RSS | ATOM | SEARCH
2014/03/29 鹿島アントラーズ at 横浜F・マリノス
【結果】
3-1で鹿島アントラーズの勝ちでした。

【感想】
 3月に開幕したJリーグ。上位を争う試合を見に行って来ました。応援しているJ2所属のジェフ千葉は開幕戦をテレビでみましたが、昨シーズンから変わり映えしないサッカーで成績も伴わずとても現場へ見に行く気がしなく、ひさびさにJ1の試合を見に行こうかなと日産スタジアムへ。ものすごくレベル高くておもしろかったです。鹿島のゴール寄りで見ていて、全部のゴールシーンを近くで見れたのもラッキーでした。

 鹿島は昨年活躍したFWでエースの大迫が抜けたものの、若手抜擢してチームとしてのバランスは向上したような印象で、首位を走ります。マリノスもFWマルキーニョス抜けたものの強い守備をベースに粘り強く勝ちを拾って上位につけています。鹿島はGK曽ヶ端、DFが右から伊東、青木、昌子、山本、MFがボランチが小笠原、柴崎と不動のコンビで攻撃MFに右が遠藤、左が中村充孝、FWはダヴィと土居。土居は名前を初めて知りましたが、若手のドリブラーな選手のよう。マリノスはGKが榎本、DFが右から小林、栗原、中澤、下平、ボランチが中町、富澤、攻撃MFが右から藤本、中村俊輔、兵藤、FWが伊藤です。下平、藤本、伊藤は今季新規加入。

 前半はマリノスペース。中町、富澤のボランチコンビが躍動。また栗原、中澤のセンターバック2人も1対1で競り負けることが無いので、ハーフライン近くでダヴィと1対1になっても余裕もった対応になっています。マリノスが好調になった要因はフィジカルをきちんと鍛えていることかなと思えるもので、前線、中盤の選手も1対1でがつがつと競ってボールを奪えています。ベテランが多いので運動量を上げることは難しいのですが、きちんと筋トレして必要な休息取ってみたいな計画ができているから、固定メンバーでもきちっとやれているのではないかなと。連動性もすごくて、中町が猛然とプレッシャーをかけて相手の中途半端なパスを引き出しそこを富澤が拾ったシーンや、左サイドから内側に兵藤が切れ込んだのと同時に下平が縦に駆け上がってそこにパスが通るシーンなんかはすごいなーと思いました。攻撃の軸は前線だろうが後方だろうがボールのあるところに寄って受けてさばく中村俊ですが、その動きに合わせて必要なポジションを取る他選手との連動性が良いです。特に中町の動きはすごくて、FWを追い越して前線にかけこんでボールの受けてになる動きとかありました。

 鹿島は選手間の距離を均等に保って、ボール持ったマリノス選手を複数選手で取り囲んでボール奪うスタイル。また機を見て、後方でボール回ししているところに奪いに行ってショートカウンター狙いもありました。小笠原がその判断に長けていて、するっとマリノスのDF、ボランチにチェックしてプレスをかけていっていました。中村俊と小笠原は長年名対決をしてきた名手同士ですが、ここの1対1も見どころありましたね。中村俊がDFからボールを受けて背を向けた瞬間に小笠原が駆け寄ってチェックしてボール奪ったり、中村俊が気づいてループ気味にボールを浮かしてかわしたりといくなどの対決っぷりを堪能しました。

 マリノス優勢なものの決定的な場面は少なかった、むしろ鹿島がショートカウンターで何回かシュートに結び付けられていたのですが、マリノス必殺のセットプレーで先制します。前半終了近く、ゴール向かって右側からのコーナーキックで中村俊がゴールから遠くなっていくカーブのセンタリングに栗原がキレイに合わせます。飛んだ頂点にピタッと合ってゴールに吸い込まれました。

 後半は鹿島優勢になります。前半はセンターバックに張り付いてポストプレーをしていたダヴィとそこを衛星的に動いてボールを拾う土居という攻め方をしていたのが、ダヴィがセンターバックとボランチの間に位置するようになって、土居が前線の裏を抜けるような動き出しをするようになります。これにより中町が積極的に上がれなくなりました(前半の疲労もあったかもですが)。さらに両サイド攻撃MFの遠藤と中村充が内側に絞ってマリノスの中央の攻めを警戒、サイドに追い込んでボールを奪うようなことを意図しているように見えました。これにより倒してフリーキックになっても遠いサイドのみに限定されるので、マリノス必殺のセットプレー効果を少なくしていました。

 またワンタッチパスも回りだして後半早い時間に同点に追いつきます。中盤でポンポンとつないでマリノス守備網を突破、中央でボール受けた土居が一瞬のスピードで栗原、中澤をかわして、ゴールまで独走。シュートをきっちりと決めます。先行逃げ切りできっちりと勝ち切るスタイルのマリノスは打ち手が無い印象。鹿島は攻撃MFの2人を入れ替えて(野沢、カイオ)、攻勢を強めます。マリノスは左サイド攻撃MF兵藤を佐藤優平に、右サイドバック小林を奈良輪に変えますが効果的でありません。前線進出を控えていたボランチ柴崎もじりじりと上がって攻撃に加わっていきます。柴崎がペナルティエリアに駆け込んだ野沢に浮き球のスルーパス、走りながら斜め後ろから来るボールに対してボレーで合わせてゴールを決めるスーパプレー。柴崎のパス、野沢のシュートともに完璧と言えるもので、すごかったです、興奮しました。さらに、カイオがドリブルで切り裂く場面が増えて、カイオのドリブルから前線に走りこんだ柴崎にスルーパス通って、きっちりと決めます。

 会心のゲームをしたと言える鹿島側の盛り上がりはすごかったです。監督のトニーニョセレーゾはスタジアムを出る際に応援席側を煽ったりガッツポーズをしたりとオーバーアクションでうれしさを表現。監督冥利に尽きたゲームと言えるのでは無いでしょうか。
author:de nudge, category:Jリーグ, 14:42
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:42
-, -
Comment