RSS | ATOM | SEARCH
2018/08/25 sora tob sakana at お台場フジテレビ前ステージ

 この日は朝と夜にライブを見に行きました。まずはフジテレビが主催しているイベントの一環で11時からsora tob sakanaの30分ほどの無料ライブ。去年も参加しましたが、ライブの前の9時半からフジテレビのアナウンサーとカラオケ対決コーナーがあるので、それも見に行ってきました。

 

 まずはカラオケコーナー。司会は藤本万梨乃アナ。新人だそうですが、しゃべりが安定していて、お客へ働きかけや満面の笑顔の振りまきも手慣れている感あって、学生時代にイベント司会の経験があるんじゃないかくらいに思いました。カラオケで歌うのは2年目の大川立樹アナ。こちらは人前で歌うということもあって緊張しまくり、初々しさありました。爽やかなイケメンでいかにもスポーツマンだったんだろうなーという風貌。歌う前にアキレス腱伸ばしたりするのもいかにも体育会系。ぶっちゃけ突っ立ってカラオケ歌うのにアキレス腱伸ばすの意味無いけど、気持ちわかります。学生時代に歌ったという菅田将暉の「さよならエレジー」を歌います。若いですね。。そういえば去年のカウントダウンジャパンで菅田将暉本人が歌っているの見たなと思い出しました。ノリ良いお客さんは手拍子やサビで手挙げたりして盛り上げます。得点は90点代。
 
 続いてsora tob sakanaはアニメ「ハートキャッチプリキュア!」のテーマソング「Alright!ハートキャッチプリキュア」を歌います。マイク2本なので、2人ずつコンビ組んでマイクリレーして3人で歌います。去年は軽く踊りながらでしたが、今回はオリジナル曲にダンスは無いのか直立不動。sora tob sakanaの曲と比べるとまた違ったかわいらしい味ありつつ、ところどころの3人の節回しはやっぱりいつものオサカナさんの歌声で良いなーと感じさせるものでした。得点は92点でオサカナの皆様の勝利。
 
 本編のライブは30分6曲。こういった外部イベントでの出演はトラックや曲展開の印象強めのセットリスト組む傾向強く今回も同様でした。最新シングルの「ささやかな祝祭」も外してくるところにガチンコさが伺えます。高速なギターリフのイントロやサビで突如リズムが変わるのが印象的な「New Stranger」、マスロックなストップ&ゴーが織り込まれる「広告の街」、ファンクなノリの「Silver」、エレクトロニカなトラックにポップなメロディが乗っかる「魔法の言葉」、硬質な電子音にアラビアな要素が入ったアレンジの「Knock!Knock!」。

 

 そしてラストは晴れた野外で聞くのが最高な「Lighthouse」で締めでした。歌詞にあるように空高く上昇していくような感覚が味わえる曲で最高でした。特にラストサビ前のブレイク部分、トラックの音が止まっている中で「物語は続く」ときれいな声で歌って、サビへなだれ込んでドカンと盛り上がっていくところは何度聞いても高まりますね。いつか大きな野外フェスでたくさんのお客さん相手にこの曲を聞いて盛り上がりたいという夢があります。

 

author:de nudge, category:live(Others野外), 10:05
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:05
-, -
Comment