RSS | ATOM | SEARCH
2007/04/21 川崎フロンターレ at 浦和レッズ (テレビ観戦)
ジェフファンなのですが、試合は入っていないスカパーのみ放映ということで、代わりに見た試合。この強豪2チームと近々ジェフは対戦するので、その対策を妄想しながら見ました。

【結果】
2-1で川崎の勝ちでした。

【感想】
 前シーズン良い成績を残した2チームですが、今シーズンはアジアチャンピョンズリーグに出て、主力が日本代表に選ばれているなど、負荷が多そうなことから、ともにいまいちなのではと思ってました。が、そんな予想に反してここまで好調です。
 
 ホームで圧倒的な強さを誇る浦和に対して、川崎はどう来るかなーと思ってたのですが、ケガで出場できなかったウィングバック森の代わりに、FWの黒津をサイド(左サイドに配置。村上が右に回る)に置くという強気の布陣です。浦和はオールスター軍団をどう配置させるか苦労しているようですが、最近は4バックにしているようです。千葉から移籍した阿部は左サイドバック。千葉時代も若かりし頃にはやってたポジションですが、かなりひさびさになりますね。
 
 前半始めは浦和が攻勢。川崎の3バックを意識してか、中盤はボランチに鈴木と長谷部、左サイド小野、右サイド永井、トップ下ポンテと配置させてサイドを突く狙いです。が、サイド深くまで攻め込めず、その前のミドルシュートや、FWワシントンのポストプレーからの展開が多かったように思います。名古屋から移籍してきたGK川島の素晴らしいセービングと、オフサイドを積極的に取るDF陣で良く耐えます。最後辺りから、川崎もボールをコントロールできるようになったところで、前半終了。
 
 後半からは川崎が攻勢。左サイドを突破した黒津がゴロで送ったパスにFW我那覇が反応して先制。その時、我那覇をケアしてた阿部は一瞬反応が遅れました。そっから立て続けに2点目。左サイドでFWジュニーニョがキープ。浦和守備陣がセンタリングが来ないだろうと気の緩んだところに、ライナー気味のセンタリング。(長谷部や阿部など)棒立ちの浦和守備陣に対して、反応したマギヌンは当てるだけでした。
 川崎のボランチコンビ(中村、谷口)は得点力のあることが売り(前シーズン二人合わせて23点は驚異的)ですが、攻めあがるタイミングの違いがおもしろいですね。中盤で奪ったカウンターの場合は馬力のありそうな谷口が、バックラインからパスをつなげて組み立てる場合は、中村という印象です。中村はボールを受けてからワンタッチ、ツータッチですぐにパスをつなぎます。その判断は的確ですし、パス自体も正確です。あと、パスを送った後に、すぐ受け手となるべく走り出している所も素晴らしい。
 浦和はコーナーキックからDF堀之内(ケガの闘莉王の代役)が執念で押し込んで1点取りますが(こぼれ玉の処理を中村が誤ったところからボールをつなげられた)、そっから川崎に守りきられて、敗戦でした。

この試合を見て、千葉がどう対峙するのか予想してみました。
【千葉はこう戦うのではないでしょうか】
 川崎に対しては、2人のFWを3バックで抑えて、ウィングバックはがちんこで対峙して、トップ下のマギヌンを下村が、ボランチ中村を佐藤勇が、谷口を工藤がケアするという所ではないでしょうか。で、特にマークをすることをしないFW巻とトップ下の羽生ですが、かなりがたいの良い川崎DF陣(浦和のワシントンもよく抑えてました)では巻は少々歩が悪いかなと思いますので、ほぼ中央でデンと待ち構えるだけ。で、羽生があちこちに動き回ってパスを前目で受けることがあれば、、と。キーマッチアップは佐藤勇と中村ですかね。佐藤勇が中村の動きをどれだけ封じれるかですかねー。
 
 浦和に対しては、2人のFW(ワシントン、永井)を3バックで抑えて、トップ下ポンテを下村、小野を佐藤勇、長谷部を工藤、鈴木を羽生。で、両ウィングバックが相手のサイドバック相手に勝負できれば良い展開になりそうな。。で、この展開になればキーマッチアップは水野と阿部になるでしょうかね。水野は阿部に対してガンガンにドリブルを仕掛けていって欲しいですねー。
author:de nudge, category:Jリーグ, 00:00
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -
Comment