RSS | ATOM | SEARCH
2007/04/28,29 あらばきロックフェス at エコキャンプみちのく
 3年前に一度行ったことのある仙台のフェス。場所は転々としているようで、2年前からキャンプ場になったようです。

 仙台駅からバスで50分ほど(初日は道もすいていて予定通りでしたが、2日目は渋滞で1時間半ほど)で到着。山々に囲まれたキャンプ場です。そのフェスをやるにはやや小さい敷地に4ステージほど。各ステージの音はかぶってますが、その代わり、5〜10分ほどで各ステージに移動できます。
 
 最初に見ようとしたチャットモンチーには間に合わず(ステージに着いた時にちょうど終わりだった…)。そのステージにつながる道は細いので、出るにも時間がかかり、へとへと。メインステージでやっているスカパラを遠くに聞きながらごはんを食べて落ち着いたところで、やっとライブ観戦スタートです。
 
 見たのは順に、(初日)Chara→安藤裕子→吾妻光良&The Swinging Boppers→ハナレグミ→斉藤和義、(二日目)小谷美紗子Trio→Dragon Ash→浅井健一→UA→元ちとせ(後半半分くらい)→ウルフルズ(始めの3曲)。

 ライブを初めて見るのは、ハナレグミ、小谷美紗子Trio、浅井健一になりますが、ハナレグミは他のバンドやゲストで何回か見てるし、浅井健一も他のバンドでちらっと見たことあるので、完全な初見は小谷美紗子Trioのみですね。ピアノ/ボーカル、ベース、ドラムでクラムボンと同じくジャズバンドな編成(ピアノとドラムが向き合う関係でベースが中央にかまえる)です。ジャズ的と思えるアレンジもありますが、演奏は結構早めで激しくもありロックな感じです(ベースとドラムは100Sのメンバーでもあるそう)。小谷美紗子も声が低めで通りも良く、かっこよかったですね。
 
 その他見たアーチストの感想は書いてたらきりがないので、省略しますが、それぞれ楽しかったです。特にUA、斉藤和義、安藤裕子あたりはつぼでしたねー。UAはバンドのアレンジ傾向は最近の流れのまま(ドラム外山明、ベース鈴木正人 、ギター内橋和久は不動で、管楽器隊が(たぶん)入れ替わり3人(トロンボーンの青木タイセイなど)、UAでは初めて見るコーラスがお一人という編成)ながら、新曲がポップな感じになってました。
 
 元々疲れ気味だったこともあって、歌ものアーチストを中心に、かなりまったり目に見ました。が、寒暖の差が激しく(特に初日)、体力も落ちていることもあって、かなり疲れました、宿では爆睡。。うーん、こんなんで夏フェス(特にフジ)は大丈夫なんでしょうか。。

 で、30日は現地集合して同行した友人達と別れて、ひとりで仙台城跡と東北大を散歩して帰ってきました(あらばきに行ったんだろーなーと思われる方たちもいました)。仙台城跡で売ってたずんだシェイクがうまかったです。
author:de nudge, category:festival(Arabaki), 00:00
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -
Comment