RSS | ATOM | SEARCH
2017/05/07 アンジュルム at 中野サンプラザ

 ハロープロジェクト所属9人組グループのアンジュルム。ハロコンなどでは何回も見ているグループですが、単独ライブは1年ぶり3回目。1日2回公演の2回目に行きました。2階席後方。メンバーの相川茉穂は今年初めに発覚したパニック障害により1月から療養中。8人でのライブとなりました。アンコール含め1時間50分ほどのライブは、スマイレージ時代のかわいらしい曲も織り込みながらパワフルさ溢れるものとなりました。感想を。
 
 ステージ前方に薄いスクリーンが張ってある状態でメンバー登場して1曲歌います。新曲のよう。シングル曲の「愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間」の次にやった「涙は蝶に変わる」が虚を突かれました。アンジュルムになってから出した初めてのアルバム「大器晩成(初回盤A)」に収録されている曲で、フラメンコ調な曲がおもしろい。
 
 そしてスクリーンに学校の絵が映し出されている中、スマイレージ時代の「ぁまのじゃく」を歌います。甘酸っぱい青春味あふれるポップスで、かわいらしい声が良く似合っていて聞けてうれしかったです。その後も立て続けにスマイレージ曲をやっていたようですが、自分は半分くらいしかわからず。「ショートカット」は80年代な節回しの夏っぽいメロディの曲でこちらもかわいらしさ満点。
 
 中盤ではアンジュルムのシングル曲の中でも比較的歌う機会が少ない曲を連発。哀愁味あるミドルテンポな曲の「忘れてあげる」は4月にJuice=Juiceの宮崎由加がバースデーイベントで歌っていて曲の良さを認識したのですが、オリジナルのアンジュルムバージョンも良い感じに聞けました。また、この曲含めこの中盤辺りから竹内朱莉の声の良さに惹かれました。正直なところこれまでアンジュルムに関してはダイナミックなダンスは見てて楽しいものの、歌声そのものについては時折聞かせる中西香菜の低音ボーカルが好きなくらいで、それ以外には惹かれる要素がそれほど無かったのですが、このコンサートの中盤から竹内のソロボーカルがすごく魅力的に聞こえるようになりました。力強く、通りも良く、かわいらしさとかっこ良さを併せ持った声を堪能。もし何の知識もなくこのコンサートを観ていたら、アンジュルムのセンターは竹内っていう顔が真ん丸な子なんだろうなーと思ったんじゃないかと。「乙女の逆襲」は中盤のワルツなインストで相川がソロダンスを踊るのがお馴染みですが、相川が欠席ということで全員でワルツを踊っていました。
 
 終盤は鉄板の盛り上げ曲を連発。自分もかなり浮かれて聞いて汗びっしょりになりました。「大器晩成」「次々続々」「ドンデンガエシ」の3連続はガンガンに縦ノリできます。そしてこういったアッパーな曲になると佐々木莉佳子のダンスがめちゃかっこよくて、はまります。「次々続々」でのキレある左足上げるキックをしてマイクを横に上下に振る展開のダンスとかはもう本当すごいなと。本編はほとんどMC無しでしたが、アンコールは一人一人長めのコメントを。アンジュルムが中野サンプラザで単独でのコンサートを行うのはこの日が初めてだそうで、みなさん感慨深そうでした。竹内は満杯の客席を見て涙ぐんでいました。
 
 モーニング娘。'17と同じ感想になっちゃうのですが、今のメンバーでオリジナルアルバム作って、それを中心としたツアーも見てみたいなーと思いました。しかも全曲フルコーラスで。歴史が長いからどうしてもたくさん曲をやりたいっていうのがあるのでしょうけど、単独コンサートなら曲数少なくなっても全曲フルコーラスやってくれるコンサートの方が好みですね。メドレーコーナーとかは良いのですが、ワンハーフとかはテレビ番組とかハロコンとかの持ち時間が少ない場合だけにして欲しいかなーと。
 
 ゴールデンウイークの締めにふさわしい楽しいコンサートとなりました。立て続けに行ってふと思ったのですが、結構多くのいろんなタイプのアーチストさん(アイドルに限らず)がステージから客席を見て「景色」と表現することが印象に残るのですが、これって昔からよく言ってるんですかね。
 

author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 21:42
comments(0), -
2017/01/08 Hello! Project 2017 WINTER at 中野サンプラザ

 毎年恒例ハロープロジェクトに所属するアーチストが揃うコンサート。2種類あるパターンの内、4日前に行った時と違うパターンの「Crystal Clear」という各グループの最新曲メインの回の方に参加しました。この日は1日3回あり、その1回目の参加、朝11時からのスタートとなります。2月末までハロコンツアーが続きますが、個人的にラストの参加。1階席後ろの席。佐藤優樹(モーニング娘。'17)は腰椎椎間板ヘルニアのため2月末まで療養。相川茉穂(アンジュルム)と新沼希空(つばきファクトリー)は体調不良で欠席。
 
 「Kaleidoscope」のパターンはシャッフルユニットや昔の曲、トークコーナー、メドレーコーナーが主軸でしたが、こちらの回はほとんど最近の曲で全曲フルコーラス。またトークコーナーはほとんど無しとはっきり色分けしてきました。普段からハロプロ関連のライブたくさん行っているお客さんは、恐らく「Kaleidoscope」の方が好みな人多いかなと。「Crystal Clear」の方は普段行くライブでも見ている曲多いのでしょうし。
 
 自分は全グループ追っているわけでは無く、各組の最近の曲をガッツリとフルコーラスでライブを見れる機会がある方がうれしいので、どちらかしか行けないのであれば「Crystal Clear」の方を取るかなと思いました。「Kaleidoscope」の方ももちろんおもしろかったですけどファンクラブイベントの拡大版といった感があって、ライブががっつり味わえる「Crystal Clear」の方が好みでした。ライブの感想を。

 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 20:47
comments(0), -
2017/01/04 Hello! Project 2017 WINTER at 中野サンプラザ

 毎年恒例ハロープロジェクトに所属するアーチストが揃うコンサート。2種類あるパターンの内「Kaleidoscope」というシャッフルユニットメインの回の方に参加しました。1階席真ん中あたりの席。カウントダウンコンサートでは体調不良で欠席していた相川茉穂(アンジュルム)は復活。腰椎椎間板ヘルニアの佐藤優樹(モーニング娘。'17)は引き続き欠席。症状の重さは分かりませんが、2015年から痛みを抱えていたようなので、じっくり治して頂いて春ツアーで復活でも良いのかな、と思っています。感想をつらつらと。

 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 23:30
comments(0), -
2016/12/31 Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2016 at 中野サンプラザ

 ハロープロジェクトが年末に行っているカウントダウンイベント。15時45分から20時半近くまでの1部、22時45分から26時近くまでの2部と2部構成になっていて、去年は1部のみ参加でしたが、今年は通し券のチケット申し込んでみて当たったので両方行ってきました。ともに2階席の後方。
 
 合計8時間近い長丁場ですが、楽しみました。特に1部は後方ながら見やすくたまたまスペースもある場所だったので弾けて聞きました。2部は1部で燃焼した感あり、また周りに大きな人に囲まれてスペース無かったこともあり比較的まったりと見ました。
 
 感想の前に気が早いですが来年の話を。2017年のハロプロカウントダウンイベントは今年とはかなり変わりそうな気がします。1部についていうと、モーニング娘。の出場があるかどうか、2部は℃-uteの解散と嗣永桃子の卒業に伴って18歳以上メンバーが少なくなることによって、大幅にゲストを入れて来るのではないかと。
 
 モーニング娘。については1部と同じ時間にやっているテレビ番組の紅白歌合戦出場を狙って、出ることになったらそちらを優先させるんじゃないかな、と。2016年の紅白歌合戦に活動20周年迎えたKinki KidsとPuffyが出たそうなので、2017年に20周年迎えるモーニング娘。も声かかるんじゃないかなということもありますし、新しい13期メンバーが高校生のみ選ばれた、また最年少メンバー羽賀朱音が2017年に高校生になって、中学生メンバーがいなくなることも紅白出場を意図しているからではないかな、と。中学生メンバーいても早い時間に出れるとは思いますが、高校生以上の方がリハーサルなどの時間含めて制約少なくなるので出やすくなるのではないかと。
 
 と、妄想気味な予想はここまでにして感想を続きで。

 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 08:55
comments(0), -
2016/08/20 Hello! Project 2016 SUMMER at 中野サンプラザ

 前述の昼ライブ見終わった後、夕方に中野へ移動してハロープロジェクト所属のアイドルが揃うコンサート。この日1日2回公演ある2回目に行きました。2週間前とはパターンが異なり「Rainbow Carnival」という今回のハロコン独自に組んだユニットの曲が多いパターンでした。席は前回と同じく前の位置で端っこ。ながら、前回と違いスクリーンはちゃんと見える位置で、ステージがめちゃ近い。今年はハロコンのみチケット運が良いです。 
 
 ここまで近いと現実感がなくなって、テレビで見てる感覚もあります。みなさんかわいらしいことはもちろん、足が長くスタイルの良いメンバー、矢島舞美(℃-ute)、牧野真莉愛(モーニング娘。'16)、和田彩花(アンジュルム)、小関舞(カントリー・ガールズ)、浜浦彩乃(こぶしファクトリー)、岸本ゆめの(つばきファクトリー)などを間近に見てると、同じ人間と名乗ってしまって申し訳ありません、、てなことを思ったり。生田衣梨奈(モーニング娘。'16)と相川茉穂(アンジュルム)は前髪パッツンヘアーになってました。特に相川が印象変わった感じで、モデルさんってな印象が増してました。
 
 この日朝からメディアを通じて℃-uteが来年解散することが発表されました。昼公演では直接報告もあったようですが、この回は司会のまこと(シャ乱Q)が少し触れたのみ。朝ニュース見てびっくりするともにショックもありましたが、コンサート自体は普通に楽しむことができました。感想を。

 

 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 23:37
comments(0), -
2016/08/07 Hello! Project 2016 SUMMER at 中野サンプラザ

 ハロープロジェクト所属のアイドルが揃うコンサート。この日1日3回公演ある3回目に行きました。冬は1種類のみでしたが、今回は2種類のセットパターンが復活、参加したのはSunshine Paradeという名前が付いたパターンでした。座席の料金も冬は席の場所により値段の差をつけていましたが、それも戻って単一の料金となっていました。冬は集客を落としたようで、それが元に戻した要因でしょうか。


 席は前の方ですが端っこでステージ全体や後方のスクリーンがあまり見えない位置。それでも人数多いお祭り感と迫力あるパフォーマンスを楽しみました。ステージ脇から見てる感覚もあり、嗣永桃子(カントリー・ガールズ)のきれいな横顔も堪能。この日和田桜子(こぶしファクトリー)と船木結(カントリー・ガールズ)が病気のため欠席。岡井千聖(℃-ute)は声帯結節の手術明けということで制限した参加となりました。印象に残ってるものを続きで。

 

 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 06:34
comments(0), -
2016/05/21 安藤裕子 at 中野サンプラザ
 アルバム「頂き物」リリースに伴うツアー。このアルバムはいろんなアーチストから楽曲提供をしてもらって歌うという企画盤となっており、コンサートも特別版。楽曲提供したアーチストが何組かゲストで参加してました。アンコール含め3時間近い盛りだくさんなライブとなりました。感想を。

 よくアイドル関連のコンサートで来ている会場ですが、普通の格好で大人しく座っているお客さんという絵を見ると改めて大きな会場で大人な雰囲気が漂うスペースだなーと。アイドル関連はカラフルな格好をしたお客さんが盛り上がってステージも人数多かったり派手なセット組んでいたりするのでつい忘れがちですが。薄いスクリーンがステージ前に降りた中でメンバー登場して演奏始まります。つまびやらかなキーボード音からフリー気味に歌う安藤裕子の声がシンクロして徐々に他の楽器音が加わっていきます。この展開だけでうわーっとなれますね。

 そしてアルバム一曲目で小谷美紗子が提供した「Silk Road」を。今回のバンドメンバーはバンマスで固定メンバーのキーボード山本隆二に、ギター設楽博臣、ベース沖山優司の2人はツアーごとに入替あるもののお馴染みで、コーラス/キーボードの酒井由里絵とドラムあらきゆうこは初参加とのこと。いろんなバンドで見ているあらきゆうこのドラムですが、安藤裕子の音楽にもマッチしますね。この曲で端正さを残しつつロック的な力強さを響かせるドラムにぐっと来ます。

 酒井由里絵は初めて拝見する方でコーラスはもちろんキーボードでかなり加わっていました。曲によってはメインとなるフレーズを酒井が弾きつつ、山本が膨らませるような音を加えていくようなものもありました。2曲終わったところで最初のゲスト登場。DJみそしるとMCごはんです。客席脇から登場して通路を練り歩きお客さんに立つよう促していきます。この名前から2人組と思っていたのですが、お1人なんですね。そして彼女がステージに上がってラップをするのですが、そのラップどこかで聞いたことが、、と思ったらなんとC-C-Bの「ないものねだりのI Want You」。びっくりなカバーです。安藤裕子がカバーする曲は、世代が一緒の自分にはつぼに入る懐かしいものが多かったりするのですが、この曲もそうですね。掛け合いで楽しくラップする安藤も良い感じ。

 DJみそしるとMCごはんがアルバムに提供した「霜降り紅白歌合戦」を2人で歌った後に、続けざまのゲストが。客席前方両脇にあるカメラで撮影しているスタッフを見て下さいとの安藤のMCがあります。そこにスポットライトが当たるとなんとスキマスイッチの2人がスタッフの服を来てました。コンサート開始前からカメラマンやってたんですかね。安藤とデビュー日が全く一緒というスキマスイッチが提供した「360°サラウンド」を歌います。この曲はあくまでもスキマスイッチらしい曲を作ってというオーダーをしたそうですが、大橋卓弥の声で聞くと改めてそうだよなーと。安藤は仮歌を入れてきた大橋のメロディや歌い方に忠実に沿ったそうで、そこまでやっても独自の色を出せるのが良いなと。

 そして「世界をかえるつもりはない」を2組で歌った後にまたまたゲスト。銀杏BOYZというバンドのボーカル峯田和伸です。ガラッぱちな印象がある峯田のボーカルと安藤の端正さがあるボーカルとのミスマッチ感が良いです。峯田が提供した「骨」という曲と峯田がCMで見てから安藤裕子にはまったということで、そのCM曲の「のうぜんかつら」を。峯田と安藤は同い年だそうでリラックスしたやり取りを見せます。ともに歌うことをメインとしながらも役者稼業をやったりするのも共通点ですね。峯田は中野サンプラザの近所に住んでいるそうですが、中野サンプラザがあるビルの上にあるホテルに泊まったことがあるそう。「なんで?」「いや、家にいるとセリフが覚えられないから」というやり取りがありました。

 ここから数曲は安藤のみで。ひさびさに聞く「海原の月」に感動。暗い空間の中に使われるほのかなライトの演出が効果的。音が止まらないまま次の曲の演奏に入り、そこに最後のゲストが。Charaです。Charaが提供した「やさしいだけじゃ聴こえない」を歌います。Charaの声はか細くもどこか別の時空から出ているみたいと今回ホールで(今まで野外でしか彼女の声を聞いたことがなかった)聞いて感じ入りましたね。安藤が歌を歌うきっかけとなったのがCharaだそうで、そのエピソードを語ります。当時役者をやっていてオーディションを受けた時に歌う演目があって、何か歌わなきゃいけないとなった時に友達に借りていたCharaのCDから選んで歌ったら、歌手になることを進められてデビューにつながったそう。

 その時のオーディションで歌ったというCharaの「Break These Chain」を歌います。これ聞いたらそりゃ歌手を薦めたくなるよなーという歌いっぷりでした。ここから4曲は安藤のみで。大塚愛が提供した「Touch me when the world ends」のメロディと安藤の声の相性の良さを感じたり、堀込泰行が提供した「夢告げで人」のムーディーなシティポップス曲も堪能しましたが、なんといってもアルバムのハイライト曲といって良いであろうTK(凛として時雨)が提供した「Last Eye」が感動しまくりでした。この曲は2014年にTKと安藤裕子との対バンがあって、その時に共作(安藤が作詞、TKが作曲)して歌っていたのですが、その時以来に聞きます。2人でしっとりと歌った時も感動しましたが、安藤のみのボーカルで、ラストに向かって静かながらも怒涛の盛り上がり感があるアレンジの今回も感動しまくりでした。そして矢継ぎ早にフロアタムが力強く叩かれて「聖者の行進」につながるのですが、圧倒されます。この2曲は泣けましたねー。ここで本編終了です。

 アンコール最初はアルバム唯一の安藤作曲の「アメリカンリバー」を歌います。そしてここまで参加したゲストを全員招き入れて「問うてる」を。各ゲストがちょっとずつ歌っていくのですが、スキマスイッチのキーボードを務める常田真太郎がソロボーカルを取ったというのが珍しいのではないでしょうか。曲途中で大塚愛が花持ってステージに現れて安藤裕子がびっくりしてました。各ゲストの多彩な音楽を自分の世界に飲み込んでいく安藤裕子の世界を存分に堪能したコンサートといった感がありました。

 おまけ的な話です。このアンコール時のトークでDJみそしるとMCごはんが言ってた話で「アンコール求めるお客さんの拍手のリズムが一定なのに感動した。普通だんだんと早くなっちゃったりするのに。」というのがあったのですが、これ前々から自分も思っていました。通常のコンサートだとだんだん拍手のリズムが早くなっていって、ある時点でまたリズムが元に戻る、、みたいなのを繰り返すのですが、安藤裕子のコンサートは常に一定のリズムで長い間拍手しているんですよね。リズム感が良いから、という理由もちょい違う気がしますし、なんでなんでしょう。拍手が早くなったりするのって揃えようと同調する意向からだと思うので、周りを気にせずマイペースで拍手するお客さんが多いからかなーというのが思い当たる理由です。
 
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 12:39
comments(0), -
2016/05/04 Juice=Juice at 中野サンプラザ
 ハロープロジェクト所属の5人組アイドルグループJuice=Juice。武道館公演目指して2年弱の期間で単独ライブを220公演行うという過酷なツアー真っ只中、CODE3というフェーズの特別版としてのホールコンサート。CODE3としては2回目の参加になります。1日2回公演の1回目に参加。

 セットは前回と全く同じですが、感激するところ多々ある素晴らしいライブ。前回も書きましたが今一番お気に入りといいたくなるライブをするグループです。ポツポツと感想を。

 ステージ前に薄いスクリーン張られてメンバーソロダンスからスタートするオープニングですが、前回と同様に宮崎由加のダンスが良い感じ。立ち振る舞いも素晴らしく、ソロダンス終わって5人がステージ上方中央に固まった時にセンター位置にいるのですが、その表情含めた佇まいもおーかっこ良いとうなりたくなります。その他「インスピレーション!」の左右にステップ踏むところのダンスもかわいらしく、目を惹きました。

 「愛のダイビング」はトラックがかっこ良く、イントロのシンセ音だけで持ってかれますが、その後も細かいシンセ音と作り込んだリズム、効果的にブレイクも挟んだりしたアレンジの中でユニゾン中心に歌うボーカルとの組み合わせが絶品。終盤のフェイクの入れ方も良いです。「イジワルしないで 抱きしめてよ」はいまだにJuice=Juiceの中で一番好きな曲であるのですが、ステージ上方で真っ赤なライトをバックに距離感の短い5人が踊り始めるところでウルウル来てしまいましたね。見た目いろんな動きをするダンスがせつないメロディとがっつり組み合って良い曲だなーと。

 「GIRLS BE AMBITIOUS」のイントロ部分ではお客にコールをするように呼びかけるのですが、呼びかけるメンバーは回替わりのようで、この回は宮崎が担当。「30歳未満の人〜?」「30歳以上の人〜?」と分けてコールしていましたが、後者の方が圧倒的に声が大きく、後のMCで「これくらいで半分に分かれると思ったのに、年上の方がもっと多いんですね。」と。なんかすみません。。

 アンコールラストの「ロマンスの途中」まであっという間の2時間。5人の歌がうまいってのもありますが、それぞれ個性あって全体のバランスも良いですね。透き通るような声や80年代アイドル好きでその影響を受けた歌い方をする宮本佳林、ソウルフルでパワフルな歌い方(この回はやや余裕のある抑えた歌い方もしている場面があり、いろんな声の聞かせ方にチャレンジしているような印象)をする高木紗友希、大人っぽい響きをした艶のある声を聞かせる金澤朋子、個人的には一番好みの声でどこか遠くに響かせるような声を出す植村あかり、そしてかわいらしさと大人っぽさを程よく混じらせた宮崎の声と、本当に良い組み合わせ。将来的にはアカペラとかアコースティックのバンド率いたライブとか見てみたいな、と思いました。

 MCで印象に残っているところを。中野サンプラザの単独コンサートが1年ぶりということで、1年前どうだったとか1年間で新しくチャレンジしたことなどを語ってました。植村と宮本2人のMCコーナーでは、植村はソロ仕事をするようになったこと、宮本は髪が短かったことを言っていて、(ロングの)植村に対してもショートに一回チャレンジしてみたら、と宮本が水を向けたら「絶対にイヤ」と断ったところから、「男装とかなら一回してもいいかも、うーんでもどうかな」と言ったのを宮本は逃さず、「今度うえむーに男装してもらったら、私に壁ドンしてもらいます。」と宣言してました。

 宮崎、金澤、高木の3人のMCコーナーでは、「私ガリガリだった」と宮崎。周りから見てもそうだったよう。現時点でもほっそりしている宮崎ですが、確かにガリガリな印象は無くなりましたね。逆に金澤と高木は太っていたそうで、今はそれより痩せた、、と思ったら「最近また太りだした」と金澤。ファンからも言われることがあるそう。「でも、言っている人の方が太ってたりしますけどね。」と毒舌モードで会場の笑いをとっていました。金澤はジャンクな食事が好きだそうで、以前ブログ見たら牛丼屋で牛丼とカレーライスのセットを注文して食べることがあったのですが、それでよくあの体型保ってられるよなーと感心。太ったって言ってますが、一般的には太っているという体型では全然ありません。

 そしてこの日の夜公演では11月の武道館公演が発表されたそうです。すごくうれしいでしょうね。ネット上の番組でメンバーに発表された時の映像が流れていましたが、ほろほろと涙を流して喜ぶ金澤にもらい泣き。是非行きたいところですが、平日は難しいかもです。。
 
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 21:23
comments(0), -
2016/01/10 Hello! Project 2016 WINTER at 中野サンプラザ
 この日はライブのはしご。まずは先週に引き続きハロープロジェクトに所属するアーチストが揃うコンサート。1日2回公演の1回目に参加しました。席が先週よりさらに前の方でびびりました。ただ、メンバーの距離感が近いダンスもの以外の曲だと、ステージはもうちょっと遠い視点の方が楽しめるかなと今回思いました。ポツポツと感想を。続きで。
 
続きを読む >>
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 13:45
comments(0), -
2016/01/03 Hello! Project 2016 WINTER at 中野サンプラザ
 毎年恒例ハロープロジェクトに所属するアーチストが揃うコンサート。大晦日までコンサートやっていて、元日のみお休み(一部メンバーはテレビ出演で働いていた)で、前日から同じ場所でコンサートと忙しいですね。1日2回公演の1回目に参加しました。

 今年から座席の値段に幅が出て調子に乗って一番高い席申し込んだら、中野サンプラザでは経験したことない前目の席になりました。しかし幅持たせるなら、遠くの席はもう一段階安くした方が良い気がします。初日以外は売り切れてないようですし。全体として値段が上がったこともあり、コンサート時間はこれまでの2時間から2時間半に伸びました。その代わり一日二回公演までになった(去年までは一日三回公演とかあった)ようで、これはメンバーの体力面では良い方向。今年は負傷者やインフルエンザにかかったメンバーがほぼいない状態で公演を迎えられたようです。野中美希(モーニング娘。'16)は左手を負傷中で、マイクを右手で持って歌ってました。

 去年の公演と同様にMC少な目で次から次へと曲を繰り出す構成は楽しいです。去年夏のセットの方が好みでしたが、今回もいろいろと楽しめました。知らない曲も結構あるのですが、そういったものも新鮮に受け止めつつお馴染み曲に盛り上がったりと。印象に残ったことをちょこちょこと。ステージ近めなので自分の視界にたまたま入ったメンバーの印象が強くなりがちです。続きで。
 
続きを読む >>
author:de nudge, category:live(中野サンプラザ), 19:17
comments(0), -