RSS | ATOM | SEARCH
2019/04/27 sora tob sakana at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 この日は思い入れのあるグループ、そしてほんのり関係があるグループのライブのはしご。ともに座って見る席だったので、じっくりと見れました。まずはお昼に横浜にあるホログラフィックと呼ばれる映像設備がある劇場でのライブ。そこでお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの公演を見ました。彼女たちがここでライブするの4回目で今のところ全て行けています。個人的にこのゴールデンウィークラストの公演で卒業する風間玲マライカを見る最後の機会となりました(まだライブはいくつかありますが、それらには自分は行けず)。チケット売り切れで満杯。後方席から見ました。
 
 全身白のふわふわしたドレスで新衣装かと思ったら「cocoon ep」発売後に着ていたサブ衣装の方だったよう。当時はメンバーカラーのベルトをしていたのを外していたので気づきませんでした。インスト曲「whale song」でメンバー登場。スクリーンに立体的に映し出される映像の中に入り込んでいる(ように見える)中でライブをスタートします。
 
 最初は「Lightpool」「鋭角な日常」とタイトなリズムのかっこよい曲の2連発。泣く要素は一つもない曲ながら、自分はここで目ウルウルしながら聞いてしまいました。4人揃って見るの最後かーという実感が急速に訪れてしまいました。1時間20分ほどのライブは過去曲からバランスよく、総決算的にいろいろと聞けました。使われている映像はこれまでのものから一変させたものがほとんどで、刺激ありまくり。単独ライブで「シューティングスター・ランデブー」聞くの初めて。気持ち良いシンセ音にちょっとシティポップス的、でも軽やかなダンスソングで聞かせていて良い感じ。ダンスも楽しげに見せるもので良いですね。後のMCで「サンリオに出てきそうなキャラがかわいかった。」と言ってましたが、かわいらしいキャラがメンバーの前後左右にあれこれ出てきたのもおもしろかったです。
 
 「アルファルド」「Lighthouse」「ribbon」の3曲は元々涙腺緩くなる曲ですが、今回格別なものありましたね。「アルファルド」の最初のソロパート「ひとりで歩いてる 君はいつもまっすぐに進んでく」と高音で切なげに歌う風間を見るのも最後かーと。寺口夏花はこの日調子ちょい悪いのか歌詞を2,3回忘れてしまっていた場面ありましたが、ダンスのキレやMCの独特なテンポはいつも通りでした。3〜4曲ごとにブロック組んで合間に短いMCをはさんでいくのがsora tob sakanaのライブの進め方で、ラストのブロックは代表曲と言って良い「夜空を全部」「広告の街」「夜間飛行」を連発。この3曲で締めかと思ってたら最後に「Moon Swimming Weekender」を持ってきました。
 
 「Moon Swimming Weekender」はキレあるシンセ音に密度高いギターやドラムを詰め込んだアレンジで切迫感ありつつ、どこか宇宙を漂うような感覚を味わえるような音、歌詞、メロディ、歌いっぷりのめちゃかっこよい曲。自分がこれまでsora tob sakanaのライブを見た中で最高の瞬間だったのが、2017年7月に行われた結成3周年ライブの昼、夕方と行われた夕方公演(昼のライブが即完だったので追加公演の形で行われた)のアンコールラストに歌った「Moon Swimming Weekender」でした。めちゃくちゃ舞い上がって聞いたの覚えています。4人のラストをこの曲で見れたのも感慨深かったです。歌い終わると前後の映像が濃くなっていき、そこに溶け込んで消えていくような感じで彼女たちは退場。以前の入場曲だったインスト曲「海に纏わる言葉」が流れて映画のエンディングかのように静かな映像、そして最後に「sora tob sakana」の文字が大きく映し出されて終わりとなりました。
 
 4人のルックス、個々の歌声、特別感あるノスタルジー誘うハーモニー、メロディ、アレンジ、ステップ多くて曲ごとにいろんな見せ方をするダンス、オイコールほとんどなく手拍子多め(しかも結構難し目)で鑑賞要素強い、でもノリ良い曲は客と一体となって盛り上がっていくライブスタイル、朴訥としたマイペース極まってるMC、などなど全て魅力的で、ここまでジャストな感じで全ての要素がはまるアイドルグループは今まで無かったです。後、ライブではないですがマイペースなMCをさらに拡大したラジオ番組もお気に入りでした。

 

 残念ながら風間玲マライカは卒業してしまうのですが、本当これまでの活動感謝です。ハーフのきれいな顔立ちで高音の抜けるような歌声と笑顔で張り切ったダンスが魅力的でした。また、勉強嫌いを公言していて、おバカな面をちょいちょい見せていたのもおもしろかったです。何かとサービス精神旺盛でいろいろ気の利いたことを話してくれるのですが、時折方向間違えていることがあり、それが意外な笑いを誘うことが多々ありました。「この指と〜まれ!」という番組に出た時に唯一譜面読める寺口夏花に対して「吹奏楽部だったからじゃん。」と発言した場面は大爆笑しました。あそこは今でもたまに見返します。

 

 新たな道も幸せに楽しく過ごしていくことを願っています。また、sora tob sakanaを続けることを選択した3人にも感謝。普段のMCは相槌主体な神風花がこの日MCをリードしていたのも、3人になった後のことを考えているようにも思えて(これまでは風間がMCリードしていたのがほとんどだった)、今後の活動も楽しみにしています。

 

author:de nudge, category:live(DMM VR THEATER YOKOHAMA), 08:50
comments(0), -
2018/09/02 sora tob sakana at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 横浜にあるホログラフィックと呼ばれる映像設備がある劇場でのライブ。そこでお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの公演を見ました。昼過ぎから1時間30分ほどの公演でした。ここで彼女たちがライブするのは3回目で、演るたびに内容が充実。また、動員も伸ばしていて前回も売り切れでしたが、今回は(確か)発売日当日に売り切れになりました。前回までは整理番号順での入場で席は自由選択でしたが、今回から指定席制になりました。
 
 ライブは2部構成。1部は1年前まで使われていたオープニングSEの「海に纏わる言葉」で登場します。そういえば1年前のここのライブで「海に纏わる言葉」と新しいSEが連続で流されて、以後のオープニングSEは新しい方になったんですよね。立体的な海の映像の中に入り込むような見え方で登場します。彼女達の立ち位置の前に特殊な装置があって、客席からは彼女たちの前にも映像が映っているように見える(彼女たち側からはそれが見えない)ようになっていて、視覚的におもしろい。さらに今回はレーザー光線なども使われ、客席上方にレーザーや星みたいな光も映し出されます。
 
 さらに衣装が自分がsora tob sakanaを知った頃の2年前に着ていた衣装。白の天使のようなふわふわしたもので懐かしいです。神風花と山崎愛は身長伸びていて2年前よりちょい足を出している感じになっていますが、全員違和感なく着れています。そして学校帰りの夕暮れを描いた「クラウチングスタート」を歌い始めます。この曲始めで衣装トラブルがあったのか、寺口夏花がはけてしまいます。ちょいひやひやして見てましたが、寺口の歌パートの時に無事戻ってこれました。
  
 これまで(恵比寿CreAtoで開催されている)定期公演で見てきたVJ TONTONが手がける様々な映像が立体的に映し出されて、ここならではの視覚で楽しめます。メンバーが前方の映像の影になってしまうような場面もあるのですが、そういった思い切った映し方もおもしろいと思えるもの。音はライブハウスよりもちょい迫力無いものですが、充分に堪能できます。1部の中で特にぐっときたのは、夏の終わりのこの時期にふさわしい「蜃気楼の国」。音数が少ないアレンジで高音目に歌い上げるスローな曲で、山崎が神と風間玲マライカそれぞれとハモるパートがあるのですが、そのが特につぼで儚さがありつつしっかりと聞かせる山崎の歌声が好み。そしてサビの4人のユニゾンはもう本当素晴らしい。音源では音の裏に隠れたように小さく聞かせるラスト部分の「はーはーはー」と4人で歌い上げるパートは、ライブでは前面に出して歌い上げてくるのですが、ライブならではの聞かせ方が非常に良いです。
 
 そして夏といえばの「夏の扉」を歌って1部を締めます。歌い上げた後のポーズでしばらく動きを止めたまま、その間に映像が濃くなっていく中、メンバーが静かに退場していきます。そのまま映像は流れ続けます。駅の雑踏とビルの風景が交互に交差する中、徐々に海辺と星空の映像が飲み込んでいくような展開で見せます。そして新SEが流れ出して2部スタートです。衣装チェンジをしての登場。今回は最近お馴染みのところどころに青、黄色の四角が入っている、ウエストを絞っていない白基調のスポーティーなワンピース。
 
 2部スタートの「Lightpool」がめちゃくちゃかっこよかったです。1部終わりからこの曲に入る流れが完璧だなーと思いました。2部の中で印象に残ったのは、「silver」「tokyo sinewave」「発見」の3連チャン。sora tob sakanaには珍しいファンクの曲の「silver」をノリノリで聞いた後、断続的な音を聞かせるようなアレンジの中、無機質な感じに歌う2曲を続けてきて集中して聞きました。7月に発売されたシングル「New Stranger」のカップリングとして収録されている「発見」はライブ初披露で、イントロ音鳴ったところでどよめき起こりました。寺口と山崎が中央に体育座りして、その周りを神と風間が歩いて、言葉を紡ぐように1コーラス目を歌っていきます。4人の歌割りが平等な曲が多いsora tob sakanaですが、この曲の1コーラス目は神と風間のみで歌うという珍しい歌割り。2コーラス目からは4人でリレーするように歌っていくいつものスタイル。
 
 この会場は着席してライブ見るので、メンバーの足元も見えます。1部の中で歌った「夜空を全部」はもう何回もライブで聞いている曲ですが、今回見ててあれ、ってなったのが1コーラス目ラストと2コーラス目ラストで「よーぞらをぜんぶー」と歌いながらステップ踏むところが、今まで同じパターンと思ってたのが、少し違うステップに見えました。ただ過去映像見ると一緒だったので気のせいかもしれません。2部ラストはノリノリで聞ける「New Stranger」と「夜間飛行」で締め。全16曲とフルボリュームのライブは大満足でした。MCで覚えていることを。
 
 久々に着た1部の衣装を振り返って「こんなにふわふわしている衣装だったんだね。」「この衣装の時は髪飾りも付けてたんだけど、すぐ取れちゃうから今日付けてません。その後の衣装も髪飾りは無くなっちゃった。」そうな。確かに髪飾り付けてましたね。
 
 「発見」の初披露を振り返って、ダンスが独特という話から、「この曲の私、横向いて座っていることが多いから客席ほとんど見ていない。最後に正面向くのでやっとそこでお客さん見える。」と話した寺口を受けて、神が「じゃあ今度『発見』を1曲目にしたセットにして、その日のお客さんどれだけ来ているか全然分からない状態のまま歌い続けて、曲の終わりでやっとお客さんを『発見』するってどう?」と。寺口が「オープニングSEでステージ登場する時はどうするの?」と返して、「下むいて客席見ないように登場するとか」と神が返答。
 
 チケット売り切れで満杯なことに感謝して、「100人とか200人とかいるんですかね?」と。人数分かっていないようですが、客席数からすると350人くらいのお客さんが集まっていたことになります。ステージから見るとそれくらいの人数に見えるんでしょうか。客席が暗くてステージからはよく見えないってのもあるのでしょうけど。
 
 

author:de nudge, category:live(DMM VR THEATER YOKOHAMA), 22:22
comments(0), -
2017/11/25 sora tob sakana at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 横浜にあるホログラフィックと呼ばれる映像設備がある劇場でのライブ。そこでお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの公演を見ました。昼過ぎから1時間30分ほどの公演でした。6月にも同所でsora tob sakanaの公演見ていますが、その時よりもありとあらゆる面でパワーアップした感ある素晴らしいライブでした。チケットも売り切れで会場満タン。前回の公演の評判が良かったからでしょうか。基本、東京でしかライブしていない彼女達が、今月は名古屋と大阪、横浜を回る出張定期公演を行っていてこの日はその最終公演という位置づけだそう。
 
 いつものインスト曲「海に纏わる言葉」をバックにメンバーが登場、、しないであれ?ってなります。次の初めて聞くインスト曲でメンバー登場。後のMCで解説があり、新しいSEに替えていくとのこと。スクリーンには巨大なくじらなど海にいるような映像が流れます。ステージの前方にも映像が流れ、メンバーの前後をはさむように立体的に見えるのが、この会場ならでは。最初が「クラウチングスタート」で早くもウルウルと。前回は一番前の席で見て、今回は真ん中辺りから。映像とそこにいるメンバー全体を楽しむなら、ある程度距離ある視点からの方が良いなと思いました。ステージ脇までスクリーンがあるので、そこも含めて楽しめます。
 
 前回は2,3つほど映像無しの曲がありましたが、今回は全曲映像付き。これまでの使ってきた映像以外のものも使われてきて、かなり準備されたもののように感じました。「Moon Swimming Weekender」は、7月のWWW Xで行われた3周年記念ライブの追加公演のラストにやった時の突き抜けた感覚を味わって、そこからお気に入りの曲となりました。ここでのパフォーマンスと映像もぐっときます。和紙の模様みたいな点と線がメンバーの前方の映像に流れ、踊る姿とシンクロしていきます。未音源曲の「秘密」は、跳ねるようなステップをここかしこに盛り込んだダンスが楽しい曲で、ポップ性あるメロディとの相性も良い感じ。2コーラス目のサビでは山崎愛の長めのソロボーカルがあるのですが、ここすごく良かったです。
 
 「tokyo sinewane」はうす暗い中、白い星のような点、線と文字が浮かび上がってくる映像がお馴染みですが、前方に出てくる映像とメンバーの動きとのシンクロ具合が一番すごかったです。山崎が右手を挙げた瞬間に白い点がポンと出てきて、まるで山崎の手から出ているような感じでしたし、両サイドに位置してソロを歌う風間玲マライカと神風花に白い縦線が筒状で囲ったりと。「帰り道のワンダー」はポップなイラストがそこかしこに散らばります。大半はいつだったかの定期公演で使っていた、メンバー自身が書いたイラストで組み立てていたでしょうか。
 
 エレクトロニカなアレンジのミドルテンポのポップ曲「魔法の言葉」を聞くのひさびさ。ユニゾン無しにソロボーカルをつなぐことによって構成する曲で、こういった聞かせ方をするのもsora tob sakanaの魅力の一面。2コーラス目最初の方の「髪を撫でていくと季節が変わった」と「通り過ぎてく毎日で」のパートを寺口夏花が連続で歌っている部分が好きで、通常は歌パート分けそうなのに、寺口に続けて歌わせているのが良い感じ。また、ラストサビ部分でセカンドラインなリズム(ではないのかな?2拍と3拍が連続するやつ)が入り、そこをお客さんが手拍子していくのも楽しい。
 
 4人の声は本当に良く、ユニゾンやソロを繋げていくことでノスタルジーありまくりな音空間で満たされていくのがたまりません。「夜間飛行」の長いインスト部分手前で、風間と神が高め、追いかけるように山崎と寺口が低音で、一言ずつソロを歌う部分があるのですが、そこの連続部分も4人の声質が存分に生かされているなーと。ラストの「ribbon」はサビ部分で4人のユニゾンが情緒極まる聞こえ方をさせて、映像とも相まってポロポロと涙が。。歌聞くだけで泣くってのも年食ったなーと。MCで覚えていることを続きで。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(DMM VR THEATER YOKOHAMA), 08:50
comments(0), -
2017/06/25 sora tob sakana at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 横浜にあるホログラフィックと呼ばれる映像設備がある劇場でのライブ。そこでお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの公演を見ました。夕方から1時間15分ほどの公演でした。映画館と同じような空間で座席があり、整理番号順に入場して自由に選べる方式。今回早めの番号が取れたので一番前の席で見ました。公演によっては立ち上がって見て良い場合もあるようですが、今回はメンバーのアナウンスで座っての鑑賞を進められたので着席で見ます。座席があるsora tob sakanaのライブも初めてで新鮮。
 
 ステージは奥行があって、その後方でのパフォーマンス。ステージ後ろに映像が映るのは通常のライブと一緒ですが、この劇場ならではなのが、メンバーの前に半透明の映像が浮かび上がるように映ること。入場曲として流れるインスト曲「海に纏わる言葉」から映像が流れるのですが、海が奥から手前に流れるように立体的に見える映像におーっといった感心の声が上がります。最初が「Moon Swimming Weekender」という意外なスタート。宇宙的な映像がスクリーンに映えます。前の映像はメンバーからは見えないそう。舞台の下にその映像があるそうで、どういった仕掛けで客席に見えるようになっているんですかね。
 
 その後もいろいろな映像付きの中歌いますが、すごかったのが歌詞の文字を前方に映し出した「広告の街」と「tokyo sinewane」。特に「tokyo sinewane」はこの空間にベストマッチといった感あって、うす暗い中、白い星のような点、線と文字が浮かび上がってくる映像と少ない音数のアレンジが胸に迫ってきました。ちょっとだけ惜しいのが、ライブハウス並みの音圧があったらもっとおおーっときたかなーと。自分の耳がダメになってきちゃっているのもあるのかもしれないですが、もう一歩踏み込んだ音圧だったらさらにうれしかったですね。
 
 「ribbon」もミュージックビデオの映像をバックにしていて感動。うさぎとかめの絵が宇宙に羽ばたいていくような映像をバックに、情緒たっぷり突き抜けていくようにサビで高揚していく4人の声はたまらないものがありました。次の「夏の扉」はMVの映像を切り取ったような静止画で展開していたのも良かったです。
 
 一番前で座って見たので映像のみならず、全身がきちんと見える4人のダンスも堪能。個人的お気に入りシーンは、「タイムマシンにさよなら」のサビで片足交互に上げつつ人差し指と親指を上げた右手を顔の横に持ってきて踊る山崎愛、「夜空を全部」のサビで跳ねるように踊る寺口夏花、「夜間飛行」での間奏でソロダンス踊った後に腰を90度に曲げて机に頬ついているような姿勢を見せる風間玲マライカ、何の曲か忘れちゃいましたが、右足を何回もキビキビと後ろに上げつつ移動する神風花などなど。
 
 時間もたっぷりということでMCもたっぷりと、、とはならず「次の曲行こっか。」となってしまうのがおもしろい。キャリアを経るとイヤでもどんどん話が長くなっていくので、若い内は変にしゃべること考えずにパフォーマンスに突き進む方が良いかもしれませんね。事前に予告されていたのは1時間半だったのに1時間15分で終わったのもMC時間が巻いたからだと思われます。それでもあれこれとおもしろいことをしゃべっていて、覚えているのは、、
 
風間が「みんな今日何食べた?」と一人ずつ聞いていったら山崎は、
 「うーんと、、なんでもいいよー。」と全く成立しない回答を。。
 
通路側に座っているお客さんが多いのを見て、
 「みんな、もしかして私たちが降りて通路とか歩くと思った?」
 「いつかそうゆうのやってみたいよねー。」
 「私、トロッコとか乗りたいー。」
 「いいねー、横浜アリーナとかでね。」
 「ワイヤーとかで釣られたり。」
 「あ、私、花道で4人パーって散らばって走りながら集まるとかやりたいー。」
 「こういった映像付きでね。いつか横浜アリーナとかでもできるように。うちら技術待ちのとこあるから。」
などなど、夢を語ります。本当に大箱でいつか彼女達のライブ見てみたいですね。
 
 この話を聞いて、思い出したのが随分昔に人に誘われていった、タッキー&翼の横浜アリーナでのライブ。バンド付き、ワイヤーアクションあり、トコッコで客席に突中、クレーンで2階席を一回りしてお客とハイタッチなど盛りだくさんのライブで、曲1個も知らなかったのですが派手な演出を楽しんだ記憶があります。

 

author:de nudge, category:live(DMM VR THEATER YOKOHAMA), 22:47
comments(0), -