RSS | ATOM | SEARCH
2015/04/25,26 あらばきロックフェス at エコキャンプみちのく
 8回目の参加となる、宮城県のロックフェスティバル。みちのく公園の一角にあるキャンプ場を利用してのフェスティバルです。山と木々、湖に囲まれている素晴らしいロケーションのキャンプ場で行われるフェス。これまで2日間行く時も仙台に戻って宿に泊まっていましたが、今回初めてのキャンプで過ごしました。天気が2日間とも快晴で昼間は暑いくらいだったのですが、夜の冷え込みがすごい。ガタガタ震えながら寝袋にくるまってテントで寝ました。

 自宅を6時に出発、東京駅7時過ぎの新幹線に乗って9時くらいに仙台駅に到着。そこから会場行きのバスに乗るのですが、毎年待ち行列が長くなっていくのが今年最長、なんと2時間半待ちでやっと乗れて、1時間ほどバスに揺られ現地に12時半に着きました。主催者が今後改善する旨のコメント出していましたが、ゴールデンウィーク開催なので渋滞は必須で劇的改善は難しいでしょうねー。

 事前に何見るかあまり考えておらず、主要6ステージ同時並行で行われるライブを行き当たりばったり行き来して見ました。見たもので、以下のような順番です。カッコが無いものはフルで見ています。

 (初日)ソウル・フラワー・ユニオン→Nabowa→eastern youth→Kitty, Daisy & Lewis→TOTALFAT→ユニコーン→うつみようこGO! GO! 50バンド

 (二日目)People In The Box→ハンバート ハンバート→THE BOHEMIANS(最後の1曲手前まで)→畠山美由紀→SOIL&"PIMP" SESSIONS→Spitz→clammbon→GRAPEVINE→dip

 今年はいい感じでほとんどのアクトをフルで見ることができました。Kitty, Daisy & Lewis、ハンバート ハンバート、dipの3組が相当インパクトありました。順に感想を。
 
(初日)
 ソウル・フラワー・ユニオン
 10年ぶりくらい3回目に見る和の感覚をふんだんに盛り込んだミクスチャーロックを聞かせるバンド。ギター/ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード、チンドン太鼓の編成で、今回はゲストでコーラス/チンドン太鼓でうつみようこが加わります。ちんどん×パンク、沖縄民謡×ブルースなどおもしろいなという組み合わせのアレンジに太い声で歌われるボーカルがかっこ良い。ラストの「満月の夕」では、このステージで次に出演控えるOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDのTOSHI-LOWも飛び入り参加してコーラスに加わってました。


 Nabowa
 3年ぶり3回目に見る、バイオリン、ギター、ベース、ドラムのインストバンド。バイオリンの流麗なフレーズを核にいろんな要素の音を盛り込んだアレンジを聞かせるバンドで、ラストの曲以外はジャムバンド的なダンス、即興要素はあまり無く、ポップス的なかちっと決めたアレンジの曲が多かった印象で最近の自分の好みに合ってました。ボサノバなアレンジとか、ギター奏者がドラムパッドでビート出して、ドラム奏者がドラムキットの上に立ち上がってピアニカ弾いたりする場面とかおもしろく聞けます。お客の反応も良くて初聞きの人多かったかと思いますが、結構お客の心つかんだんではないでしょうか。


 eastern youth
 1年ぶり4回目くらいに見る、ギター、ベース、ドラムのロックバンド。活動歴27年と長いバンドですが、6月でベース二宮友和が脱退するということもあって、お客やバンドの焦点がそちらに向かっていたような。珍しくMCもしてました(脱退に関することはしゃべってなかったですが)。がっつりと聞かせるリズムに激情なギター、ボーカルが乗っかるスタイルは熱く聞けますね。ひさびさに(もしかして初めてかも)「夏の日の午後」が聞けてうれしかったです。


 Kitty, Daisy & Lewis
 今回唯一の海外アクト。5年ぶり2回目に見るイギリスの兄弟3人バンド。お父さんとお母さんがサポートに入る5人編成で、お父さんはギター/タンバリン、お母さんはベース担当。兄弟3人(姉2人、弟1人)はギター、ドラム、キーボード、ハーモニカを曲ごとに担当替えし、メインボーカルもそれぞれ曲ごとに分けます。ヴィンテージ感あふれるロックでその一音一音がかっこ良くウキウキと聞けます。担当替えすることで曲ごとの音個性も出ていて、特にドラムは変わりますね。それぞれのボーカルも良いですが、ドスの聞いた声と、ドスの聞いたブラシでのスネア叩きを聞かせる長女Daisyは印象的。ラストに歌った彼女のスネア叩きとボーカルが味わえる「Going Up The Country」はインパクトあります。次女KittyもDaisyと同じマイクでボーカルとハーモニカを担当する見せ方も良いです。中盤ゲストでジャマイカのトランペッターEDDIE "TANTAN" THORNTONが何曲か加わっていました。5年前のフジロックでも加わっていてその時はスカ、レゲエ曲のみだった記憶ですが、今回はブルースな曲など他のジャンル曲でも馴染んだ加わり方をしていました。彼らは今年のフジロックでもやってきます。


 TOTALFAT
 ギター×2、ベース、ドラムのロックバンド。ひたすらお客を煽りまくり、それに適した縦ノリ一直線なポップパンクを聞かせるといった印象。ジャンプや手拍子、手を左右に振る、ヒップホップみたいな手の振りなどあれこれ飽きさせないようにいろんな振りをお客に求め、それに最大限に応えるお客さん達といった感じで場内の盛り上がりすごかったです。ダイブ、モッシュ、巨大なサークルを作って肩組んでグルグル回るといったお客さんは、音楽を聞くというよりも音楽を肴に体を動かして楽しむ、音楽をバックに自分を表現しているといった感がありました。


 ユニコーン
 5年ぶり2回目に見るベテラン5人組バンド。ギター、ベース、ドラムの3人は固定で、奥田民生と阿部義晴はソロボーカル、ギター、キーボードなど担当替えをちょこちょこと。最初の曲は奥田がマイクスタンドを高々と上げて歌い上げる様式美なロック曲で意外なスタート。そこから昔の曲の「大迷惑」でドカンと盛り上がります。そこからは活動再開後の曲でメインボーカルを入れ替えつつあれこれと。ベースのEBI以外はおっさん風情な容姿になっている身の丈にあったロック曲というか、どこかリラックス感あるというか。でもそういった中でも見せられるかっこ良さがあるんじゃーという気合が感じられる演奏でしたね。奥田が歌う「HELLO」は前も聞いたことありますが、絶品。メインステージのトリということでアンコールがあり、昔の曲の「すばらしい日々」を。ユニコーンで一番好きな曲でいつ聞いても良いなーと。


 うつみようこGO! GO! 50バンド
 うつみようこが率いるゲストも多々迎える特別な編成のライブ。ギターに竹安堅一(フラワーカンパニーズ)、ベースにグレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)、ドラムにクハラカズユキ(The Birthday)、キーボードに奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、管楽器隊にPOTSHOTと勝手にしやがれのメンバーを加えた編成をホストバンドとして、次々とゲストを迎い入れてうつみようこと一緒に歌います。出たゲスト並べるだけで相当な字数になってしまうので割愛しますがしっかりとしたロックバンドな演奏をバックにいろんな曲をやっていました。ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬、伊丹英子を迎えた曲はソウル・フラワー・ユニオンの前身バンド時代の曲をやってました。中川は「こんな大勢を前にアンダーグラウンドな曲やってええんかな」って言ってましたが、ファンとしてもなかなか聞く機会無かったのではと。夜も冷え込んですごく寒くなって「マイク冷たい」「ギター冷たい」と声が上がる中、楽しく聞かせてました。ラストみんなで演奏してはけた後アンコールの声が上がる中、うつみようこが一人で登場。ライブ始まる前にSEとして鳴っていたソウルとブルースが混じったハーレムな感覚がある曲をアカペラで歌います。すごく良い声でこれが個人的に一番つぼでした。


(二日目)
 People In The Box
 1年ぶり2回目に見るボーカル/ギター/キーボード、ベース、ドラムの3人組バンド。朴訥としたボーカル、メロディを核としてアレンジもそこに沿ったものでありつつ、かなり突き抜けた力強いリズムを聞かせるという印象。特にベースはこのタイプの楽曲にしては音レベルが強いような。それも他の音とバランス欠けるということはなく、いい噛み合いで聞かせます。演奏はいい感じで流れていきますが、唯一その流れから浮くドラム奏者のパチンコ店員なMCはおもしろいですね。


 ハンバート ハンバート
 女性ボーカル、男性ギター/ボーカルの2人ユニット。初めて見ます。登場するなり、ボーカル佐野遊穂は「かしゆかです。」と髪型が一緒のPerfumeかしゆかを名乗ってしまいます。そこからギター佐藤良成とぼやき漫才的なMCをします。それがおもしろくてほんわかしたところで曲スタート。カントリーテイストなものや、しっとりと聞けるものなど曲ごとに感激するところ多々。新垣里沙がカバーしたバージョンで聞いたことある「おなじ話」はウルウル来ました。3曲目から別ステージで出番(Theatre Brook)を終えたばかりのエマーソン北村がキーボードで加わります。その編成もいい感じ。ギター佐藤良成はフィドルに持ち替えた演奏も聞かせます。その中でやった童謡「アルプス一万尺」は振付しながら歌っていた佐野が突如ステージ脇にはけてしまい、どうしたのかなと思いきや客席の中に入りこんできました。全く見えない中声だけ聞こえましたが、どうやらお客と振付で手を合わせるなんてことをやっていたよう。諸所素晴らしいと感じる瞬間があるライブででした。


 THE BOHEMIANS
 ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードの5人組。ハードロックな派手目な格好をしていて「あらばきベイベー」など忌野清志郎を思わすようなコールをしたりと王道なメジャー型ロックを志向している印象でした。かなり日差しが強くて暑く、あの格好だと大変だろうなーと思っていたのですが、ボーカル以外は上着も脱がずやり通していました。


 畠山美由紀
 Port of Notesのボーカルソロ。ソロでのライブは初めて見ます。バックのメンバー豪華でキーボードが冨田恵一、ギターがおおはた雄一、ベースが鈴木正人(Little Creatures、Orquesta Libre)、ドラムが小松シゲル(ノーナ・リーヴス)、コーラスが真城めぐみ(ヒックスヴィル、ましまろ)という編成。冨田は冨田ラボという名前でプロデューサー業していることで名前聞いたことありますが、あまり人前に出ることはなく野外フェスは初参加とのこと。2日前の安藤裕子のライブでもベース弾いていた鈴木正人は女性ボーカルにはこの人ありな感じですね。あらばきフェスでも過去UA、原田知世、小泉今日子のライブ全て鈴木正人がベース弾いてました。この編成に囲まれた畠山美由紀もボーカルも良い感じで、湖をバックにしたステージから独特な語尾を伸ばす声がいい感じに響きます。しっとりとした歌中心で、心地よさとか澄んだ気持ちになるようなものが多かったです。一曲一曲に上がる拍手や歓声に本当にうれしそうに笑顔で応えるのも良いですね。MCで初めて知ったのですが、Port of Notesの名前は鈴木正人が付けたそう。


 SOIL&"PIMP" SESSIONS
 4年ぶりに見るトランペット、サックス/フルート、キーボード、ベース、ドラム、アジテーターの6人編成のデスジャズと名乗る音楽を鳴らす6人組。ジャズの中でも激しい要素を凝縮して畳みかける、でも緩急あるので一本調子にならずにいろんな変化の楽曲を楽しめます。アジテーターの社長(という名前の方です)の煽りも良くて、踊りまくりのお客もたくさん。


 Spitz
 15年ぶり2回目に見るボーカル/ギター、ギター、ベース、ドラムのロックバンド。ライブはサポートにキーボードが付きます。どこか文学的な世界を見せつつ、良いメロディを聞かせるバンドで、かなりのベテランですが、姿はみんな若々しさがあるというか。でもMCでは「フェスたまに出させて頂くんですけど、最近は夜の出番が多くて昼間なのは久しぶり。明るい楽屋で自分の顔を鏡で見たら老けたなーと。」とボーカル草野マサムネ。はた目には変わらないスタイルで、ギター三輪テツヤは一人だけ派手な髪型、ベース田村明浩は格好は地味ながらも一人だけ異様な運動量の多さでピョンピョン跳ねながら演奏と、バンド全体の絵としては変わってますよね。知っている曲も知らない曲もスピッツだなーというつぼをつくメロディのものが多かったです。一番好きな「運命の人」を今回聞けてうれしかったのですが、最初機械からドラムビートを出して、草野がアコースティックギターで弾きながら歌い、時折三輪がギターを差し込んできて、サビの部分でみんなの音が加わって華やかになる展開でアレンジがされていて、生だとこんな感じなのね、楽しいなと。そして次にやった曲が意外でキーボード奏者がアコーディオンを持って演奏するアイリッシュパンクな曲で良い感じに乗って聞きました。続いてのラストの曲もビートの聞いたロックで盛り上がり、「俺たちもロックバンドですからね。」という三輪のMCに沿ったかのようなラストの畳みかけでした。


 clammbon
 毎度おなじみのクラムボン。いつの間にかですが、アーチスト表記がアルファベットになってますね。もしかして随分前から?楽器セッティングの中でちょいっと本編ではやらない曲をやってしまうサービスも相変わらずで、セッティング完了後もはけることなしにそのまま本編に入ります。「シカゴ」「はなればなれ」「Rough & Laugh」「サラウンド」「yet」「Re-ある鼓動」とラストの曲以外はポップに弾けた曲を固めてきたという印象。「Rough & Laugh」を聞くのがかなりひさびさでした。春に似合う軽やかに聞かせるメロディがいい感じ。ラストの「Re-ある鼓動」はベースのミトがアコースティックギター持ち替えて演奏するのですが、ゲストに同じステージで次に出演するEGO-WRAPPIN'のバックでベース弾く真船勝博が加わっての特別編成でした。


 GRAPEVINE
 4ヶ月ぶりに見るギター/ボーカル、ギター、ドラムの3人にベース、キーボード/ギターの2人がサポートで加わる5人編成のロックバンド。4ヶ月前にCOUNTDOWN JAPANで聞いた時もかなり良かったなーという印象ですが、今回も同様。渋い印象が前面にあるアレンジを軸にギターのソロや甘さとしわがれが入り混じるボーカルがいい感じで入ってきます。まだ単独ライブを見たことなくて、今長いライブハウスツアーをやっているのでどこかに行けないかなーと思っているのですが、なかなかタイミング合わず。今回見れて良かったです(単独見るの諦めたわけじゃないですが)。


 dip
 ギター/ボーカル、ベース、ドラムの3人組。ギターのヤマジカズヒデは2年前のあらばきフェスのセッション企画に加わっていたのを見てますが、このバンドを見るのは初めて。「underwater」というアルバムを持っていてBuffalo Daughterの大野由美子がムーグで参加している「9souls」という曲がかなり好きでいつかライブ見たいなと思っていました。実際見たらかなりの衝撃を受けたライブでした。最初がたぶんその「9souls」でムーグ無しでやっていたのですが、疾走感ありまくりのリズムが3つの楽器から鳴らされ、その音像と言ったら良いのでしょうか、すごい世界だなと引き込まれます。所謂ギターロック的な青さがある疾走感とは異なり、もっと各楽器が蜜にからまっているようなテクニカルなような、サイケな感覚もありどこか別の世界に連れて行ってくれるような音の塊でした。最初ドラムセットを立ちながら演奏していて、しばらくインストが続き座ってからさらにシフトチェンジしたリズムのところで歌いだすという展開も素晴らしい。この後も一曲一曲おおーっとなる音を浴びれて幸せでした。これはまたライブを見たいなと。
 
author:de nudge, category:festival(Arabaki), 15:04
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:04
-, -
Comment