RSS | ATOM | SEARCH
2011/12/29 COUNTDOWNJAPAN at 幕張メッセ
 幕張メッセで4日開かれる日本のバンドものが揃う巨大フェスの2日目に行ってきました。毎年恒例ですね。大小5ステージが幕張メッセ内にあり、自由に行き来してライブ見ます。
 
 見たのはASIAN KUNG-FU GENERATION→Base Ball Bear→チャットモンチー→日本マドンナ→miwa→ザ・クロマニヨンズ→電気グルーヴ(最後の10分くらいだけ)→TRICERATOPS
 
 各アーチストの感想を簡単に。
 
 ASIAN KUNG-FU GENERATION
 ギター×2、ベース、ドラムの男性4人組。各フェスでつまみくい的に見るのは何回かありますが、フルで見るのは初めてかも。ひっかかりのあるメロディを淡々とした演奏をバックに渋めの声で歌うロックバンドという印象。各演奏者の音があまりつぼにはまらなく、もうちょっと疾走感があったり、ブレイクはさんだりするみたいなアレンジがあればおもしろいかなーと思いました。
 
 Base Ball Bear
 こちらもギター×2、ベース、ドラムの編成です。ベースが女性で後が男性。初めて見ます。こちらは各演奏者の個性が感じられて良かったですね。パワフルなドラム中心に、小首をかしげながら笑顔で弾くベース、ステージを駆け巡ったりいろんな音色(キーボードっぽいものがあった)を出したりするサイドのギター、滑舌よろしく良く通る声で歌うボーカルと役者が揃っている感じ。ファンキーなギターを中心に演奏した曲がおもしろく、サイドのギターはギター放り出して、楽しんごばりなダンスを披露してました。
 
 チャットモンチー
 半年前にドラムが脱退して、二人組となったチャットモンチー。代わりのドラムを入れてくるのかなと思っていたのですが、なんと二人のままで演奏しています。おそらくこの編成で万単位のお客を相手にライブするのは初めてと思われます。これまでベースだった福岡晃子がドラムに入ってギターとドラムでの演奏スタイルが中心でしたが、曲によって楽器をあれやこれやと持ち替えていました。福岡晃子は急遽ドラムを練習したようですが、片手でキーボードを弾きながら叩いたりと器用な面を見せます。半分以上が新曲とかなり攻撃的と言って良いセット。既存曲は「女子達に明日はない 」「バスロマンス 」「東京ハチミツオーケストラ」「世界が終わる夜に」。とりわけ感動したのがギターとベースで演奏した「世界が終わる夜に」。伸びやかで会場内に響き渡る橋本絵莉子の声には感動しまくり。「東京ハチミツオーケストラ」では「そんなに甘くはないよって早く誰か教えてよ」の歌詞をお客に合唱させて、「人生そんなに甘くは無いんだよー」と楽しそうに叫ぶ福岡晃子がかっこう良い。新曲ではベースとドラムという編成(橋本絵莉子がベース担当)だったり、ギターのリフをサンプリングしてループさせた上で、橋本絵莉子が踊ったり、ギターを置いてステージを駆け巡ったりとこれまで見られないスタイルを披露していました。どうせ二人組になったのだからこれまでより自由にという意思も感じられます。最後の曲では福岡晃子がスタンドドラム形式で演奏して、橋本絵莉子がステージを左右に移動しながら歌い中央に戻ってきたところ、バスドラムを表側からダンダンと叩きます。ひとしきり叩いた後「今年はありがとうございましたー、来年もまたよろしくお願いします。」と挨拶。言葉自体はなんてことないのですが、橋本絵莉子の瑞々しい意思が通った声で聞くと妙に神妙になってしまいます。個人的に思い入れのあるバンドだということもあるのですが、非常に素晴らしいライブでした。このスタイルがいつまで続けられるかという疑問もありますが、来年は新曲も連発させるという宣言もしていましたし、当面突き進んでいって欲しいですね。
 
 日本マドンナ
 ギター、ベース、ドラムの女性3人組。20歳前後に見える非常に若い方達の印象。なのですが、悪意たっぷりな歌詞と演奏でした。ジャンクな音の演奏で一曲目から「幸せカップルfuckin,shit,死んじまえー」と連呼する歌。。ギターとドラムの方なんて結構かわいらしいのに。。他にもアイドルをくさす歌や村上春樹の小説読んだけどつまんねーとか直情的に過ぎる歌詞の歌を連発していました。
 
 miwa
 こちらも20前後の女性でソロシンガー。ギター、ベース、キーボード、パーカッション、ドラムをバックにmiwaはギター手に歌います。こちらもかわいらしいですが、日本マドンナと対極的に笑顔たっぷりな陽性パワーを前面に押し出してきたポップ曲を連発していました。そのさわやか過ぎるのりは、曲自体にのめりこまないとちょっとついていけないかな、、という感じでした。それは聞き手としての自分の問題で、他の多くのお客は盛り上がっていて良かったのではないでしょうか。
 
 ザ・クロマニヨンズ
 ボーカル、ギター、ベース、ドラムの男性4人組で、見るのは5年前のフジロックで見て以来の2回目。かなりのベテランになると思いますが若々しい振る舞い含めて、一切のブレないロックでかっこ良いですね。「タリホー」のサビ合唱は楽しい。途中甲本ヒロトのブルースハープと真島昌利のギターを交互にソロ演奏するクロマニヨンズの中では珍しいインスト部分中心に置いた楽曲が良かったですね。ラストあたりでは上半身裸になっていた甲本ヒロトですが、ライブ終了後お客のコールに応えて、パンツを下ろして完全素っ裸になってしまいました。。
 
 電気グルーヴ
 ラスト10分ちょい見ただけなので感想めいたことも書けません。。弦楽器の音を効果的に組み込んだピコピコ音楽を演奏していました。
 
 TRICERATOPS
 ギター、ベース、ドラムの男性3人組で、見るのは4回目になりますね。初めの曲はスライドバーを使ったギターを軸にブルース、カントリー風味たっぷりな曲でTRICERATOPSには珍しいタイプの楽曲。その次に「Fever」。ライブで初めて聞けてうれしかったですね。TRICERATOPSで初めて聞いた曲がこれだったので。その後も旧曲、新曲と織り交ぜて磐石といって良いライブを繰り広げていました。しっかりとした横揺れリズムにワウを聞かせたギターにポップなメロディーと聞いていて楽しいですね。

author:de nudge, category:festival(Count Down Japan), 11:47
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:47
-, -
Comment