RSS | ATOM | SEARCH
2012/04/28 サンフレッチェ広島 at 川崎フロンターレ(等々力競技場)
【結果】
 4-1でサンフレッチェ広島の勝ちでした。
 
【感想】
 今季Jリーグ初生観戦です。去年のシーズンは後半を全く追えてなくて、ファンのジェフ千葉もJ1に上がれないところか、いつの間にかドワイト監督が解任されていて、神戸GMが代行していたというのもシーズン終わりかけにようやっと知ったという。。今季はもうちょいチェックしたいですね。GW突入とともにからっと晴れて気温も上がってきてスポーツ観戦や野外フェスにはもってこいな天気になってきました。

 等々力競技場に来るのは、2回目。応援しているジェフ千葉がJ2降格決定した試合以来になります。今回はJリーグ初期の頃のサンフレッチェ広島時代にボランチコンビを組んでいた二人が監督としてぶつかりあう試合を見に来ました。ともに今季からの就任でサンフレッチェ広島の森保監督はシーズン当初から。前監督のペトロビッチが築き上げた守備時3-6-1、攻撃時4-5-1と陣形が変わる変則サッカーをうまく継続してきています。シーズン初戦ではペトロビッチが就任した浦和レッズとの対戦でテレビで見ましたが、まだこれから戦術を浸透させなければならないチームとの格の違いを見せ付ける勝利でした。

 川崎フロンターレの風間監督は最近就任したばかりで、相馬監督のいきなりの解任を受けてのもの。テレビによく出ている方ですが、海外サッカーの試合で選手の名前を覚えていないっぷりがひどく、プレーの解説の具体性が無いこともあり個人的にあまり好きな解説者ではありません。ただ監督業は別物のはずで、大学のサッカーチームを率いて実績があるようです。そのサッカーを見たことないので、どんな戦術を嗜好しているか知らず楽しみではあります。

 広島はお馴染みのメンバー。GK:西川、DF:水本、千葉、森脇、ボランチ:森崎和、青山、ウィングバック:山岸、ミキッチ、攻撃MF:高萩、石原、FW:佐藤。川崎はけが人が多いこともあるようですが、かなりメンバーをいじってきていて、GK:田中雄大、森下、稲本、伊藤、ボランチ:中村、田中裕介、攻撃MF:小林、山瀬、楠神、FW:矢島という4-5-1の布陣です。稲本がセンターバックって初めてではないでしょうか。これまでレギュラーだったジェシがけがしていることもあるようですが、ボランチに田中が入っていて、右サイドバックに伊藤が入っているのを見て、これなら素直に伊藤センターバック、右サイドバック田中裕介、ボランチ稲本の方が良いのではと思ったりしましたが、ここが風間監督の独自性を出してきたところのように思えました。

 試合開始はお互いラインを高く設定してにらみ合いの展開。せまいエリアのショートパス合戦になっていて、時折大きなサイドチェンジが入るもののそれほどお互い効果を発揮せず。川崎のMF中村はよくボールをさばいていて、彼のパスやドリブルからゴール前にせまるシーンを作り出していますが、広島守備陣は中央に人数をかけた守りでそれほど危ないシーンは作らせないですね。森保監督が就任して変わった点はラインコントロールを積極的にするようになった点でしょうか。オフサイドをよく取っていました。ただ、これはイビチャオシムからアマルオシムに交替した時のジェフ千葉そっくりで、マンマークを基本とする守備にラインコントロールのようなゾーンの考えを組み込むと選手が混乱しがちでは、、という危惧があります。この日はすごくうまくやっていました。今季新潟からやってきたスイーパーの千葉はかなりなじんでいますね。日本代表も3バックに取り組んでいるようですが、広島のこの3人をまんま持ってきても良いのでは、、という安定感を感じさせるDFトリオでした。

 川崎右サイドバック伊藤とセンターバック稲本の連携がいまいちうまくいっていなく、そこを突かれます。前半15分過ぎ。中央でMF高萩とFW佐藤でパスを細かくつないだ所から裏のスペースを取ることにかけては天下一品のMF山岸がDF伊藤とDF稲本の裏に走りこんで、そこにパスが通り、角度のないところからうまく蹴りこんで先制点を奪いました。

 川崎の攻撃はMF中村の展開力を頼りつつサイドに張るMF楠神とMF小林の突破力に期待しているようですが、そこはあまり効果的でないです。中央に位置するMF山瀬とFW矢島も人が固まっている中でドリブルを図りますが、突破しきれませんでした。前半30分過ぎ、右サイドバック伊藤が動きの少ない攻撃陣に同調して動きが止まっている広島の守備陣のすきをついて、MF中村との長いワンツーを成功させます。右サイドから中央の中村へグラウンダーのパスをつないで、そのままゴール前中央に斜めに走りこみ、中村のスルーパスを受けてワンタッチでゴールに流し込みました。このプレーは見事でしたねー。

 広島もすぐに反撃。1点目と同様に中央前線に通ったパスからショートパスをうまくつないでMF石原が見事なシュートを決めます。今季大宮から移ってきた石原ですが、千葉と同様にすぐに馴染んでいるようですね。いろいろ動き回ってパスを回していく広島のスタイルは合っているよう。

 前半は広島優位ながらも一進一退が続いている時間帯が多かったのですが、後半は一方的な広島ペースでした。MF高萩とMF石原の位置を前半とは入れ替えてきて、フィジカルな高萩を右サイドに持ってきます。それに警戒した川崎左サイドの守備陣が右ウィングバックミキッチをフリーにさせます。前半はミキッチにパスをあまり通させず、ボールを持たせてもタイトなマークで奮闘していた川崎左サイドバック田中雄大ですが、後半はいいようにやられてしまいました。後半開始いきなりミキッチに右サイド突破され、センタリングをFW佐藤が決めて3点目。その後もミキッチはドリブルで何度もサイド突破、ゴール前進入を繰り返しやりたい放題。30分過ぎにはミキッチに替わって入ったDFファンソッコ(彼が右ストッパーに入って森脇が右ウィングバックになる形)が森脇とのパス交換で右サイドを突破してセンタリングを上げ、それを難なくFW佐藤が決めて4点目。

 後半はよく2点で終わったなーくらいの一方的な展開でした。得点シーン以外でもFW佐藤、MF高萩、MF石原がそれぞれバーに当たってはずれるという惜しすぎるシュートを一本ずつ放っています。特にFW佐藤のシュートはワンツーのパスを見せかけてシュートを放つという高度なもの。この選手のすごいところはたくさんあるのですが、その内の一つにシュートの振りの速さがありますね。トラップからシュートまでが早いこと、足の振りが小さくても強いシュートが放てることがすごいです。

 広島は選手交代も余裕を持ったもの。ロスタイム間際には森脇は相手のペナルティエリア中央付近までドリブルをしかけてマルセイユルーレット(ジダンの技で有名)まで決めてしまうという離れ技も。

 川崎はまだまだやりたいサッカー構築はこれからというところでしょうか。ケガ人(ジェシ、小宮山、柴崎)が戻ってくればもっとよくなるのかもしれませんが、苦しい日々が続きそうな気もしました。川崎のメンバーは3-5-2や3-6-1が適任な選手が多い印象なんですよねー。4-4-2や4-5-1でも良いのですが、この日見たようなせまいエリアの中でショートパスをつなぐサッカーに向かない選手が多い気がします。MF中村憲剛は広いスペースでショートとロングを使い分ける方が向いている印象ですし、小宮山と田中裕介はマリノス所属していた時の木村文治監督時代に左ウィングバックと左ストッパーのコンビで良い関係だったと記憶していますし、山瀬もせまいエリアよりは広々としたスペースでスピードあるドリブル突破をした方が良さそうだし、、と好き勝手に書いてしまって、すみません。素人の感想ということでお許しを。

author:de nudge, category:Jリーグ, 00:06
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:06
-, -
Comment