RSS | ATOM | SEARCH
2013/03/03 コンサドーレ札幌 at ジェフユナイテッド千葉
 2013年Jリーグ開幕。J2の開幕戦をフクダ電子アリーナへ見に行ってきました。

 応援しているジェフ千葉は4年目のJ2になります。毎年のように監督を解任し続けてきて、なんとも停滞感が漂っていますが、今年こそJ1に上がりたいですね。ただ、ガンバ大阪やヴィッセル神戸もJ2に来て、今シーズンはJ2史上一番レベルが高いといっても良く厳しそうです。新たな監督として、アルビレックス新潟や大宮アルディージャを率いていたこともある鈴木淳が就任しました。オフシーズンに二転三転した監督人事で、関塚隆やハシェックの名前も挙がっていましたが、彼らよりはこれまで木山監督が築いたチームを継続して育ててくれそうな気がします。また、新潟時代のサッカーはかなり好感持てていたので、あのチームのレベルまで持っていってくれることを期待したいですね。選手は中盤、守備陣をキープし、前線を入れ替えてきました。失点は去年J2で一番少なかったことを考えると前線のみテコ入れは理にかなかった補強と言って良いのではないでしょうか。また、プレシーズンゲームも好調で、柏レイソルと対戦した千葉銀カップも見ましたが、攻守かみあって3-0と勝ち、良いシーズン迎えれるのでは、とこの日の生観戦楽しみにしていました。

 が、、去年の昇格プレイオフと全く同じ展開で、終了間際に1点入れられての敗戦でした。。ここからだらだらと書くのもせつないのですが、試合を振り返ります。

 千葉のメンバーはGKが岡本、センターバックは竹内、山口智の不動のコンビ。右サイドバックは昨年より浦和からレンタル加入している高橋。左サイドバックはレギュラーだった渡辺がケガをしてしまい、新戦力のキムヒョヌンを抜擢。ボランチは佐藤勇人と兵働。前線は右サイドに米倉、トップ下に谷澤、左サイドが期待の新戦力ジャイール、FWがこちらも新戦力で去年はセレッソ大阪にいたケンペスが務めます。

 対する札幌はJ1から降格してきて、予算不足からか若手中心のメンバー。自分が知っているのはボランチの河合と上里くらいでした。

 試合は両チームとも守備ラインが高めで局地戦になり、ボールがなかなかつながりません。ボールの蹴り合いになってしまい、ゴールにせまるシーンがほとんど無し。前半ゴールにせまったシーンが若干多かったのは札幌だったでしょうか。千葉の方がボールの扱いがうまい選手が多いことは見て取れますが、札幌の守備ラインを破ることはできません。

 左サイドのジャイールはスピードに乗ったドリブルと視野の広さを生かしたパスが武器のようで、またサイドに張り付いてパスを受けるポジショニングも良しなのですが、対峙する札幌右サイドバックチョソンジンはうまく守備をしていました。また右サイドMFの古田も守備のヘルプをきちんとしていました。千葉銀カップの時はいい活躍をしていたジャイールですが、その時は左サイドバック渡辺とのコンビによるものが大きかったのかな、と。キムヒョヌンは元々センターバックの選手で、千葉に入ってから初めてのサイドバックチャレンジなようです。大柄なキムは守備での競り合いなどは安心してみていられますが、攻撃となると厳しい。中盤でパスカットしてから大胆に駆け上がるシーンもちょいありましたが、ジャイールとのコンビということで言うと機能していませんでした。

 また、右サイドもうまく抑えられてしまいました。せまいエリアを突破できる推進力があり、当たりも強く、テクニックも兼ね備えていて、今年こそ大ブレイクしてほしい米倉はパスを受けるべくあちこちに駆け巡りますが、送られてくるパスはほとんど動きが止まった時の足元のみ。そこからも果敢に勝負しようとしてますが、札幌左サイドバックの松本が粘り強く対応します。また、左攻撃MF神田も千葉の攻撃的右サイドバック高橋を警戒しつつのバランス良い守備を見せていました。

 中央はポストプレータイプのケンペスと、変則的なボールトラップと体の張り方をする谷澤のコンビですが、浮き球は競り負け多く、足元でもらっても次につながりません。札幌は守備ラインとボランチの間の距離が均等に保たれていて、ボールのあるところで数的優位を作り出せており突破できる隙を作らせません。そこはベテランでキャプテンの河合の目と指示が行き届いている様子で、若手のメンバーをうまくコントロールしていました。千葉は愚直とも言えるくらいにショートパスで前線突破を図りますが、ほとんどチャンスにつながりません。高めの守備ラインの裏は空いているので、そこめがけたロングボールをもっと蹴っても良いのでは、、と思いました。特に米倉は裏を狙う動きを積極的に見せていたので、そこをもっと使っても良いように思えます。この辺は鈴木監督のこだわりか、山口智、兵働あたりの判断かは分かりませんが、いずれにしてもうまく行かない攻撃戦術にこだわり過ぎている印象がありました。

 後半はそれでも千葉がタレントを生かし、少しずつ優位に進めますが札幌も粘り強く対応し、反撃もいくつか繰り出します。また前線も積極的に入れ替えてきました。若手メンバーから前田俊介、砂川の中堅、ベテランメンバーを入れてきます。千葉はケンペスに替えて、同じく新メンバーのナムスンウを入れてきますが、状況はあまり変わらず。終盤になってくるとそれまでの競り合いで足を痛めた感があり、また不慣れなサイドバックをしていて完全にばててしまっているキムのところが穴になってきました。そこをつかれてしまいます。

 右サイド砂川が、ペナルティエリア中央からゴール右ポストにななめに走りこんできた内村にスピードを落とさずに合わせることができる絶妙なパスを送り込んで、そこをきっちりと決めます。千葉は遅まきながらキムに替えて佐藤健太郎(元々ボランチの選手で選手層的に苦しい)を投入します。また、同時に佐藤勇人に替えてFW深井を投入しますが、時間もほとんどなくそのまま試合終了でした。

 終盤の試合交代部分は疑問多しでした。ばててから狙われるようになっていたのに、キムを交替させなかったのも?ですし、深井を投入しようとするもののボールがなかなか切れずに待ちぼうけになっていましたし(どうしても投入したかったら、指示してボール切らせてしまう判断もありだった)、またその時に下がらせようとしたのはジャイールだったのも?でした。谷澤がこの日はあまり効果的でなく、また体力的にもしんどそうにしていました。

 とまあ、ぐちまじりな感想になってしまいましたが、まだ初戦なのでこれからに期待します。現在のフォーメーションで佐藤勇人、兵働のボランチコンビだと佐藤勇人が前線に上がるシーンがあまり作り出せない(兵働が前目に行くのでそこをカバーする動きに終始しがち)ので、佐藤健太郎を中盤底に配置するフォーメーションもありかなと思ってしまいました。まあそれだと前線一人減りますし、うまく行くかは分かりませんが。。

author:de nudge, category:Jリーグ, 07:27
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:27
-, -
Comment