RSS | ATOM | SEARCH
2008/08/09,10 Summer Sonic at 幕張メッセ
 幕張メッセとマリンスタジアムなどを使っての複数ステージで繰り広げられる恒例の夏フェス。

 両日とも昼過ぎからの参加。
 見たのは、
 初日:CAJUN DANCE PARTY→DEATH CAB FOR CUTIE→THE FRATELLIS→PAUL WELLER→WHY SHEEP?
 二日目:MUTEMATH→311→二階堂和美→SUPER FURRY ANIMALS→ALICIA KEYS→CAFE TACVBA(ラスト30分ほど)→THE LIVING END(ラスト30分ほど)
 
 と幕張メッセ内にある、ソニックステージを中心に見てました。二階堂和美とCAFE TACVBA以外は、初めて見るものでした。
 
 ALICIA KEYSが圧巻でした。脇の方で見てたので、バンドメンバーは把握しきれませんでしたが、10人くらいの構成(管楽器隊やバックボーカルなど贅沢な布陣)で、前方両横にあるキーボードと中央目にあるピアノを曲によって弾きながらのパフォーマンス。踊りをきっちり決めたり、ピアノで歌い上げたりと。特に聞きたかった「if i ain't got you」は感動しましたねー。曲によっていろいろな構成(ピアノの脇にフルート奏者や男性ボーカルを配置させてデュエット形式とか)を見せてたのも魅力的でした。
 
 MUTEMATHもすごかったです。ドカバカしたリズムに印象的なギターリフが重なって、そこに熱いボーカル/キーボード(据置型と肩掛型を曲により使い分け)が乗る前半部分、楽器の交換や3人でのドラム叩きなどどんどん構成が変わっていって楽しませてくれた後半部分ともにおもしろかったです。
 
 DEATH CAB FOR CUTIEは、ギター×2、ベース、ドラムという布陣で、気持ちのよいリフを重ねていってじわーっと盛り上げていく演奏にせつないメロディーの歌が乗っていて良かったです。ボーカルの声が誰かに似てるような気がしたのですが、思い出せなかったです。
 
 マリンスタジアムのはずれにあるちょっとした傾斜もありな芝生地のSeaside Villageは、今年はキャンプできるようになったようです。夜のWHY SHEEP?を見にいきましたが、ほのかな灯りで演出されていて良い雰囲気でした。2日目昼間に、そこで見た二階堂和美は午前中、小泉今日子を見てテンションが上がっていらっしゃったようで、かなり熱い演奏でした。バックバンド(トロンボーンがSAKE ROCK、キーボードはエマーソン北村、ギターがキセルのお兄さん)とともに良かったですね。
author:de nudge, category:festival(Summer Sonic), 00:00
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -
Comment