RSS | ATOM | SEARCH
2019/08/18 sora tob sakana at TOKYO FM HALL

 翌日に19歳の誕生日を迎える寺口夏花の生誕祭イベント。寺口生誕祭は2年ぶり3回目の参加。誕生日迎えるメンバーのやりたい企画で通すのですが、今回は去年と同じくすごろくゲームにしたそうです。1時間ほどのイベント。有志のファンの方が寺口夏花お祝いのリストバンドを配っていて、それみんなで付けてお祝いの場に望みます。毎度豆な方がいらっしゃるなーと。
 
 去年参加してないので初めてすごろくゲーム見たのですが、これは相当おもしろかったです。概要を書くと、 
  ・ステージ後方とステージ下に椅子がずらーっと並べられていて、それがマス目。
  ・メンバーはサイコロ振ってマスを回っていく。2周したらゴール。でも時間制限あり。去年は誰もゴールできなかった。
  ・椅子の上と下に1枚ずつ紙が置いてあり、1周目は上の紙を、2周目は下の紙を見てそこに書いてあることをやる。

 

 紙に書いてある内容は覚えているものを列挙すると、
  ・曲名。その曲を歌う。
  ・2回休み
  ・何マス戻る
  ・2回しゃべっちゃだめ
  ・Twitterで寺口の誕生日お祝いコメントを書く
  ・Instagramのネット生中継インスタライブを10分間やる
  ・楽屋とステージを3往復する。楽屋までは階段あって結構遠い。
  ・ハーゲンダッツのアイスクリームをプレゼント
  ・鼻歌歌いながら1回休み
  ・1回日本語しゃべるの禁止
  ・スキップでステージ一周
  ・抽選で選ばれたグッズ買ったお客さんに、グッズにサインしてあげる
  ・Snowという写真加工アプリ使って自撮り限定でメンバー撮影タイム
でした。

 

 テレビのお笑い番組「内村さまぁ〜ず」見ているかのような、ゆるゆるなルール適用、グダグダ感あるノリで進められていくのですが、カオス、奇跡的な展開がところどころで発生し、声上げて笑っちゃう時もありました。結局今回も誰もゴールできなかったのですが、天真爛漫に楽しんでいるメンバーを見れて良かったなと。
 
 いろいろ起こった内容で覚えていることを順不同で列挙すると、
  ・寺口がしゃべっちゃだめになってマスクを付ける。神風花はTwitterでお祝いコメントを書く。その中で(誰かは失念)「タイムトラベルして」を当てて、寺口歌えず踊りのみ(寺口ソロパートは誰も歌わず)、神はスマートフォンで書き込みしながら歌い踊る。

 
  ・神がしゃべっちゃだめになってマスクを付ける。その中でまた誰かが「タイムトラベルして」を当てて、神歌えず踊りのみ(神ソロパートは誰も歌わず)。

 
  ・山崎と神がインスタライブ行う。その中で「嘘つき達に暇はない」を歌う。

 
  ・山崎がしゃべっちゃだめになってマスクを付ける。神はまだインスタライブ継続中で「ささやかな祝祭」を歌う

 
  ・3人がほぼ連続して楽屋とステージを3往復するお題を当ててしまい、まさかのステージ誰もいない状態に。ステージに戻ってまた走っていくメンバーにお客さん達は拍手で応援。さながらマラソン大会を見ているよう。

 
  ・山崎は(誕生日なのでルール適用の審判権限持つ)寺口に甘えん坊モード連発。鼻歌歌いながら1回休みのお題では「鼻歌は嫌」「じゃあ休むだけでいいよー」、寺口、神がハーゲンダッツで当てた後、「次のマス目ここでいい?」とサイコロの数字の隣のマス目を指して「いいよー」とハーゲンダッツのマス目に移動してハーゲンダッツゲット、日本語禁止ではほぼ日本語しかしゃべらず、唯一しゃべったのが次のマス目に進むためにサイコロ振って「Two」、寺口さんからは「やっと英語しゃべった」とさすがにツッコミ入りました。

 
 などなどありました。イベント中、山崎がふと「あー楽しい」と小声で漏らしていたので、メンバーも相当楽しんでいたのではないでしょうか。
 
 最後の挨拶で19歳を迎える意気込みを寺口がコメント。19歳は中途半端、目標も特に無い、早く20歳になりたい、20歳になるまでこぼさないで食べるようになりたい、でした。。

 

author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 09:54
comments(0), -
2019/06/15 sora tob sakana at TOKYO FM HALL

 翌日16歳の誕生日を迎えるsora tob sakana山崎愛の生誕祭イベント。5月初めに風間玲マライカが卒業して3人組になって初めて見ることになります。3人になってライブどんな感じかな、と思ってはいたもののこの日は生誕祭。誕生日迎えるメンバーのやりたい企画で行うので、トークとかゲームなどがメインで歌うのは少なめなことが多いです。
 
 ましてや一番ノープランな企画をすることが多い山崎さんは、2017年はメンバーがお菓子食べながらだべるのをお客さんが見守るだけという企画(歌は3曲)。2018年はバドミントンなどのゲームコーナーをたくさんやって歌は1曲のみ、ってな感じでしたが、今回は事前に集めたお客さんからの質問に答えるというトークのみで曲ゼロという相当思い切った構成。質問の中に今日が初めてsora tob sakanaを見に来るってお客さんがいましたが「本当にごめんなさい。いつものライブは真面目にやっていますので。」と言ってました。自分も初めてsora tob sakanaの有料イベント見たのが生誕祭企画(2016年の寺口夏花生誕祭)で、あれライブ少なめなのね、と思わせられましたが、きちんと楽しめてその後もファンやっているんで、大丈夫じゃないですかね。
 
 1時間きっかり。質問に答えるといっても、いつものオサカナトークのまんま。質問にもっともらしく答えたり、話を膨らませたりするサービス精神はほとんどなく、ある意味まっとうに正直に答え続けます。まっとうに正直にというのは、「新幹線に移動する時に海が見える側がいい?山が見える側がいい?」という質問に対して、「新幹線に座ってる時ってどうせ寝てるかスマホ見てるかだから、どうでも良くない?(寺口)」「山も海もあんま好きじゃない。(山崎)」という。。この調子で終始進むのですが、これが妙におもしろいというかくせになりますね。彼女たちのトークがこれだけあっさりしているのにニコニコと聞いていられるのは、この調子でいてやる気だけはまんまんだということが感じられるからかなーと思ったりしました。
 
 なんやかんやしゃべっていたことで覚えていることを。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 06:20
comments(0), -
2018/09/30 sora tob sakana at TOKYO FM HALL

 この日の2日前に17歳の誕生日を迎えた、お馴染み4人組アイドルグループsora tob sakana神風花の生誕祭イベントに参加しました。お昼のイベント。この日巨大な台風がやってくると天気予報で出ていましたが、夜に直撃ということでこのイベントは無事開催。去年の神のバースデーイベントは歌(アニメのカバーソングとか)多めだったそうですが、今回は2曲のみ(「New Stranger」「魔法の言葉」)終盤で歌って、企画ものでほぼ押し通しました。その企画は運動会でした。1時間15分ほどのイベントは4人のはしゃぐ様と勝ち負けに喜怒哀楽を見せる姿が楽しかったです。感想を。
 
 それっぽい音楽が鳴る中、4人が行進でステージに登場。寺口夏花は行進が苦手のようで手と足が揃いがちでした。上下はグッズの七分袖丈Tシャツとハーフのジャージパンツを身にまとって、スポーツモード。選手宣誓を寺口がした後、各々対決に挑んでいる時にお客に応援して欲しいコールを練習させます。
 
 寺口夏花:「カニ」(寺口はカニ好き)
 風間玲マライカ:「レイ」
 神風花:ラップなどでやるコールアンドレスポンスの「ほー」「ほっほー」
 山崎愛:「いけー」

 

 他の3人はスポーツの応援でコールしやすそうな感じですが、神のは応援としてはふさわしくないような、、と思いつつ、時折コール飛んでいました。運動会前ということでラジオ体操します。風間、神はラジオ体操ちゃんと覚えてましたが、山崎は多少怪しい、寺口は思いっきり怪しくキョロキョロしながらやってました。ラジオ体操の間だけお客が写真撮影をしても良いとなり、みんな一斉に撮り出します。ただ、ジャンプするところだけは「ダメー、顔が崩れちゃうところ撮って欲しくないから。」と。ここでピターっとお客さんが止めるのも素晴らしい。
 
 スポーツは個人戦で5種目。それぞれまず2人ずつ対戦して、勝ち同士、負け同士が戦って1位から4位を決めるというもの。1位が4点で以降順位下がるごとに1点ずつ減っていって、累計で多く点を稼いだ人が優勝。種目はバドミントン、縄跳び、借り物競争、旗揚げ、腕相撲でした。最後の方カラーボールが運ばれていて、すぐに片付けられてましたが、玉入れやる予定が時間の都合でカットされちゃったんでしょうか。
 
 バドミントンは6月の山崎のバースデーイベントでもやっていましたが、その時からルールを改良していました。山崎の時はネット無しで普通のルールでやっていたので、手前にシャトルを叩き込んでしまえば点取れちゃってて長続きしなかったことを受けて、5メートルくらい間隔を空けて向かい合い、立っている線を超えたところまでシャトルが飛んで落ちたら打った方の点、手前に落ちてしまったら打っていない方が点をもらえるというルール。これならネット無しでもちゃんとシャトル飛ばして打ち合うようになりますね。
 
 先に最終順位を書いていくと(点数は若干うろ覚え)、、

  1位14点:寺口夏花
  2位13点:風間玲マライカ
  3位12点:神風花
  4位11点:山崎愛

 でした。接戦でした。寺口は体育苦手だそうで、「(体育の)先生から居残りで一対一で指導されることもある」と。それで1位になったことを喜んでいました。
 
 個々のメンバーで印象に残っているところを。
 

 
 1位の寺口は苦手なものと得意なものがはっきり分かれているようでした。バドミントンと縄跳びで1位。「1年だけだけどテニス部入ってた。」「なわとびは学校で1位になったことある。」ということで、この2つは確かに見ててうまいなーと思いました。特にバドミントンはミートがしっかりしてましたね。一方で全然駄目だったのが腕相撲で、圧倒的ビリ。最下位決定戦で対戦した山崎が「握手してるだけだった。」と余裕で倒していました。寺口は小動物的な動きがかわいらしく、特に腕相撲の1回戦で神と戦う前にちょこまかと動いていたのがおもしろかったです。
 
  
 2位の風間は全種目そつなくこなしていた印象、、なのですが、駄目っぽそうだったのが、旗揚げ。これまでもたまに見かけていますが、混乱するとフリーズ、マジ顔というパターンがここでも見られました。でも相手が先にミスするのが2試合連続で続き、ラッキーにも1位になっていました。「赤上げて、青上げて」と読み上げるネタは各メンバーあらかじめ考えてきたようで、試合しない残り2人で読み上げる人と審判を務めていました。
 
 ここである意味どしゃめしゃな展開になったのが、最下位決定戦の寺口対神の時。審判を山崎が、読み上げを風間が務めたのですが、視力弱いのか「よく見えない見えない」と山崎は判定に苦しんでいて(結構な至近距離だったような…)、風間は「私は読み上げるだけで精一杯だから。」とフォローするつもり一切無し。そして寺口と神は「赤上げて」「青下げない」などの読み上げに見事に反応、「くるっと回って」「後ろ向く」という変化球な指示にも対応。で、「書いてた指示全部終わっちゃった。」と。
 
 そこで山崎が書いてきたもの(学校の国語のノートに書いてきたというのがまた癒やされます)を風間が読み上げます。そして神が間違えたっぽい、、のですが、山崎は「え?どちらが間違えた?」と判定できず、風間にすがりますが「私もわかんない。」とやり直し。再び神が間違えたっぽいのですが、また同じやり取り。。でも2度目は話し合いの結果、寺口の勝利となりました。ここの神と寺口の反射神経すごいなーと思ったのですが、今にして思えばなんでこの2人が最下位決定戦だったんだろう(この2人に山崎と風間はそれぞれ勝っている)、記憶違いかもしれません。
 
 
 3位の神も割りと全種目そつなくこなしていて、総合的に見ると一番運動神経良さそうな印象もありましたが、運が無いのか勝負弱いのか、縄跳びや旗揚げで最下位、腕相撲は「自分でも意外」と言ってましたが、風間を下して1位になっていました。あと、借り物競走でも1位になっていましたかね。借り物競走はくじに書かれたものをお客さんから募るということで、完全運勝負。フリクションボールペン、未開封のsora tob sakanaのCD(持っている人がいなかったため他のアイドルグループのCDでも良いとなりました)、sora tob sakanaが主題歌を担当したアニメの原作本、グッズの缶バッチ、寺口のバースデーイベントの時のグッズなどなど。岡山出身の人、というものがあり、何人かいました。岡山出身の神が喜んでいました。
 
 
 4位の山崎は他の競技はメンバーといい勝負が多かったように思いましたが、バドミントンは、からっきし駄目っぽく最下位でした。シャトルに全然当てることができていなかった感が。縄跳びとかは結構すごいとか思ったり(寺口に負けて2位でしたが)。縄跳びはくじに引いたものをやるということで、後ろ飛び、自由、あやとび、走りながら飛ぶをやっていました。30秒間で多く回した方が勝ちで、4人ともびゅんびゅん回していました。現役学生さんなので、できて当然なのかもしれませんが、見ててすごいなーと。縄跳び長らくやってませんが、もうあんな速度で回せないだろうなーと見てて思いました。
 
 
 最後に前述した順位が神から読み上げられたのですが、その時神から「ドラムロールやって」とリクエスト入り、それ受けて寺口が口でドラムロールやっていたのですが、巻き舌が苦手なのか「ドゥルルルルー」とならずに「ドゥドゥドゥドゥドゥー」と言っていたのがめちゃかわいかったです。

 

author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 22:19
comments(0), -
2018/06/17 sora tob sakana at TOKYO FM HALL

 前日15歳の誕生日を迎えたお馴染み4人組アイドルグループsora tob sakana山崎愛の生誕祭イベントに参加しました。お昼のイベント。去年はお客さんが1人300円までのお菓子をそれぞれ買ってきて、食べながら4人のほのぼのトークを見守るというなかなかの衝撃イベントでしたが、今回は広くなり、また飲食禁止っぽい会場ということもあってそれは無し。さらに「すみません、去年のイベントで話ししていた来年これやろう、と言っていた企画は全て無しになっちゃいました。」とのこと。今回考えられた企画はゲームコーナーてんこ盛りで、ライブが1曲のみというさらに思い切った内容(去年はトークの後に3曲歌っていた)でした。1時間20分近く4人が楽しそうにしているのを見て癒やされましたね。
 
 グッズのTシャツを着て、下はジャージ(山崎のみジーンズ)と動きやすい格好でメンバー登場。まずはバドミントンをすることに。3点先取で勝ちのトーナメント。くじでグループ分けがされ、寺口夏花vs風間玲マライカ、山崎愛vs神風花で対戦。ネット無い状態ですがキャッキャとうれしそうにバドミントンしていました。時々ラリー続いたりしますが、ほとんど2,3回くらいで終わる展開でさくさくと進みます。決勝は風間vs山崎となり、風間が勝って優勝。風間の優勝コメントはコント地味たセリフで、嘘泣きしながら話して笑いとってました。
 
 続いてはビンゴ大会。事前にお客にはビンゴカードが配られ、メンバーが数字の玉が入っているカゴから玉を取り上げて読み上げて進めていきます。メンバーもそれぞれカード持って参加。ビンゴした人への景品がすごくて、「乾パン2つと…パン(名前失念。袋に入っている菓子パンっぽいもの)2つ。あと、余ったビンコカード4枚です。」と。。数字読み上げる途中で、引いた玉が入っている袋が倒れてステージ上に玉がこぼれていくのをメンバーあわてて拾う姿に大笑いさせてもらいました。ビンゴ始める前にサプライズで神がケーキを持ってきます。山崎にっこりと受け取ります。このイベントは大半の時間(メンバーが良いといった時間)お客のカメラ撮影OKになっていたのですが、ここでケーキ持った山崎のソロ、それ取り囲んで記者会見風な4人並んでと、撮影タイムになっていました。
 
 ラストは去年寺口の生誕祭イベントでもやっていた人狼ゲームを3回。まずはメンバー4人のみ、続いてはファン2人とメンバー2人、ラストはファン3人とメンバー3人でやっていました。最初2回は人数少ないので人狼1人、市民3人でやっていましたが、ラストは人狼2人、予言者(合間に自分だけが指名した人の正体を知ることができる)1人、市民3人でやっていました。
 
 最初のメンバーのみは怪しまれた風間が責め立てられ他メンバーに人狼扱いされて外されます。その過程で風間はマジ泣きしていました(本当の人狼は山崎)。2回目はその風間が人狼でバレずに風間してやったり。ラストはファン2人が人狼、予言者もファンと偏りがあったためか、メンバー全然当てられず人狼の勝ちでした。勝負に真剣に挑む様がおもしろくて、結構のめり込んで見ちゃいました。「誰なの?」といろいろ怪しんで客席の視線で誰かを探ろうとする寺口がかわいらしい。
 
 ラスト1曲だけライブしますということで「Brand New Blue」を歌います。座ったまま見るスタイルだったので、メンバーの足元まで見れました。寺口は他メンバーよりもかかとを地面につけないで踊ることが多いなーという印象。リズム感良さげに見える跳ねるような動きはこの辺から来ているのかな、と思ったり。好みなダンスです。
 
 最後に抱負を聞かれた山崎は「毎年同じこと言っているかもしれないけど、ゆるくたのしく上を目指していきたい。」と。内に秘めた上昇志向を時折見せるのが良いですね。普段のライブでは冷静な立場を取ることが多い山崎が、この日はやんやと騒いで楽しんでいる様を見れて良かったです。

 

 

author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 08:13
comments(0), -
2016/09/19 IDOL Pop'n Party Vol.13 at TOKYO FM HALL

 女性アイドル5組が出演するイベント。お目当てのsora tob sanaka以外は初めて見るグループでした。この日Tokyo Callingという渋谷のライブハウスで同時並行に進められるライブイベント(sora tob sanakaはこちらにも出演していた)を見ようと思っていたのですが、チケット売り切れていたため、こちらに回りました。ただ、前日一日中雨に打たれっぱなしで、この日も丸一日ライブイベントは体力的にも厳しかったかもしれず、また昼間他の用事もこなせたので、結果夕方からのこちらのライブに行けたのは良かったです。椅子席が多く置かれていて、後方にちょっとだけスタンディングエリアがあるような客席となっており、自分はまったり座って見ました。
 
 見たのは順に、
  パンダみっく→sora tob sakana→amiinA→あヴぁんだんど→フィロソフィーのダンス
 オープニングアクトのパンダみっくのみ15分で、後の組は30分ずつのライブでした。しかしアイドルのグループ名って表記が難しいものが多いですね。。5組中3組はひらがなとカタカナが混じったグループ名。他2組はアルファベットのみですが、sora tob sakanaの「tob」が「tobu」じゃなかったり、amiinAは最後の文字だけ大文字だったりと。順に感想を。

 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 00:12
comments(0), -
2015/10/20 新垣里沙 at TOKYO FM HALL
 この日誕生日を迎えた新垣里沙の誕生日イベント。モーニング娘。'15の生田衣梨奈も参加ということで、この二人のやり取りが見たくて行って来ました。1日2回公演の2回目。

 生田司会で、お客からのアンケート読み上げコーナー、お客から3人ステージに上げて生田とのクイズ対決コーナー、歌が2曲という構成でした。2曲と少な目だったのがやや残念ですが、この2人の師弟関係とも言えるやり取りが生で見れて癒されました。新垣は胸から上が白、下がカーキのドレス基調のワンピース、生田はこの日出ていたというグッズのトレーナーにデニムのミニスカートという格好。新垣は生田を基本ぞんざいに、たまにほめつつ笑い起こしつつほんわかとした会話をしていきます。生田は何を話されていてもうれしそうで、細目でコロコロと笑う表情が良いですね。

 2年前にモーニング娘。に再度はまった時にネットでいろいろ見ている中で、新垣里沙のファンクラブツアーに現役メンバーがファンの一人で参加するという企画の映像を見て、その子のわけがわからない情熱というか猪突猛進っぷりというか、未知なパワーを感じてから常に気になる存在になったのが生田で、それをいい感じに適当にいい感じにやさしい目で見守る新垣との関係性が微笑ましいな、と。なんか生で見ていて、ウッチャンとウド鈴木の関係に似てるかもとか思っちゃいました。

 生田は新垣のことならなんでも知ってる、とあらゆる場面で張り切ってました。「ピンチャポー」ってテレビ番組での新垣里沙伝説のおもしろ回答(黒船来航のペリーの名前をこのように回答した)を知ってたり。もうあれって12年くらい前なんで生田は当時6歳くらいになので、生では見てないですよね。新垣理沙にまつわるクイズで、ビールとディズニーどっちかしか取れないならという選択問題で、新垣はディズニーを選んでいましたがビールもかなり好きだそう。「でも、1日1本くらい。吉澤(ひとみ)さんほど酒豪ではない。」とのこと。生田があと2年でお酒飲めるようになるんで、吉澤-新垣-生田ラインで良い飲み仲間になりそう、と思ったり。

 歌は後藤真希の「ガラスのパンプス」とモーニング娘。の「やめてよ!シンドバッド」。「やめてよ!シンドバッド」は生田と2人で。途中ケーキとともに生田がバースデーソング歌いながら登場した場面で「生田、歌うまくなったねー」とほめてましたが、この曲も良い感じで歌のうまい新垣とデュエットしてました。高音パートが無いこういった曲ははまりますね。
 
author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 10:37
comments(0), -
2015/06/01 佐々木莉佳子 at TOKYO FM HALL
 アンジュルムの佐々木莉佳子のソロイベント。モーニング娘。'15の鞘師里保と同じ誕生日で、佐々木はこの日のイベントとなりました。佐々木は14歳を迎えたそうです(若い…)。半蔵門にあるTOKYO FMのビルにある300人入るホール。地下にあるランニングステーションは何回か行ったことありますが、こちらのホールは初めて来ます。1日2回ある公演の2回目、20時スタート。真ん中より少し後ろ目の席。

 50分ほどのイベント。佐々木一人で進行してのゲームやトーク、歌を5曲歌う構成。目鼻立ちくっきりな顔の佐々木は雑誌モデルもしているそうで、この日の衣装である薄いピンクのシャツ、濃いピンクのスカート、ラメがありヒールの高いスニーカー、(メンバーカラーである)黄色のリボンの髪飾りが似合っていて、ものっすごい美人。ただしゃべりっぷりはまるで子供で、無邪気さ満面でした。

 最初のコーナーは佐々木がとにかく好きでよく使っていると言う固形石鹸を匂いだけで当てるゲームコーナーで、10個それぞれの固形石鹸の匂いを嗅いで14個ある固形石鹸の箱を当てはめていくというもの。最初の3個くらいは順調に当てていきますが(結構すごいと思われ)、そこから悩みに悩みます。うーんと、これ?違う、これ?みたいにひたすら悩んでいる姿を見ながら、まるで親戚の子供が無邪気に一人で遊んでいるのを大勢の親戚のおじさん、おばさん達で見守っている感が。。これは生半可な気持ちで参加している自分にはハードルが高いディープなイベントだったかもなーと思ってしまったりしたのですが、真剣にゲームに打ち込む姿を見てほんわかしてしまいました。何回か外れたりしましたが、無事10個当て切りました。

 次のコーナーはアンジュルムのメンバーのなんでもベスト3ということで与えられたテーマに沿ってベスト3を選ぶというもの。部屋がきれいそうな人が(3位から順に)和田彩花、相川茉穂、中西香菜、メイクがうまい人が勝田里奈、福田花音、室田瑞希、自分が男性だったら彼女にしたい人が相川、室田、中西という順。さらにランキング続きますが長々と話しているのに業を煮やしたのか、ここでゲスト2人が乱入します。

 アンジュルムの竹内朱莉と室田。ともに佐々木のメンバーカラーの黄色基調の服を着ての登場。この2人の登場にびっくり(佐々木は知らされてなかったよう)した佐々木はメンバー登場した安心感からか「エービックリキイテナカッタデモホカノメンバーノバースデーイベントデゲストデルノディーブイディーデミテタカラワタシノバースデーイベントデモダレカクルトハオモッテタケド」とかなんとか異様な早口でまくし立てます。それに「意味不明。ちゃんと日本語しゃべって。」と竹内からツッコミが。かなり時間押していたようで少しトークしただけではけてました(佐々木は年齢の関係から21時までしか働けない)。以降2人は客席後ろで見守ってました。

 ライブはコーナー合間に2曲、ラストに3曲歌います。やっぱりライブは楽しい。アンジュルムではそれほどソロボーカルを聞いたことないので、ここまでたくさん歌声を聞くのは初めてですね。声量それほどあるわけではないですが、音程は外さずしっかりと歌うタイプ、結構いい感じと思いました。アンジュルムで見せる豪快な踊りは無いのですが、天真爛漫に歌う姿は見ていてウキウキなれます。モーニング娘。の「好きな先輩」「涙が止まらない放課後」、鈴木愛理(℃-ute)の「通学ベクトル」、アンジュルム「ちょいとカワイイ裏番長」など。唯一知らない曲だった「絶対解ける問題X=♡」という曲は松浦亜弥のものだそう。ほとんどのお客さんは全部知っているようで振りとかコールなど熱くやってました。
 
author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 06:55
comments(0), -