RSS | ATOM | SEARCH
2015/08/15,16 Summer Sonic(二日目) at 幕張メッセ、マリンスタジアム
 幕張メッセとマリンスタジアムなどを使っての複数ステージで繰り広げられる恒例の夏フェス二日目。

 見たアーチストは以下です。カッコが無いものはフルで見ています。
 SMALLPOOLS(最初の20分ほど)→GENERATIONS from EXILE TRIBE→NOTHING BUT THIEVES→THE SOUL REBELS→郷ひろみ→CLEAN BANDIT→D'ANGELO AND THE VANGUARD

 この日は初めて見るアクトばっかりでした。前日と同じく会場外で食事したりして合間は結構のんびりした時間も作りつつライブ楽しみました。順に感想を。

 
 SMALLPOOLS
 ソニックステージでアメリカの男性4人組エレクトロポップバンドを見ます。キーボード/ボーカル、ギター、ベース、ドラムの編成で爽やかに弾ける楽曲を中心に。集まった多くのお客さんもポップなノリにいい感じに反応、朝一から盛り上がっていました。3曲目辺りでやっていた、縦掛けにした鉄琴をボーカルとベース奏者2人で叩いていたりとかわいらしい音も効果的にはさんだりしたのが印象的。シャチのビニールでできた空気の乗り物(海とかで乗っかるやつ)を客席に投げ込んで回し当たりと楽しい空間を演出してました。


 GENERATIONS from EXILE TRIBE
 マウンテンステージでボーカル×2、ダンスメンバー×5の男性7人組を見ます。先月MUSIC JAPANという番組収録で1曲だけパフォーマンスしているのを見ていますが、ちゃんとライブ見るのは初めて。ダンスがめちゃくちゃかっこ良い、もうすごいとしかいいようがないほど。体格の良いイケメン達ががつっと揃ったダンスを見るのはあまり機会がなく新鮮な体験ですね。ソロダンスコーナーやボーカル交えたユニゾン的なダンスなどいろいろ見どころありました。トラックもそんなにイヤにならず聞けるものが多くてダンスとも合っています。ボーカルは2人とも線が細く高音な声でした。流れるようにメロディが聞けるもので、それはキレあるダンスを浮かび上がられるのに効果的でした。ボーカルのお一人はかわいらしい小顔で女装すれば女性アイドルとしても人気出てしまうかも、、と思えるような方でした。そしてMUSIC JAPANと同様に女性の歓声がほとんどの中、ダンスメンバーの一人である関口メンディーだけは男性からの歓声を浴びてたりしましたね。


 NOTHING BUT THIEVES
 マウンテンステージでイギリス・エセックス出身、ボーカル、ギター×2、ベース、ドラムの男性5人組を見ます。高らかに歌う高音ボーカルに奥行があるアレンジがからんで最初の曲からいいバンドだなーと思わされました。ミドルテンポでジリジリと聞かせる中に激しいアクション交えた2つのギターががつっと音と鳴らすのはサイケ的な味もあって良いです。Led Zeppelinのカバー「Immigrant Song」のカバーもこのバンドならではのアレンジになっていておもしろく聞けました。


 THE SOUL REBELS
 マリンスタジアムの脇にある入り口から浜辺に向かった先にあるビーチステージ。年々作りが立派になっていっていますね。ここで前日MACKLEMORE & RYAN LEWISにもゲスト出演していたアメリカ・ニューオーリンズ出身のブラスバンドを見ます。スネアドラム、ベースドラム、スーザーフォン、トランペット×2、サックス、トロンボーン×2とまさしくニューオーリンズなスタイル編成の8人組。スーザーフォン奏者のみ女性で後は男性という編成が珍しいでしょうか。セカンドライン、ファンクを軸に管楽器音が舞う曲ですが、Eurithmicsの「Sweet Dreams」など有名ポップソングカバーなども織り込んでいたりと、より広範囲な音楽を飲み込んでいるような演奏っぷりでした。管楽器隊はそれぞれボーカルを取ることもあるのですが、みんないい声、特にサックス奏者は煽りも含めて強い声出してましたね。またみんなでちょっとしたステップ踏んだり、管楽器を同じ方向で揺らしながら演奏したりと楽しくなるようなダンスもちょこちょこと入れて来るのも良いです。1時間ひたすら体揺らして楽しく聞きました。


 郷ひろみ
 幕張メッセ内にあるレインボウステージに移動して今年60歳を迎えるという日本のスターな男性シンガーを見ます。まさかのサマソニ出演、ライブ見る機会あると思いませんでした。ギター×2、ベース、ドラム、サックス、キーボードという編成のバックバンドが演奏する中、スレンダーながら筋肉もありそうな体格の郷ひろみ登場、「GOLDFINGER '99」を歌います。多くのお客さんが集う空間が大盛り上がり。バンドもロック色が強いパワフルなもの、それが張りのある郷の声と合っていました。「10代から50代まで各年代で作った曲をやります。」と宣言して、「男の子女の子」「お嫁サンバ」「How many いい顔」などなど歌います。そしてラストは「2億4千万の瞳」。サビの「おーくせんまん、おーくせんまん」というコーラス部分歌っちゃいました、バリ盛り上がりましたねー。ラストはステージ左右をなぜか猛ダッシュで何往復もして締めていました。若い。


 CLEAN BANDIT
 ソニックステージにてイギリス・ケンブリッジ出身のグループを見ます。正式メンバーは4人だそうですが、ライブはドラム、ボーカル、コーラス、キーボード×2、バイオリン、チェロ/キーボードと7人編成。男女混合、多種な人種で編成されていて懐かしいと感じられるビートを組み込んだダンス曲を軸にメインボーカルが曲によりあれこれ入れ替わるスタイルは、今年のフジロックで見たRUDIMENTALと似ていますね。こういったパーティー感覚を前面に押し出すユニットはフェスに持って来い。電子音弾けるソウルポップな曲は親しみやすさもあって、聞くの初めてな曲ばかりながらウキウキと聞けました。曲によってはサックス入れたりラガマフィンなボーカル入れる曲もあったりいろいろ変化つけてましたが、個人的なつぼは中盤にやったハウス直球なアレンジの曲でした。


 D'ANGELO AND THE VANGUARD
 マウンテンステージのトリで、今回サマソニ最大のお目当てのD'ANGELOのライブを見ます。アメリカ・バージニア州出身の男性ソウルシンガー。活動休止状態が長かったそうで、20年ぶりの来日公演とか。待ち望んでいたファンが多かったようで、大きなマウンテンステージに多くのお客さんが詰めかけ、始まる前の期待感もものすごいことに。バックのメンバーはコーラス×3、ドラム、ベース、ギター×2、キーボード、管楽器×2といった編成。メンバーの内、ドラムChris Dave、ベースPino Palladino、ギターIsaiah "Sharkey" Thomasの3人でのライブを3年前に見ているのですが、この3人をまた見れるというのがうれしいですね。バンドメンバーは左右に分かれた形で演奏(中央奥にD'ANGELOが弾くキーボードがあるため)なのですが、この3人は固まっての位置というのも個人的にはうれしい。

 アルバム「Black Messiah」に収録されている1曲目「Ain't That Easy」からスタート。バンド演奏からスタートし、ステージ奥からギター弾きながらD'ANGELO登場。歓声がすごい。そこから「Black Messiah」の曲を軸に確固たるソウル音楽を堪能しました。ジャズなギター、キーボードを軸にした「Betray My Heart」ではコーラス隊とともに小気味いいステップ踏んだり、「The Charade」ではお客に歌うよう呼びかけたり(これ誰かのTwitterでここの部分みんな歌覚えていってねーと事前に呼びかけがあったのですが、長すぎて最後の「ザシャレード」部分しか覚えられず…)、「Really Love」ではIsaiah "Sharkey" Thomasと横に並んでスキャットしてThomasのギターが追いかけるようなセッションあったりと。こういった記憶に残るポイントもいろいろありますが、ライブでやった曲全て良かったなーと流れていく音とボーカルを堪能しまくりました。本編ラストの「Sugah Daddy」はコール&レスポンス交えての異様な盛り上がりの中終了。

 アンコールはドラムChris Daveのソロから始まり、他の演奏陣も音に加わってからD'ANGELOがマイクを手に歌い、、かけようとして後ろに戻るってなコントみたいなことを何回かやっていました。そこから端正かつ叫びも感じさせるような歌をしっかりと歌い上げます。オフマイクで歌っていたりする姿にも感動させられました。そして後方キーボードの位置に座って、他の演奏陣が一人ずつ演奏を止めてはけていきます。この演出もすごく良かったですね。最後ベースPalladinoが去ってからは、キーボード弾きながら歌うソロパフォーマンス。そこでしっとりと締めて1時間15分ほどのライブが完了しました。
 
author:de nudge, category:festival(Summer Sonic), 16:18
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:18
-, -
Comment