RSS | ATOM | SEARCH
2012/12/22 高千穂河原ハイキング
 人生初、九州の地を踏みました。翌日のライブが主な目的なのですが、せっかくなのでちょこちょこと観光を。鹿児島空港に10時半過ぎに着いてからバスで国分駅まで行き、さらにそこから別のバスに乗り換えて霧島神宮に行きます。

 
 
 霧島神宮自体は見ずに入り口付近で売っていた焼き芋買って、高千穂ビジターセンターというところに徒歩で向かいます。直接行くバスは一日2本しか無くてもう終わってしまっていたため、7キロと表示されていたので、行けるかな、と。ただこの選択は間違えていました。。

 
 
 ひたすらうねうねとのぼり道が続く7キロは先が見えず地獄でした。。2時間弱ひたすら歩いてようやく高千穂ビジターセンターが見えてきました。

 
 
    霧島屋久国立公園というおおきなエリアの中の南の入り口に位置する高千穂高原。ここからいくつもの山を歩くコースが用意されているのですが、噴火があってほとんどのコースが立ち入り禁止。高千穂高原周辺のコースを1時間くらい歩き回りました。

 
 
 昔はここに霧島神宮があったらしく、その跡地。

 
 
   山道は整備されている箇所もあり、案内板も充実。

 
 
   と思えば木を分け入らないといけないような道もあり。
 植物などの紹介とともにクイズなんかも書かれています。

 
 
 どんよりとした曇り空で山がクリアに見えないのは少々残念。

 
 帰りは高千穂ビジターセンターからのバスが捕まえられたので、ここからは歩かずに済みました。10キロほどを計3時間坂道、山道を歩いてへとへと、おまけに寒さで体がカチカチだったので、助かりました。
 宿は桜島が見える露天風呂で温まり、宿が作っているという地ビールの城山ブルワリーを堪能しました。食後は前日からほとんど寝ていないこともあり、爆睡。

author:de nudge, category:ハイキング・トレッキング, 14:55
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:55
-, -
Comment