RSS | ATOM | SEARCH
2019/03/02 ベガルタ仙台 at 横浜F・マリノス

【結果】
 1-2で横浜F・マリノスの勝ちでした。
 
【感想】

 先週より開幕したJリーグ。チケットぴあで溜まったポイント使ってこちらの試合見に行きました。お昼から日産スタジアムにて。天気もよくサッカー観戦日和。
 
 マリノスは去年から就任したポステコグルー監督のサッカーがめちゃおもしろいものでその進化っぷりを楽しみにしてきました。ベガルタ仙台は渡邊監督が6年目となりますが、今シーズンは派手な補強をしている他チームに比べて流出多く、入ってきた戦力も小粒な印象です。特に去年とおととしレンタル移籍で所属していた野津田が戻った(サンフレッチェ広島)のが痛いような。
 
 試合開始。マリノスは4-3-3。GK飯倉、DFが右から広瀬、チアゴ マルチンス、畠中、高野、MFがアンカー喜田で、インサイドハーフに三好、天野、FWが右から仲川、エジカル ジュニオ、マルコス ジュニオールといった面々。新加入は5人。両サイドバックの選手、去年までコンサドーレ札幌にいた三好。FWの両外国人選手。高いラインで選手の距離感を蜜にしてショートパスを組み立てていく戦術ですが、両サイドバックの動きが独特でボランチの位置に入り込んでパスをさばいていくことを随所にやってきます。センターバックとワントップ、アンカー以外の選手が流動的に動き回ってショートパスをつないでいき、隙きあらば縦をついて雪崩うつように攻め込んでいく戦術。去年試合見た時はGK飯倉もセンターバックの位置まで上がってボール回しに参加していましたが、それはやらなくなっていました。
 
 ベガルタは守備時は5-3-2、攻撃時は3-2-5といったコンサドーレに近い戦術を採用していた印象。GKシュミット ダニエル、DFが右から平岡、大岩、永戸、右ウィングバックに蜂須賀、左ウィングバックに関口、ボランチが右から兵藤、シマオ マテ、富田、FWが長沢、石原といった編成。コンサドーレから加入した兵藤は守備時はボランチの位置に、攻撃時はFWに近い位置でプレーします。FWハモン ロペスが怪我で欠場なのが痛いですかね。マリノスの圧倒的な攻撃力に対して5バックで特に中を固めることを意識して守ります。攻撃時は長身FW長沢に当てて左右に展開、特にロングパスを左右に散らして両ウィングバックがサイド深く攻め込むことを意図していました。前半散発的でしたが、その意図を持った攻めはできていました。
 
 が、終始マリノスペースといった感で試合は進みます。ベガルタが固めてきた中央を付くことは少なかったですが、両サイドをドンドン付いていきます。流動的に動く選手が重なることもなく、相当コンビネーション練習しているんだろうなーと思わされるもの。単にショートパスつなぐだけでなく、前線へ駆け込んでいくフリーランニングもあらゆる選手がやっていくので、守るの大変だろうなーと。前半25分過ぎ、マリノスが広瀬とマルコスのワンツーで右サイドのペナルティエリアを崩してそれを、ベガルタ富田が倒してしまいPK獲得。エジカルが決めて先制します。ワンツー決めた時の選手の位置もおもしろく、右サイドバックの広瀬が中央ペナルティエリア近く、左サイドのウィンガー的な位置が主なマルコスが右に来ていました。
 
 その10分後に決めた追加点も見事。マリノスDFがベガルタFWからボール奪ったところへ、ベガルタMFがプレスをかけにいきます。そこへマリノスMF三好が前に空いたスペースへ駆け込んでボールをもらいます。同様に飛び出した仲川が右サイド深くに侵入して三好がパスをつなげて、仲川は体を反転させながら中央へグラウンダーの強いクロスを放ち、それにエジカルが詰めて決めてました。非常に素晴らしい流れでした。
 
 後半もマリノスペースながら追加点は決められず。左サイドバック高野が中央ゴール前に侵入する場面なんかもあります。両サイドバックは知らない選手だったのですが(高野はヴァンフォーレ甲府より加入、広瀬は徳島ヴォルティスより加入)、ともに素晴らしい動き。特殊なマリノス戦術にはまっていて、去年出ていた松原(レギュラー奪われた形)、山中(今季浦和レッズへ移籍)よりも守備が良いですね。攻撃にスポット当たりがちですが、守備もかなり整備されていました。ベガルタ長沢の浮いた玉の競り合いはDFとMFが前後に挟んで自由に動けなくしてボール弾いたり、両サイドバック上がったスペースは、他の選手(アンカーの喜田やFWのマルコスがサイドバック位置にいたことも)がカバーしていたりと。
 
 そしてこの日アンカーの喜田の動きが素晴らしいと思いました。前線へ上がりがちなインサイドハーフ陣が安心して攻め込めるくらいの見事なカバーリングもさることながら、ボール回しで他選手が困った時にするっと顔を出して受け手になっている場面もたくさんありました。(自分が応援している)ジェフ千葉のアンカー、熊谷アンドリューもこれくらいの動きを見せてくれたらなーと思いながら見てました。
 
 ベガルタは後半、選手を入れ替え4バックにして攻め込みます。試合終わり間際それが実ってペナルティエリアでFW石原がねばってボールキープしたところをマリノス大津(天野に替わって入った)が倒してしまいPK獲得、石原自身が決めます。が、時すでに遅しで数分後終了しました。ベガルタは2点目取られた時が象徴的だったのですが、去年売り物だった前線でボール奪われた時のプレスがハマりきらなかったところが課題でしょうか。その辺りはこれから、、と言いたいところですが、現在の選手構成だとちょい厳しいかもと。ベテラン選手多く、また長身長沢、アンカーのシマオ マテも動きに欠けるので、プレス戦術導入に無理ある感あります。戦術の見直しを行うか、戦術にはまりそうな選手を抜擢していくかでしょうか。
 

author:de nudge, category:Jリーグ, 09:00
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:00
-, -
Comment