歌うPerfumeには珍しいシンガロングタイプの歌でした。デビュー時のイベント時は家族総出で真冬の寒い中ビラを配りまくったのにも関わらず、お客が2名しか来てくれなかった、今はこれだけ来てくれるようになったけど、初心忘れず感謝を持って活動していきたい、これからもみんなから必要とされる限りは活動していきます、と凛とした表情であ〜ちゃんが宣言して締めていました。良い歌を出し続けたり、楽しいライブしていく限りは(ペース落ちるかもしれないけど)見ていきたいな、と思っています。1ファンが思う勝手な願いとしては誰かが結婚や出産したって、グループで活動続けて行って欲しいな、と。安室奈美恵や木村カエラみたく、結婚や出産の後も元気に活動して人気を維持している存在であって欲しいなー、と。それが後続のグループアイドルの良い手本・目標にもつながるんじゃないかとも思ったりするので。
 
author:de nudge, category:live(日本武道館), 21:20
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:20
-, -
Comment