RSS | ATOM | SEARCH
2019/08/10 Rock In Japan at 国営ひたち海浜公園

 先週に引き続き茨城県ひたちなかにある大きな公園で7ステージ設けられて、そこに日本のアーチストを集めた大型野外フェス。2週連続行われるフェスで2週目の1日目に参加。
 
 見たアーチストは以下です。カッコが無いものはフルで見ています。
  モーニング娘。'19→SCANDAL→Little Glee Monster→Tempalay(2曲目辺り途中から)→山本彩→BRADIO→BUMP OF CHICKEN(アンコール手前まで)
  
 この日は同行者がおり、モーニング娘。'19とTempalayのみ希望通して、後は同行者の意向に沿って見ました。各アクトの感想を。
 
 

 モーニング娘。'19
 一番大きなGRASS STAGEで去年に引き続き出演となるモーニング娘。。6月に新メンバー3人加入が決まっていますが、まだライブ参加はしていなくこの日は11人でのライブ。頸椎椎間板症で1ヶ月ほど活動を休んでいた小田さくらはこの日から復帰。元々7月上旬に発表された診断結果が1ヶ月の療養が必要とのことで、Rock In Japanギリギリだな、、と思っていたのですが、間に合わせてきました。モーニング娘。の歴史上最大キャパとなるこのステージに11人揃って見れるのうれしい。2013年からモーニング娘。のファンになって、今の11人がグループ一体として見せるパフォーマンスとしては最高と思っていて、その集大成としてこの場で見れるのうれしい。メンバーも相当気合入っていて、暑さ対策のため暖房を入れてダンスレッスンやったりとか、前日に会場入りしてリハーサルまでやっていたよう。
 
 去年より持ち時間が10分多い50分。そこに14曲詰め込んできました。インパクト、感激度、セットリストや衣装の好みは個人的に去年の方に軍配を上げますが、今回めちゃんこ大きなステージ、多くのお客さん相手に訴えかけるライブはものすごく良かったです。浮かれまくって聞きました。オレンジと黄緑の衣装を半分ずつのメンバーが身にまとって、全員フードをかぶってうつむいてステージに登場。フードをバサッと取ってスタートしたのは「みかん」。ちょい意外な選曲。青春さがあるロック曲から始まり、中近東なトラックに合いの手が多く入る「気まぐれプリンセス」、今年発売されたアルバム「ベスト!モーニング娘。20th What is LOVE?」のオリジナル曲「I surrender 愛されど愛」とバラエティある曲で攻めてきて、有名曲「恋愛レボリューション21」を持ってきます。普段のライブではそんなにやらないですが、こういった場ではもってこいですね。他に「ザ☆ピ〜ス!」「LOVEマシーン」などヒット曲を披露。意外だったのは前半にそれらの曲を固めてきたことでしょうか。
 
 後半は今のモーニング娘。のモードでは代表曲となる「One・Two・Three」「わがまま 気のまま 愛のジョーク」「What is LOVE?」に加え、最新シングルから「青春Night」と去年のシングル「Are you Happy?」を入れてきました。ネットで初めてモーニング娘。を見たと思われる方が「Asian Dub Foundationみたいな曲がすごかった」的な書き込みをしていましたが、恐らく「Are you Happy?」でしょうね。この曲は去年も披露していましたが、大舞台で映え、かつモーニング娘。を知らない人にはこんな曲までやるんか、と驚かせられる曲なのでこれからも積極的にやっていって欲しい曲。ラストはブラススカロックな「ここにいるぜぇ!」で大団円な締めでした。
 
 11人のメンバーにもそれぞれ見せ所あり。「シャボン玉」のラストサビ前のセリフは横山玲奈が担当、「泡沫サタデーナイト!」のラストサビ前の煽りセリフは加賀楓が担当、「ザ☆ピ〜ス!」のラストサビ前のセリフは牧野真莉愛が担当。それぞれ初めてその担当部分を見ました。ほぼMC無しで矢継ぎ早に曲を繰り出していくライブは圧倒的。ストイックさが感じられるライブなのに、機を見て笑顔を客席に振りまいてアピールしまくりなのも素晴らしい。ステージ横脇のスピーカー前にメンバーが行くことも頻繁にやっており、自分がいた上手側にもたくさんメンバー来たのですが、歌う場面で無い箇所のメンバーはその合間に手元にある飲み物飲んでたりしました。あんなところにまで飲み物を予め置いておくって、事前にスタッフと決めていたのもすごいと思ったり。
 
 
 SCANDAL
 PARK STAGEで1年半ぶり5回目に見るギター×2、ベース、ドラムの女性4人組。前回見た時からライブの印象が変わったのですが、今回も同様演奏がつぼでかっこよさを随所に味わいました。ちょっと歪んだギターリフとかリズムの間合いみたいなものが好みで良い感じ。特にベースの音が好み。3曲目ではメインボーカルではない方のギターがユニークな合図を出していたりしたのですが、そういった曲も楽しく聞けました。
 
 
 Little Glee Monster
 引き続きPARK STAGEで初めて見る女性5人のコーラスグループ。キーボード×2、ギター、ベース、ドラムを率いてのライブ。朝のTV番組「めざましテレビ」で良く取り上げられるグループってな印象あるくらいで見ました。最初の曲はCMで聞いたことある「世界はあなたに笑いかけている」。その後もきれいな歌声を随所に聞かせつつ爽やかなJ-POPを歌っていました。もうちょい黒っぽい要素あると個人的には良い感じに聞けるかな、、という印象でした。
 
 
 Tempalay
 HILLSIDE STAGEで今年に入ってやたら見ている(今年初めて見るようになって4回目)男性ボーカル/ギター、女性コーラス/シンセサイザー、男性ドラムの3人組(男性ベースがサポートに入っての4人編成)。2週間前のフジロックでも見ていますが、これまで屋内(フジロックも屋根付きステージだった)でしかライブ見たことなかったので、今回野外で見たくて駆けつけました。音を聞いて野外に合うなーと実感。蜃気楼感、酩酊感ある音で漂うような感覚を味わせつつ、時折暴力的に切り込んでいくギターが最高。歌もそういった演奏に合う感じで堪能しまくりでした。ギターは「正直興味が無かったフェスだけど結構お客集まってくれて良い感じ。次はもっと大きなステージに出てみたい。」と意欲出してました。ステージの名前通り客席が様々な高さになっていて、いろんな箇所から違った風景が見れるこのステージはRock In Japanでもお気に入りのステージですね。ドラムがMCで「モーニング娘。がすごかった。あれこそプロだ。」とめちゃくちゃ褒めていてびっくり。これは聞いていてうれしくなるコメントでした。
 
 
 山本彩
 LAKE STAGEで初めて見る女性シンガー。以前NMB48というアイドルグループに所属していたということは知っていましたが、ほとんど知識ない状態で見ました。自己紹介で「やまもとさやか」と知りました。「やまもとあや」と読んでました、すみません。。ギター、ギター/キーボード、ベース、ドラム、コーラスを率いてのライブ。山本もほとんどの曲でギターを弾きながら歌ってました。低めで影が少しある強い声といった印象。曲やサウンドは日本のソロシンガーでよく聞くタイプのものであまり印象に残るものはありませんでした。途中同じステージに出ていた阿部真央をゲストで迎えて阿部真央の提供曲を一緒に歌ったり、ハーモニカを気合入れて吹いたりと見せ所は多々。何より初出場ということで目一杯楽しんでパフォーマンスしている様が伝わってきたの良かったです。
 
 
 BRADIO
 引き続きLAKE STAGEで1年ぶり3回目に見るボーカル、ギター、ベースの男性3人組。去年のRock In Japanは管楽器隊なども付けてた布陣でしたが、今回はドラムサポートのみの4人でのライブ。キーボードなどプリセット音も入れてですが、エンターテイメント抜群なファンクミュージックでシンプルな編成ながら豪華さまで感じるライブでした。こういったメジャーな方面のアーチスト揃うフェスでファンクで直球勝負するのは頼もしいものがありますね。お客乗せやすくするわかりやすい振り付けを随所に入れて踊らせて、ノリノリで聞かせます。腹から出す力の入ったボーカル、横揺れなギターやベースなども良い感じ。今回印象に残ったのは4曲目にやったしっとりと聞かせる「雨恋」という曲。プリセット使わずシンプルにギター、ベース、ドラムのみで演奏し、雄大さ感じるソウルなメロディを歌い上げてました。後方で座ってのんびり見てたのですが、前方の踊りまくりなお客さんの中でモーニング娘。'19のグッズを身に着けたお客さんが結構いてうれしかったですね。(モーニング娘。の曲を多く手がけるつんく曲に多い)赤羽橋ファンクで育った人たちはBRADIO見るべしと思いました。
 
 
 BUMP OF CHICKEN
 GRASS STAGEのトリとなるギター/ボーカル、ギター、ベース、ドラムの男性4人組を見ます。4年ぶり3回目。過去2回と全般には印象同じですが、今回が一番良い感じに聞けたライブでした。特にライブ始めの3曲の流れがぐっときました。冒頭の2曲は壮大さあるメロディにどこか胸うつ鼓動のようなアレンジのかみ合わせが良い感じに聞けて、そして自分もよく知っている「天体観測」につながっていってそこは結構のめり込んで聞いてました。個人的には良質なメロディと歌声聞かせる地味めなインディーロックってな印象のバンドなのですが、それでこういったとんでもない人数のお客さんが聞き入っているってのがすごいですよね。
 
 

author:de nudge, category:festival(Rock In Japan), 11:05
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:05
-, -
Comment