RSS | ATOM | SEARCH
2014/08/16,17 Summer Sonic(初日) at 幕張メッセ、マリンスタジアム
 幕張メッセとマリンスタジアムなどを使っての複数ステージで繰り広げられる恒例の夏フェス。10回目の参加になります。土日2日間あって今年は両日とも参加でまずは初日。この日は一人で思いのままに動き回りました。見たものは以下のような順番です。全てのライブフルで聞きました。CIBO MATTO、MOGWAI以外は初見もののアクトばかりでした。

TOKIO→BABYMETAL→SUICIDAL TENDENCIES→THE PHARCYDE→CIBO MATTO→PHOENIX→ANTEMASQUE→MOGWAI

以下各アクトの感想を。

 TOKIO
 ついにフェスにジャニーズ進出。フェスに出るアイドルは女性ばっかりな感じだったのでこれはうれしいですね。しかも老舗のジャニーズで絶対見ると決めてました。ジャニーズは随分昔にタッキー&翼と今井翼ソロのコンサートを見に行ったことありますが、それ以来。幕張メッセ主要3ステージの中では一番小さいと思われる(それでも8000人以上は入れるであろうスペース)レインボウステージにものすごいお客さんが詰めかけてます。入場制限も起きていたよう。ボーカル/ギター、ギター、ベース、ドラム、キーボードの5人でサポート無しでのライブ。長瀬智也がメインボーカルですが、ベース山口達也とキーボード国分太一が歌うパートもありました。長瀬は表情とともにかっこ良い声を聞かせます。演奏は王道ロックなアレンジもの中心でギター城島茂が主導しているような印象。悠々とギターリフを弾いてました。「宙船」や「AMBITIOUS JAPAN!」など聞いたことある曲もあり、知らない曲含めて結構いいメロディものが多いなーという印象。ラストはデビュー曲の「LOVE YOU ONLY」をお客さん大合唱。朝から大変に盛り上がったライブでした。


 BABYMETAL
 幕張メッセの中で一番大きいマウンテンステージで女性3人組アイドルを見ます。メタルバンドをバックに歌うスタイルのユニット。名前を聞いたことある程度なのですが、最近メインボーカルがPerfumeやモーニング娘。'14の鞘師里保を輩出したアクターズスクール広島出身ということを知り、見てみたいなと思うように。ギター×2、ベース、ドラムの男性4人のメタル演奏をバックにスクリーンに仰々しい煽りの文が映し出された後に3人が登場。会場内がとんでもない盛り上がり(今回のサマソニで自分が見た中でお客の暴れっぷりが一番だった)で、脇の方ながら調子に乗って前の方に行ってしまって少し後悔しました。。モッシュの圧力や、でっかいサークルの穴(人がいないスペースを円形に)を作って、激しい演奏が来るタイミングで円の中心に向かって走りお客が体をぶつけ合うのを近くに見たりするのなんて随分ひさびさ、というかあそこまで大きいサークルは初めて。ライブはメタル演奏に合った煽り中心に攻める曲と、アレンジとアンバランスな、もろアイドルちっくなメロディと歌い方をするのが半々といった印象。後者のタイプの方がはまりましたね。デジタルビートがかったリズムと童謡チックなメロディが挟まれる「Catch me if you can」という曲で、正面を向きながら横に走るようなダンスがものすごくかわいくて、ツボでした。


 SUICIDAL TENDENCIES
 同じステージにてアメリカ・カルフォニア州出身のベテランハードコアパンクバンドを見ます。BABYMETALの反省を踏まえて後ろの方で大人しく見ました。ボーカル、ギター、ベース、ドラムの4人でごっつい音を鳴らしつつ激しく歌います。BABYMETALの時もそうだったのですが、ボーカルの音が小さいかなーという印象。ただ聞くうちに段々と気にならなくなります。ずんぐりむっくりした大柄な体型のボーカルはステージを所狭しと動き回りお客を煽りつつ歌います。ラストの方ではお客の間に縦のスペースを開けさせて、激しい演奏とともにそのスペースにお客をなだれ込ませて体をぶつけ合うみたいなことをやっていたりも。ベースとドラムのゴリゴリ感もかっこ良く、いい感じに聞けましたね。BABYMETALほどでは無いですが、前方では暴れるお客さん達。BABYMETALに続いてあのモッシュに参加している人たくさんいると思われますが、すごい体力だなーと。最後の曲ではボーカルが客席に突入していました。帰り際お客さんとハイタッチして去っていくのですが、赤ちゃん抱いたお客さんがいて、その赤ちゃんに触れる時はやさしい顔をしていました。


 THE PHARCYDE
 外に出ます。マリンスタジアム近くにある東京湾に面した砂浜にあるビーチステージに行って、アメリカ・ロサンジェルス出身のヒップホップユニットを見ます。PHARCYDEはイギリスのアシッドジャズバンドThe Brand New Heaviesが出した「heavy rhyme experience vol.1」での「Soul Flower」で知りました。このアルバムはいろんなヒップホップユニットと組んで曲を作っていて、そこにPHARCYDEも参加していてこの曲好きでしたねー。以前は4人のMCがいたようですが、現在は2人。バックにDJ(Mike Relm)、ドラム、キーボードを率いた編成。DJのビートに固めのドラム、持続音中心のジャジーなキーボード。ラップのかみ合わせや煽りもいい感じで入れつつ、体を揺らしながら楽しみました。途中雨も降ってきましたが、お客さんのテンションも落ちず。コール&レスポンスもふんだんに取り込みますが、これも即興的なものなのか、二人がバラバラのレスポンスを同時に呼びかけてたりも。かつてトラック提供していたJ Dilla(2006年に亡くなっている)に敬意を表したラップしていたり、「Soul Flower」や「Passin' Me By」など知っている曲やってくれたりとうれしい場面が多々ありました。ライブ終了する頃には雨も上がっていて、東京湾に沈む夕日とその逆側に出来た虹がキレイでした。


 CIBO MATTO
 幕張メッセに戻って真ん中にあるソニックステージに行きます。ここで4連続でライブ見ました。まず5月のLiquid Roomでの単独でも見たCIBO MATTO。この日はベース(Devin Hoff)、ドラム(あらきゆうこ)の2人のみ率いたシンプルな編成。やった曲はたぶん単独時とあまり変わっていないと思いますが、聞いていて楽しいですね。どこか酩酊感のある羽鳥美保のラップと歌、本田ゆかが出すトラックとキーボード音は不思議な世界に連れて行ってくれます。「BBQ」という曲はニューヨーク周辺にある郊外ブルックリン、ブロンクス、クイーンズを表しており「東京でいうと千葉、埼玉、神奈川とか」になるそう。


 PHOENIX
 この日のソニックステージではトリとなるフランス・ヴェルサイユ出身のポップロックバンド。事前にどんな音楽をやっているバンドなのか全く知らなかった(当初トリはArctic MonkeysかDe La Soulを見るかで悩んでいて、THE PHARCYDE終わりで急きょソニックステージに居座ろうと予定変更した)のですが、存外にはまったライブでした。4人組らしいのですが、ライブでは6人編成。ボーカル、ギター/キーボード×2、ベース、ドラム、キーボード/ドラム。はじけるドラム(叩き方のアクションが激しいのもまた良い)を中心に、感傷的なキーボードやギターのフレーズを随所に入れてきて、そこにまた合うメロディでボーカルが歌い一聴で親しみやすいなと思えるもの。アレンジはかなりポップサイドに振り切っているので少々違いますが、どこか情緒を誘う世界観はカナダのBroken Social Sceneなどの多幸感あるインディーロックバンドとも共通するかなと思いました。ボーカルは客席に飛び込んでクラウドサーフしながら歌ったりとアグレッシブに動きます。会場の盛り上がりも幸せな空間で埋め尽くされているといった感じで良かったです。


 ANTEMASQUE
 ここからはMIDNIGHT SONICと題した別イベント名になります。といっても、チケット代新たにかかることなく、しかもソニックステージはそのまま通常のライブ間隔(30分ほどのセットチェンジ)で行われます。まずは元At The Drive-In、The Mars VoltaのボーカルCedricとギターOmar Rodriguez-Lopezが新たに組んだバンドANTEMASQUEを見ます。これで3バンド目になるとなると、なんかアメリカのヒロトとマーシーといった感が。ANTEMASQUEはベースとドラムを加えた4人編成とシンプル。ライブは最初の30分くらいは5分くらいの激しい曲を矢継ぎ早にやってました。最初の曲での高速ビートな展開にビビったのですが、The Mars Voltaと比べるとCedricの声がきっちりと聞こえます。激しいアクションとともにバンドの音とも絡み合ってのボーカルでした。Omarのギターも高速リフでものすごくかっこ良い。またドラムは恐らく初めて見る方だと思いますが、重さと速さを兼ね備えたものすごい叩き方をしていました。化け物といいたくなるすごさでOmarが連れて来るドラムはいつもすごいなーと。後半は15分くらいの長尺曲を2曲。小音をじりじりと重ねる展開から一気にスパークするような激しい展開などを挟みつつ、緊張感持って聞きました。こういった曲展開はThe Mars Voltaでもあったかと思いますが、管楽器やキーボードなどがあったThe Mars Voltaに比べて、シンプルな音立ちからの展開はまた味わいが違いますね。また聞きたいなと思わせるかっこよさでした。ギターOmarはいろんなユニットで毎年のように日本に来てくれるのがうれしいですね。


 MOGWAI
 続いて2月も見たグラスゴー出身の轟音を聞かせるインストロックバンドMOGWAI。5人組ですが、この日は半分くらいの曲で1人サポートを入れていました。「Christmas Steps」でバイオリン持って登場した時におおーバイオリン入れるMOGWAI見るの初めてと思ったら、他の曲ではギター弾いたり、ツインドラム的にドラム叩いたりと。ミドルテンポながら静と動を切り替えるダイナミズム溢れるMOGWAIの音にいい感じに貢献していました。ライブは何度聞いても鉄板の良さですね。どこかもの悲しさが漂うギターフレーズを轟音でホワイトアウトさせるような感じといった感覚はこのバンドならでは。終盤にやった「How To Be A Werewolf」の気持ちよさ、「Remurdered」のキーボード音をメインに持ってきてはねるリズムでノレる展開などは、2月のライブでも味わいましたが今回も良かったです。ラスト一人ずつステージを去っていく中でドラムが最後まで残り、客席を写真に撮った後、ステージを降りてきて客席に飛び込みクラウドサーフまでやっていました。今まで淡々とドラム叩く姿しか見たこと無かったので、少々びっくり。なかなか陽気なおじさまで。

 この時点で25時過ぎ。まだライブは朝まで続きますが、ここで退場しました。
 
author:de nudge, category:festival(Summer Sonic), 13:44
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:44
-, -
Comment