RSS | ATOM | SEARCH
2012/09/30 WORLD BEAT 2012〜究極のジプシー・オーケストラ! at すみだトリフォニーホール
 プランクトンが主催している2年に1度のフェスWORLD BEAT。4回目になりますが、何気にこれまで全部来ています。過去3回は日比谷野音でやってきましたが、今回は錦糸町にあるクラシックホールにて。随分前にここでFANFARE CIOCARLIAとKILAのライブを見に来たことありますが、それ以来。主催者もたぶん一緒だと思います。

 今回はジプシーバンド2組。ルーマニアのTaraf de Haidouks、マケドニアのKocani Orkestar。が、その前に会場入り口ロビーで日本のジプシー系バンド2組が合同で30分ほどの演奏。▲s(これで「ピラミッドス」と呼ぶそう)、とチャラン・ポ・ランタン。チャラン・ポ・ランタンは3回目になるのでお馴染みですが、▲sは初めて。打楽器×2、ギター、ベース、クラリネットの男性5人組で最初の曲は馬などのマスクをかぶっての演奏。チャラン・ポ・ランタンのアコーディオン奏者小春と(バックバンドの愉快なカンカンバルカンでドラムを担当する)ふーちんも混じって愉快なジプシー曲を演奏します。2曲目からはチャラン・ポ・ランタンのボーカルももちゃんも加わって、おそらく交互に持ち曲をやってました。ラストにやった「ムスタファ」は多くの人が一聴でウキウキとなれるのでは、と思われる強力な曲ですねー。

 会場内の本編は休憩時間15分をはさんでの2時間くらいのライブ。ライブ前にピーターバラカンが登場して、2組のバンド紹介コメントをされていましたが、バラカン自体はこの後ラジオの仕事が入っていてライブ見れないそう。。バイオリン×3、ツィンバロム、アコーディオン×3、ベース、管楽器(縦笛っぽい小型のもの)、ボーカルというメンバーのTaraf de Haidouksと多くの管楽器隊(チューバだけで4人とか)とアコーディオン、ベースドラム、ボーカル/ギターなどで構成されたKocani Orkestarでステージに20人以上揃っての演奏は壮観。弦楽器中心と管楽器中心のバンドなのでかみ合わせが良いのですが、リハーサルはどれだけやったのでしょうか。特に楽譜もなく、多くの曲をがっつりと演奏していました。ツィンバロムって楽器が珍しいですね。テーブル形状に多くの弦が張られ、それをスティックで叩いて音を出すもの。以前フジロックで見たモンゴルのバンドAltan Uragも似たような楽器を使用していた記憶があるのですが、あれはまた違うものかな?

 強く印象に残ったのは、後半最初にやったKocani Orkestarのメンバーのみで演奏したしっとりとした曲とその次にみんなでやった管楽器と弦楽器がぐわーっと大盛り上げする曲でした。二人いた踊り子さんも曲によって加わっていました。クルクルと回る様がキレイ。最後は多くの人が立ち上がっての歓声を受けていました。

 ライブ終わりにロビーでメンバーが演奏し始めるのも、前回FANFARE CIOCARLIAがやったのと一緒。おひねり募集していましたが、これまた前回と同様にお札で出す人が多く、そんなところにお客の年齢層の高さが伺えたり(若いお客を相手にするおひねり集めはコイン多いと思います)。前回最後まで見ましたが、今回は台風が来ていることもあり、ちょろっと覗いただけで帰宅。電車が止まってしまって、途中の駅から45分ほど歩いて帰りました。自分は帰るだけでひいひい言ってる感じだったのですが、風が吹き荒れる中ゴミ拾いされている方もいたりして、頭が下がりましたね。
author:de nudge, category:festival(World Beat), 14:09
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:09
-, -
Comment