RSS | ATOM | SEARCH
2015/07/12 ザスパクサツ群馬 at ジェフユナイテッド千葉
【結果】
 2-1でジェフ千葉の負けでした。

【感想】
 テレビではたまに見てましたが現地では今シーズン2回目の観戦になります。フクダ電子アリーナのバックスタンドでのんびり観戦。シーズン開始はハイプレスサッカーがはまって好調な出足でしたがボランチ佐藤勇人の負傷きっかけでつまずき、負けがこんできて佐藤勇人復帰後もいまいちな調子なまま夏を迎えました。この日は途中加入の新戦力を抜擢しましたがうまくいかなかったです。

 千葉はシーズン開始から続けている4-5-1のフォーメーション。GKはシーズン途中からレギュラー奪い返した岡本、DFは左から田代、富澤、キム・ヒョヌン、金井。左サイドバックレギュラーの中村は負傷のようで田代が代役。3日くらい前に横浜マリノスから加入発表があった富澤がいきなりの先発。ボランチは不動のパウリーニョ、佐藤勇人。不安定極まる攻撃陣はMFが左から谷澤、町田、ネイツ・ペチュニク、FWはこれまた3日くらい前に川崎フロンターレから加入発表があったアン・ビョンジュン。

 群馬がオーソドックスな4-4-2。ゾーンで守るカウンター型のチームでラインコントロールうまくいけば千葉相手には一番有効な戦術と思えます。守備時の相手との間の取り方が素晴らしく、またボール奪った後のカウンターが見事でした。

 試合は千葉がボールを支配する展開ですが、これが群馬がわざとそうさせているのではと思えるほど全然千葉のペースに見えませんでした。開始10分くらいこそ、右サイドのネイツと金井ががんがんに群馬DFにけしかけて攻めたてますが、徐々に群馬が対応してきます。ネイツと金井はヘディングが強く浮き球の競り合いに勝てて、そこから有効な攻めたてをしようと試みますが、そこからもう一歩が攻められない。群馬は足元だったら1対1でも勝てると判断したようで、千葉が後方で回す時には千葉攻撃陣との間を空けて足元へのパスを通させた後に、近寄ってボール奪取するやり方に変えたように見えました。裏さえ取られなければ後ろ向きにボール持たせても全く怖くないと。

 そして群馬が中盤でボールを頻繁に奪えるようになります。千葉は攻撃時、ボランチのどちらかがセンターバックの間に入って3バック形式になりボールを動かします。両サイドバックがかなり高い位置に張るのですが、中盤でボール奪われた時の決め事が無いのか、実質一人になるボランチではどうしようもない印象。がんばってサイドバック自身が帰るくらいしか手が無いようで、全力で戻った時に群馬攻撃陣と1対1を強いられてもそりゃ突破されることはあるよねーといった感じ。前半取られた1点はきれいに左右に振られたカウンターを千葉の選手が後手後手になり決められてしまいました。

 後半も同じような展開だったのですが、パウリーニョに替えて佐藤健太郎投入の采配が当たり、同点に追いつきます。中村欠場によりこの日セットプレーのキッカーを務めていたパウリーニョですが、全然チャンスを作れず。交替した佐藤健太郎がキッカーを務めたセットプレーが見事に決まりました(佐藤健太郎のキックからキムがヘディングで折り返しネイツがヘディングで押し込んだ)。ここのシーンでバックスタンドに向けてガッツポーズをして観客を煽る佐藤健太郎がかっこ良かったですね。応援しなきゃと鼓舞されました。

 ここから千葉優位のペースに、、全くならず千葉の後方でもボール回しがばたついたところを群馬が奪い取り、MF吉濱が見事なミドルシュートを決めて勝ち越してそのまま逃げ切りました。ネイツ以外の攻撃陣は不調、まだFWアンはおしいシーンも作りだせていてこれからの期待持たせていましたが、町田と谷澤はほとんど機能せず。特に谷澤は後ろ向きにボールもってのボールキープ以外には何もできず、前向きでのボール持った時にたついてあっさりボール取られるシーンが何度も。大人しく見ているバックスタンドのお客さんがその判断の遅さに「遅い」と声が揃ってしまう時もありました。ネイツ、谷澤の両サイドが1対1でドリブル仕掛けられないというのはかなり厳しいなーと思いました。ネイツはまだワンツー狙ったりと周りを使っての突破を試みていましたが、谷澤は保守的なボールコントロールに終始していたような印象でした。

 千葉はこの日の敗戦で戦術見直しを考えざるを得ないのでは、、と思いました。守備時が4-5-1、攻撃時が3-3-3-1となるフォーメーションですが、先に書いたように両サイドバックの上がったスペースを簡単に突かれてしまうので、選手を入れ替えようがどうしようも無いのでは、、と思われます。ドリブルで仕掛ける選手が一人でもいれば良いのですが、攻撃的な選手では一人もいないと思えます。この日欠場の左サイドバック中村が唯一仕掛けられる選手、あとこの日途中出場のMF井出も攻撃陣の中ではいけるメンバーかなと思えますが、中村ほどは仕掛けられない印象です。もし今の戦術で行くのであれば、GKの補強ができればもしかして、、かもしれません。今回取られた2点もGKの責任、とは言えないものの止めて欲しいよなーと(特に1点目)思ったので。

 素人の妄想になりますが、今の選手で行くのであれば攻撃陣は減らして守備的な編成にした方が良いと思います。攻撃は3枚だけ。それで4バックであればトリプルボランチ、(実質5バックの)3バックであればダブルボランチ。そうすれば両サイドバックが上がった後のカバーリングが容易と思います。新規加入したアンはがたいよさそうなので、元々ヘディング強いネイツと組ませて、中盤こねくり回さず放り込んでしまえば良いのではと。富澤はセンターバックで使われましたが、個人的には横浜Fマリノス2013年シーズン、中町と組んでいたボランチコンビが凄すぎた印象があるので、ボランチ、もしくは3バックの一角として使いたいなーと。この日も前半ペナルティエリア近くまで進出してボール奪っておしいミドルシュート放ったシーンがあったのですが、4バックでのセンターバックではあーゆーこともあまり出来ないと思うので。

 と、ぐちぐち書いてしまってすみません。どこかで光明が見えてくると良いなーと思うのですが、ジェフ千葉がJ2に落ちてから苦手にしている夏場どうなるでしょう。
 
author:de nudge, category:Jリーグ, 21:55
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:55
-, -
Comment